名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

斎藤司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

斎藤司のプロフィール

斎藤司、さいとう・つかさ。日本のお笑い芸人。日本大学商学部商業学科卒業後、楽天を経てお笑い芸人に転身。NSC(吉本総合芸能学院)東京校卒業。お笑いコンビ「トレンディエンジェル」を結成。バラエティ番組などで活躍。M-1グランプリ優勝。

斎藤司の名言 一覧

飲み会も仕事のうち。腹をくくって場を盛り上げたいと思ったら、スカしてる人たちが根負けするくらいのボケを打ち続け、向こうに「もう笑うしかない」と思わせるのも手。


実力的にはムリだろうなと思いつつ、「M-1グランプリで優勝する!」って毎日のように言葉に出してたんですよね。言葉の力って、ほんとありますよ。


もともと会社員だったんで、昼から2人でお茶しながら、ネタ合わせできるのが幸せで。売れてなくてもね。


とにかく、たとえウケなくてもボケの積み重ねがポイントです。大事なのは質より量。ちょこちょこおかしなことを言い続けていくうちに、場がゆるんでくるでしょうし、「なんだか、意外に楽しいじゃん、たまにはみんなで飲むのもいいもんだな」と、周りが思ってくれればしめたものです。


組織では、好きな人とだけ付き合うわけにはいきません。どんな相手でも受容する気持ちも大切ですよね。だから「この人苦手なタイプ」だとか「性格が難しそう」とか、そういう決めつけはやめたほうがいい。「自分と価値観が違う」人だとしても、それもその人の個性。しらふの状態ならできないけれど、酒に酔った勢いで自分をぶつけたら、相手のいいところが見えてくるかもしれない。素朴なかわいい部分が見えたり、嫌いな上司からいい話を聞けたりするかもしれません。


ボケをずっと繰り返すことの自分なりの意味――それは「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」というポリシーです。もともとシャイで人見知り、高校時代は友達が全然いなかったぐらいの暗い性格でした。今でも漫才の舞台に上がると、お客さんの顔を見るのが怖くて仕方がない。でも、怖いからといって逃げてしまったら終わりです。自分たちのネタを披露して、ちっとも笑ってくれないお客さんがいたとしても、その人から目をそらしたら負け。逆にそのお客さんをロックオンして、彼が笑うまでしつこくボケを繰り返す。つまり、すっぽんが噛むのに疲れて口を離してくれるまで、指を突っ込み続けるというわけです。「すっぽん理論」は、舞台以外の仕事の現場でも生かしています。


毛髪ネタといえば……。今お昼の情報番組に出させてもらっています。たまにスタジオの空気を和ませるために、自虐ネタを挟んでいます。MCの俳優さんも薄毛の方なので、先日も彼を巻き込んだコメントでボケてみたのです。ところが、誰も突っ込んでくれないし、妙な沈黙があって(泣)。結局スベろうがウケようが、それが自分のミッションなので、やることはやったという満足感はありました。スベってもめげないハートの強さは、組織の中でも必要だと思います。


部署内の「あるあるネタ」も使えますね。上司のクセを真似したり、いつもダサい服を着ている奴がいたら、イジってみたり。「あるある」は、笑いの共有と場の一体感を生みます。でも、悪口にならないように注意。相手のプライドを傷つけると、後で大変なことになります。うまくイジれる人がいない場合は、自虐ネタで自分を落とすのが安全でしょう。僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)、これを駆使すれば誰も傷つかない。


じつはコンビを結成して1年はハゲネタはやってなかったんですよ。ハゲてるからハゲネタって、さぶいだろと思って。でも、やればウケるだろうし、僕らの感覚でやってみようと。ハゲネタって、顔芸やダジャレみたいな扱いで、どんなにお客さんにウケてても賞レースの審査員や師匠クラスの方々からは「浅い」とか「軽い」とか言われてしまうんです。ハゲネタをやっていながらハゲネタコンプレックスというか。このネタで、ちゃんと評価されるのはムリなのかなと思ったり。だけど、それが何度か繰り返されるうちに「ハゲネタをなめんなよ!」「よし、ハゲネタを極めてやる!」って、だんだんとこれで頂点を目指す意識が高まってきて。ハゲネタを見下され続けたことが転機になったというか。


僕がハゲはじめたのは23~24歳のころ。当時、IT系の大手企業で営業をやってたんですけど、ストレスがすごくて。ある日、職場の同期がノルマを達成できなくて、上司にすげぇ怒られてる様子を見ながら、ふと思ったんですよ。どうせなら、会社の商品じゃなくて自分を売りたいなって。芸人として自分を売り込もう。後悔する前に芸人になろう! って。


斎藤司の経歴・略歴

斎藤司、さいとう・つかさ。日本のお笑い芸人。日本大学商学部商業学科卒業後、楽天を経てお笑い芸人に転身。NSC(吉本総合芸能学院)東京校卒業。お笑いコンビ「トレンディエンジェル」を結成。バラエティ番組などで活躍。M-1グランプリ優勝。

他の記事も読んでみる

川淵三郎

僕はみんなに好かれようと思ってやっているんじゃない。


羽生善治

歴史を100年、200年単位でさかのぼり客観的に見ると、確実な時代など1度もない。今の時代が特殊なのではなく、「不確実な状況」というのは、歴史的に見れば普通の状況。


マハトマ・ガンジー

不満は不安の表れである。不満が国中に広がることは、少しも悪いことではない。むしろそこには希望の光がある。現状に甘んじている限り、人はそこから抜け出そうとしないものだから。


松本久晃

掃除の持つ効用はとても大きなものです。しつけにも最適だと思います。我々プロのノウハウを生かし、産学協同で教育事業としてのプランも考えています。たとえば、近所のお母様方を集め、掃除の仕方をレクチャーし、それをご家庭でお子様と一緒に実践してもらうのもいいかもしれません。


柿沢安耶

人前に出ることは苦手ですが、農家の方々にいろいろ教わって、日本の農業の未来を心配するようになった私が、野菜の素晴らしさを伝えるため、少しでもできることがあるのなら、求められる限り、やってみたいと思います。


谷脇宗

必ず臨店して店舗をチェックします。ブランドイメージを保ち、提供する料理やサービスの品質を落とさないことが安定と繁栄の源になりますからね。


石川康晴

経営をマネジメントしていく中で、「組織は戦略に従う」という言葉を意識してきました。高い戦略を掲げたら、それに見合う組織に変える必要がある。


茂木健一郎

市場は常にオリジナリティを望んでいる。もちろん、オリジナリティがあるだけでは足りない。その独創性が、人間の普遍的な感情、価値観に訴えかけたとき、大きなヒットにつながる。


山井太

社員の提案でユーザーとのキャンプイベントを始め、そこでお客様から生の声を聞けたことが、V字回復につながった。


ジャック・ウェルチ

顧客の至上性についての伝統的な考え方がかえって有害で、拒否すること、場合によっては決別することが賢明な策である状況がいくつかあります。

  1. 顧客の値引き要求がこちらの儲けをなくしてしまう場合。その要求を飲んだ場合、業界の価格設定に混乱を招く恐れがある場合。
  2. 顧客が一回限りの製品を要求し、しかもそれがこちらの研究開発グループを会社の戦略目標や財務目標から外れた脇道に追いやるような製品の場合。
  3. 顧客がこちらの社員に横柄な態度で対応する場合。

山崎将志

悪口を相手にぶつけるのは無意味な行為です。ほとんどの悪口は、書いた瞬間に満足しています。だから私は、メールではなくメモ帳を開いて、「テメー、コノー」と悪口を書きます。それをすべて破棄してからメールを開き、「では、また今度に」と書いて送ります。出さない手紙を書くのは、前に進むために、いったん自分の気持ちに整理をつけるためです。できる人はサラッとやり過ごせるのでしょうが、私は未熟なので湧き上がった感情を無視できません。そんな私には、この方法はなかなか実践的なソリューションなのです。


小林豊(小林製薬)

100出したアイデアもそのままでは生かせません。そこで会社がブラッシュアップの仕組みをつくる必要があります。出てきたアイデアを選り分けるのは会議の席上ですが、そこで残ったアイデアをブラッシュアップしていく旗振り役は、各開発カテゴリーごとに指名して2から4名ほどにあたらせています。指名するのは経営陣ではなく現場の長です。現場で力を発揮しそうな人物を選んでもらい、選ばれた本人は何としてもアイデアを製品にしなくてはと責任を自覚します。そこで考える力が付き、思考力が高まるのです。