名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)のプロフィール

斉藤恵一、さいとう・けいいち。日本のセルフマネジメントプロデューサー。駿河台大学卒業。著書に『心が読めれば、人生が変わる』。

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の名言 一覧

人は自分の話を誰かに聞いてもらいたがっている。だから聞き役に徹し、それを引き出すだけで喜んでもらえる。


誰でも仕事や人間関係のグチを聞いてほしいもの。話しにくいことだからこそ、聞ければ一気に親密になれる。


相手の本音を引き出す質問テクニック。

  1. 出身地などを聞いて共通点を見つけていく。共通点があると親近感が増す。
  2. 相手が話しにくい話題は自虐ネタで振る。話しにくい話題は、こちらから自虐的に開示すれば、相手は話しやすくなる。
  3. 相手を必ず話の主人公にする。自分の話は前振り。すぐに「あなたはどうですか」と主役を譲って聞き役になる。

斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)の経歴・略歴

斉藤恵一、さいとう・けいいち。日本のセルフマネジメントプロデューサー。駿河台大学卒業。著書に『心が読めれば、人生が変わる』。

他の記事も読んでみる

菊池廉也

問題解決力は、座学だけでは身につけることができません。体験的に学ぶことが重要です。


西田文郎

どんな困難があっても「自分はできる」と、そんな楽観的な思考が、壁を楽々と乗り越える原動力になる。否定的な意識をなくすと、壁という認織すらもなくなる。


中本利夫

親父は僕に商売を仕込もうと思って、僕の前で機会商や材木商との駆け引きを念入りにやる。機会が欲しくてしょうがないのに、いらないという顔をして見せる。以前よりも高値を提示した材木商に、本当は売りたくてかなわないのに「その値段じゃあ得意先を替えるほどの不義理をすることもない」とかやりおる。僕は親父の手口はわかっているけれど、向こうさんはまんまと引っかかる。


森澤篤

一見ちょっとしたことでも、結果としてビジネスを大きく変えるようなアイデアを思いつく力、それこそがビジネスで本当に意味のある創造力であり、ビジネスパーソンに必要な創造性だ。


森正文(経営者)

コミュニケーションで大切なのは、やはり「いま、あなたと話しているこの瞬間を大切にしたい」という想いに尽きるのではないでしょうか。相手のことを気にかけ、相手のことを調べたり、記憶したりする努力や手間を惜しまない。こうした思いのこもった相手への働きかけを、いつも忘れずにいたいですね。


岩瀬大輔

ブランドが大事です。若い世代の間で、僕らは誠実さと透明性を武器にして、古い業界に一石を投じる新しい世代を代表する会社だというイメージを持ってもらっています。そのイメージを強調していけたらいいなと。


佐藤優

仕事でのつき合いというのはどんなに親密に思っても、利害関係が基本で成り立つ。自分の状況が変われば一気に消えてしまう儚いもの。本当に大切な人脈、つき合いというのは利害を抜きにした友人。そして家族。幻のようなビジネスの人脈に時間を取られるくらいなら、家族との時間を大切にするべき。


藤井美保代

そもそも人間は忘れやすいものだ、というのが私の考えです。絶対に忘れないという人はいません。ですから、忘れることを前提にして、忘れないための仕組みをつくることが大事だと思います。


柏木理佳

まったく別の産業で働いてみたい場合、チャレンジするのは強みです。通常、企業側は、未経験者の正社員採用には躊躇しますが、派遣社員や契約社員なら、異業種からの応募者でも試してみようとするでしょう。職業経験が浅い人ほど、業界・職種にこだわらず、思い切ってチャレンジすべきです。それが、好きな仕事に就くための第一歩なのです。


西村晃(経済評論家)

手帳やポストイットなどを仕事とプライベートで使い分けたりはしません。そんなことをすると複雑になって、かえって混乱します。なぜなら、一人の人間の人生は、仕事もプライベートも含めて様々なことを日常処理していかないといけないわけですから、処理という観点では、仕事もプライベートも同格です。となると、スケジュールも公私混同型にする方が断然便利です。


松本晃(経営者)

ビジネスの世界はすべて約束であり、それは必ず守らなければいけない、そして結果に対しては責任を取らなければいけない。


下野紘

僕自身、いまに至るまでいろんな苦労や悩みがあったんです。それこそ思春期の頃なんていつも漠然とした不安がつきまとっていたし、声優になってからも自分とほかの人を比べ、嫉妬に駆られたりして。でも壁にぶつかったことのない人なんていないし、自分の見方を変えるだけで世界はどんどん広がっていく。