名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)のプロフィール

斉藤恵一、さいとう・けいいち。日本のセルフマネジメントプロデューサー。駿河台大学卒業。著書に『心が読めれば、人生が変わる』。

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の名言 一覧

人は自分の話を誰かに聞いてもらいたがっている。だから聞き役に徹し、それを引き出すだけで喜んでもらえる。


誰でも仕事や人間関係のグチを聞いてほしいもの。話しにくいことだからこそ、聞ければ一気に親密になれる。


相手の本音を引き出す質問テクニック。

  1. 出身地などを聞いて共通点を見つけていく。共通点があると親近感が増す。
  2. 相手が話しにくい話題は自虐ネタで振る。話しにくい話題は、こちらから自虐的に開示すれば、相手は話しやすくなる。
  3. 相手を必ず話の主人公にする。自分の話は前振り。すぐに「あなたはどうですか」と主役を譲って聞き役になる。

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の経歴・略歴

斉藤恵一、さいとう・けいいち。日本のセルフマネジメントプロデューサー。駿河台大学卒業。著書に『心が読めれば、人生が変わる』。

他の記事も読んでみる

ラルフ・ウォルド・エマーソン

この世で、恐怖心ほど多くの人々を屈服させたものはない。


八郷隆弘

我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】


アンダース・エリクソン

経営者を目指す人は、自分が理想とする経営者像を思い描く必要がある。自分が理想とするものの具体的なイメージを思い浮かべたら、その理想像に近づくために何が必要か考えてパフォーマンスを行う。自分が行ったパフォーマンスを客観的にモニターし、理想像と比較する。その結果から今の自分に何が足りないのかを考えて、再び実行する。このようなサイクルを繰り返すことで、イメージの定着が図れ、自身の能力も向上し、少しずつ理想とのギャップが埋められていく。


清水信次

重要なのは、目の前のことよりも本質をとらえること。


秋元久雄

こちらの言葉に耳を傾けようとせずに、無理難題を押しつけてくるだけのお客さんの仕事は、こっちから断りなさいと僕は言っている。営業マンが苦労するだけでなく、設計士も大工も施工職もみんなが苦労することになるからね。お客さんが喜びを味わえるとともに、働く人の成長につながってこその仕事だからね。


ドナルド・トランプ

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


小松左京

日本人はバブルで土地や株をやりすぎました。しかし、世の中をそう悲観してもいません。資源のない国がここまで繁栄したことは人類文明に必ず参考になるはずです。43歳の田中耕一さんがノーベル賞を受賞したことで明らかなように、アイデアがあればお金をかけずにその個人だけでなく、社会全体に利益をもたらすことができるのです。


川島永嗣

僕はこれまで、せっかく才能があるのに、言葉の壁に邪魔されて実力を発揮できずに帰国する選手を何人も見てきました。やはり語学ができる人こそが、海外でも能力を最大限に発揮できると思う。これはアスリート以外でも同じではないでしょうか。日本人の技術や能力は、海外でも十分通用するはずだと信じています。一人でも多くの人に、語学の壁を越えて、その可能性をぜひ試してほしいと思います。


茂木健一郎

「やる気」って贅沢品なんです。「やる気がわいてきたから、一気に仕事が片づく」なんて、人生の中でそう起こることではないですから。逆に言うと、いつもやる気がある状態だと疲れてしまいます。そうではなく、やる気がなくてもやれるように習慣化することが大事。


鈴木喬(経営者)

中堅でも老舗でも、常に新しいことにチャレンジしなければ、会社は錆びついてしまう。同じことをやっていると、腐ってしまう。


満尾正

まず気をつけてほしいのは運動です。40代になって体がだるくなり、うつを疑って精神科や心療内科にいく人がいますが、本当は男性の更年期障害だったというケースが珍しくありません。男性の更年期障害は男性ホルモンの低下とともに起こり、男性ホルモンは運動と密接な関係があります。デスクワーク中心だったり、外に出てもすぐタクシーに乗るビジネスパーソンは要注意。ジムに通えれば理想的ですが、忙しくてその時間かないなら、歩く距離を長くすることを心がけてください。


渡辺謙

僕の俳優人生を振り返ってみると不本意だな、こんなはずじゃなかったと思った経験は多いですよ。演じている最中は無我夢中で全力で取り組んでいます。でも、あとで作品を見て「もうちょっとやり方があったかもしれないなあ」と思う仕事もありましたね。そんなことを山のように繰り返してました。だからこそ、いろんなことにトライする経験は大事だったと思います。