名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

斎藤茂太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

斎藤茂太のプロフィール

斎藤茂太、さいとう・しげた。日本の精神科医。大正時代、東京市出身。旧制昭和医科大学卒業、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程で医学博士号を取得。太平洋戦争に従軍し陸軍軍医大尉を務める。終戦後、斎藤病院名誉院長、日本精神病院協会名誉会長、アルコール健康医学協会会長、日本ペンクラブ理事、日本旅行作家協会会長などを務めた。

斎藤茂太の名言 一覧

羨ましい、憎らしい、悔しい。老いたら3つの「シイ」を捨てなさい。


若い頃は明日の収穫のために頑張る時期である。しかし老いを迎えたらもう頑張らなくても良い。


斎藤茂太の経歴・略歴

斎藤茂太、さいとう・しげた。日本の精神科医。大正時代、東京市出身。旧制昭和医科大学卒業、慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程で医学博士号を取得。太平洋戦争に従軍し陸軍軍医大尉を務める。終戦後、斎藤病院名誉院長、日本精神病院協会名誉会長、アルコール健康医学協会会長、日本ペンクラブ理事、日本旅行作家協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

柳楽幸雄

当社が様々な市場で勝ってこられたのは、グローバルニッチトップ戦略によって基盤を築いてきたからです。ニッチとは、当社固有の技術を生かした製品が活躍するに相応しい空間のことであり、決してスキマという意味ではありません。その中でシエアNo.1を獲るということです。


原田武夫

本当にずる賢い人は、ずる賢く見えないもの。ずるいと思われたら、その時点で負けです。


三浦展

若者はいま、早く成長したがっています。ほかの会社に移ることになっても、そこで通用するように自身のスキルを高めておきたい、と。勤め先がいつ外資に変わってもおかしくない時代です。会社がこの先どうなるのか、確信を持てない。かつてのように、ずっと会社に居続けられるというような安定感はとても抱けません。


斉藤惇

(NPBコミッショナーになって)感じたのは、プロ野球に入ってくるのは、すごい若者達だなということです。生き残ることができるのは一握りだという現実をわかった上でチャレンジする若者達というのは非常に貴重だと思うんです。今、世界の指数を見ても、日本のリスクを取ってチャレンジする若者の数は世界で最低で、127か国のデータを見ても127番目。エンゲージメント(仕事への熱意度)指数も低い。しかし、その印象を持って野球の世界に入ってみると、若者がすごいチャレンジをしている。キャンプを視察しても寒さの中でボールを追い、必死で自分のポジションを獲ろうと戦っていました。こうした姿はモデルとして、他の若者に見せなければならないと思っています。


大串亜由美

頼み事を上手に断るには、次の5つの手順を踏むといいでしょう。

  1. 相手の話に反論せずにしっかり聞き、理解を示します。
  2. 「急いでいるんですね」「確かに重要な案件ですね」と共感している点を挙げて、「あなたの立場はわかりました」という気持ちを伝えます。
  3. 「状況はわかりましたけど、この点はどうなっていますか?」と不安に思うことを指摘して、質問します。
  4. その不安の解決策の提案。「納期を延ばしていただけますか」「明日までに仕上げますが、7割の内容でもいいでしょうか」と否定や反論ではなく、代替案としてとらえてもらえるように話します。
  5. 「これならどうでしょうか」と相手に判断を委ね、解決策に納得してくれたかどうかを確認します。自分の主張を伝えるだけではなく、相手の確認をとることが大切です。

田中節三

正攻法の反対側に、意外と答えが隠れている。


斉藤徹

お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり。営業の現場でメンタルが相当鍛えられました。自分の性格を変えてくれる職に出会え、自分の可能性を自身で見つけることができた。


植木義晴

会社として「社員を大事に思っているよ」「社員が一番大事だよ」と、そのような状態でなければ、お客様に対して最高のサービスをご提供することはできない。


古川健介

時間をうまく使うためには「やらないことをいかに増やすか」が重要。実際、会議にはなるべく出ないようにしています。


ジェームズ・ダイソン

「本当にできるのか」という疑問の声がある? 声の主が我々の何を知っているかは分かりませんが、今は「できる」とだけ答えておきましょう。


森川亮

成果につなげるにはしつこく努力することが大事。1~2回で諦める人は他の部署や会社に移っても、恐らく同じ結果になります。


高橋恭平

いまの若者は海外志向がないと言いますが、果たしてそうでしょうか。むしろ年配者がそう思い込み、若者に機会を与えていないことの方が問題であるように感じます。もちろん並々ならぬ苦労はありますが、それ以上に大きなものを得られるはずです。