名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

斎藤岳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

斎藤岳のプロフィール

斎藤岳、さとう・がく。日本のコンサルタント。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。コンサルティングファーム勤務を経てアビームコンサルティングに入社。著書に『1回の会議・打合せで必ず結論を出す技術』『ロジカルセリング(共著)』。

斎藤岳の名言 一覧

当事者に「納得感」がなければ、組織は動きません。また当事者のもつ情報がないと「決められない」という場合もある。その場で決められれば、すぐ行動につながります。


参加者全員を議論に集中させるには、最終的なゴールだけでなく、その瞬間に話すべき一つひとつの論点も共有する必要かあります。


意志決定者の前では参加者は萎縮しがちです。進行役は一番偉くない人に任せましょう。さらに、閃いた人、いいまとめ方を思い付いた人がその都度進行役になればいいのです。


会議の場ではできるだけ「事実」ベースに議論ができるように話を向けると、無用の対立を避けられます。「抽象的な言葉を定義する」「ニュアンスではなく数値を示してもらう」。そうやって「事実」をあぶりだすことで、中身のある議論を促すのです。


当社のコンサルタント向けの研修プログラムでは、会議の研修は上級に位置づけられています。「ものごとを整理できる」「わかりやすく話せる」「人の話を聞ける」といった能力があってはじめて、質の高い会議ができるようになります。


質の高い結論を出すためには、参加者全員の個性を活かしてゴールに進む必要があります。そのためには誰か一人が仕切るのでは上手くいきません。参加者全員が「どうやったら結論に辿り着くか」を考えている会議が理想的です。


いいアイデアを出し、よりいい結論をつくるためには、人が集まって話し合うことが重要です。メールやSNSでは代替できません。他人のもっている情報と自分の情報による「化学反応」が起きることは、会議の大きな果実の一つです。


多くのビジネスパーソンは、打ち合わせを効率よく進める方法を系統立てて学んでいません。自分流で進めて失敗しています。打ち合わせを効率よく進めて結論を出すのは、コンサルティング会社の研修でもやや難易度が高いものに位置づけられるほどです。


斎藤岳の経歴・略歴

斎藤岳、さとう・がく。日本のコンサルタント。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。コンサルティングファーム勤務を経てアビームコンサルティングに入社。著書に『1回の会議・打合せで必ず結論を出す技術』『ロジカルセリング(共著)』。

他の記事も読んでみる

渡辺元智

米国式の指導法を取り入れ、生徒たちの自主性に任せて伸び伸びと練習や試合をさせるようにもなりました。ですが、そうするとわがままな生徒が出てくる。やはりいある程度は厳しくしないといけない。考えた末にコーチとの分業制を始めました。コーチには練習で生徒を厳しく指導してもらう。監督の私は野球に取り組む姿勢などを伝えることに専念しました。この分業制が功を奏し、98年には甲子園春夏連覇を達成しました。


石橋正好

経営では当たり前の考え方である「自己資本を増やす」こと。これこそが安定した収入を得て、将来の安心を得る近道です。


福嶋覚

一般的に会議とは、決定すべき事項について話し合い、結論を出すことが目的だが、いわゆる「営業会議」は少々異なる。営業会議の目的は、人材をもとにした組織の効率化と顧客満足度の向上であり、それを通して適切な売上と利益を確保していくことにある。しかし、私がコンサルタントとして見てきた現実の会議の多くはその反対で、下を向いて黙り込む参加者、営業マンの個々の失注原因の果てしない追及、そしてひたすら根性論しか話せない上司の檄、檄、檄。


小泉光臣

私たちの世界戦略におけるキーワードはふたつあって、ひとつが地理的なポートフォリオ、もうひとつがブランドのポートフォリオです。このふたつが盤石になって初めて安定的にグローバルで成長できると言っています。


高田明(ジャパネットたかた)

私たちにとって最大の課題は、お客さんの人生に商品がどのように役立つか、具体的に考えることです。商品だけを見ている人は、商品しか語れません。私は、商品がお客さんの人生にどうかかわれるのかをいつも重視しています。この商品の購入が夫婦の会話が増えるきっかけになるのではないか。そういったことを常に考えています。


村上龍

私の場合、優先するのは「小説」です。小説を書くためにプラスになることなら進んでやりますし、小説の執筆を阻害することは避けます。


鈴木敏文

世の中の先行ニーズというのは毎日の中にある。砂っ原で砂金を拾いあげていくようなことが、マーケティングである。


平野岳史

(家庭教師派遣業の次の事業を起こそうとしたとき)最初は登録している4000名を対象に、商品を提供して商売しようと考えたんですね。たとえば、学生向けの保険や旅行企画。これが、ことごとく失敗。当時はちゃんとリサーチをせずに、思い込みだけで事業をやってしまっていました。学生に聞いてみると、自分たちはお金がないから家庭教師のバイトをしているのに、保険や旅行なんてムリですよって。そこから、そうか!お金がないんだったら、家庭教師以外に何か働き口を探してあげよう。という思考に変わっていったんです。


山本幸美

上司としてメンバーに相談したり、サポート関係を築くことは大切ですが、お友達感覚にならないように距離感は必要。仲良くなることと、慣れ合うことは違います。相手に合わせて「ほめる」と「叱る」の両方をバランスよく取り入れ、どちらか一方に偏りすぎないようにしましょう。


福井智明

加盟を希望される方は当社の社員として1年間、みっちり研修を受けなければいけません。当社は単なる看板貸しではありません。しっかりとした技術力で他社と差別化しています。


高橋智隆

あえて厳しく言うと、日本は「研究」から抜け出せていないと感じます。ロボットは産業として成立していないから、研究者は公的な補助金を申請するしかない。すると、どうしても認可を受けやすい災害救助や福祉介護などの分野での研究に集中しがち。でもそれら特殊用途では、市場規模・技術難易度・倫理問題などの理由で、早期の製品化が難しい。それにそもそもアカデミックな研究における成果とは学会論文であり、作られるロボットは「実験装置」でしかなく、製品レベルとはほど遠い。それが産業としての自立をさらに妨げているという悪循環に陥っているのです。ロボットがどんなに学術的な価値を持っていても、もろくて繊細な「実験装置」は、研究室の外、ましてや災害地などの現場では役に立ちません。


須藤元気

「面白きこともなき世を面白く」は高杉晋作の言葉ですが、本当にその通りだと思います。周囲に流されているだけだと、この世界はきっとつまらない。自分が夢中になれるものを探して、自分で自分の人生を楽しくしていかないと面白くない。いくつになっても好きなことに夢中になりながら、毎日ワクワクして生きていたいですね。