斎藤康博の名言

斎藤康博のプロフィール

斎藤康博、さいとう・やすひろ。日本の経営者。「フォンテラ・ジャパン」社長。上智大学外国語学部卒業後、三菱商事に入社。英国三菱商事食料部マネジャー、本店原糖部長、フォンテラ・ジャパン営業本部長などを経て社長に就任。

斎藤康博の名言 一覧

1 / 11

お互いがお互いの価値を認めて、それぞれの強さを引き出す――。これが私たちの考えるパートナーシップ。その取り組みに終わりはありません。


普段の食生活や、日々の仕事を通じて実感しているのは、日本の乳業会社や食品メーカーの商品開発力の高さ。ニュージーランドや欧米諸国に比べて、非常に付加価値の高い製品を提供している。味や食べやすさはもちろん、質感、舌触りまで追求しており、そのクオリティは世界一と言っていいでしょう。私たちの会社はその原料となる乳製品を提供するのが役目。持ち前の研究開発力を生かし、メーカーの皆さんとパートナーシップを組んで、乳が持つ可能性をいっそう引き出していきたいと考えています。


足の筋肉は20歳から減少を始め、50歳からそのスピードが加速。80歳までにおよそ40%減少するといわれています。高齢期に寝たきりになるリスクを減らすには、やはり若いうちからの運動とたんぱく質の摂取が大事。私もウォーキングの後には、必ずプロテインを飲むことを習慣にしていますし、朝食時には牛乳、チーズ、そしてヨーグルトでしっかりたんぱく質を補給しています。


斎藤康博の経歴・略歴

斎藤康博、さいとう・やすひろ。日本の経営者。「フォンテラ・ジャパン」社長。上智大学外国語学部卒業後、三菱商事に入社。英国三菱商事食料部マネジャー、本店原糖部長、フォンテラ・ジャパン営業本部長などを経て社長に就任。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ