名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

文野直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

文野直樹のプロフィール

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

文野直樹の名言 一覧

良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。


趣味はある程度、本格的にやってみないと、得るものが少ない。


マラソンは、加盟店のオーナーさんに誘われて始めたので、その人と一緒に練習をしていました。そうなると、自分から「やめる」とは言い出しにくいですよね(笑)。そういう仲間を見つける意味でも、なんらかのコミュニティに属したほうがいい。今はネットでいくらでも見つかるはずです。


最近、1週間ほどセブ島に英語の語学留学をしてきました。正直なところ、英会話は一つも上達しないで帰ってきましたけどね(笑)。でも、体験したことで得られたものはたくさんありました。こういう実体験をすることで、様々な人たちの価値観が見えてきます。


振り返ると、様々な趣味のコミュニティに参加したことで、明らかに思考回路の幅が広がりました。その間、会社自体も、大阪の中小企業から東証一部上場企業へと成長していますから、かなり意味があったのではないかと感じています。


僕らができることは良いものを安く卸せること、そして加盟してもらった方たちの業態が売れなくなったときに、他のブランドに切り替えていただくこと。


モスバーガーの加盟店になってフランチャイズも行った。そしてそこで得たことも積極的に取り入れて自社のレストラン事業に反映して出店することで、10年くらいで売上が5億円から30億円ほどになりました。


フランチャイズはサービスやノウハウといったテクニックの対価としてロイヤリティがあると思うのですが、それだけでは飲食のフランチャイズは成り立たないと思うのです。つまるところはモノ(商品)ですよ。ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としてもあいまいになってしまう。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。


大阪王将には名物商品というか、中心となる餃子があってそれが圧倒的な信用力を持っている。まさしくブランドが出来上がっていますから、ちょっとのことでは他社は真似ができません。


社長をしていると「お山の大将」になりがちですが、社交ダンスやサーフィンの世界に行けば、自分より上の人はいくらでもいます。そうした人たちに教えを請うていると、気持ちがフラットになり、謙虚な気持ちや初心を取り戻せるのです。社長室でふんぞり返っていては難しいことでしょう。身体を動かすことで体調が良くなることに加えて、精神的にフラットになれる効果もあります。


私が社交ダンスやサーフィンをしているのは、仕事のため。リフレッシュの意味もありますが、それよりも情報収集のためという側面のほうが強いですね。とりとめもなく話しているのを聞く。また、どんな格好で教室を訪れて、どんな行動を取っているかなどを、何気なく見ています。これらが蓄積していくと、そのコミュニティにいる人たちの生活パターンや思考回路が見えてくる。すると、どんなことに満足し、不満を抱くのか、といった生活者の感覚が、肌でわかってくるのです。


経営者は、生活者の生の声を聞く機会がほとんどありません。フラットな立場で触れあえる趣味の場が、その唯一の場所。「この商品、あのおばちゃんだったら、なんと言うかな?」などと、その人になりきって考えられるようになります。競合の店舗を視察するときも、この視点が活用できますね。トレンドを察知して、どの方向に進むかを決めるのが、経営者の重要な仕事。趣味の交流で、その能力が養われるというわけです。


ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としても曖昧になってしまう。つまるところはモノですよ。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


今年から加盟店向けに、当社が展開する5つの業態への転向を可能にした「のれんポートフォリオ」という仕組みを始めました。これは加盟3年目以降のオーナー限定ですが、他業態への業態変更を可能にし、看板代金も100万円まで本部が負担するというものです。流れの早い外食業界で100年続くお店を作るために、こうした仕組みもドンドン取り入れていって欲しいと思っています。


外食ってこんなに色んなものに左右されるんだ、と思いましたね。だからこそ思いついたのが冷凍食品だったのです。自社の餃子の商品力が高いのであれば、それをメーカーとして外販していった方がより生産性が上がるのではないかと考えた。そこで自社の業態をメーカーという立ち位置に固め社名も「食べるにプラス」という意味のイートアンドに変更したのです。


文野直樹の経歴・略歴

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

他の記事も読んでみる

千本倖生

DDI設立当初、まるで暗闇の暴風雨の中を進んでいるような思いでした。初めての起業で、何もかもが手さぐりでした。それ以降の起業はDDIの経験があるので、「いま、このくらいまできているな」というのがわかりますが、DDIのときはそれがなかったのですから。


北野泰男

私と同様、創業者も理美容業界以外の出身で、お客様の立場で「こんなサービスがあったらいいな」と思うことを事業化したのがQBハウスです。ここが決してブレてはいけない。


宮城治男

実際に行動してみると、机上のプランとはケタが違う学びの量に圧倒されるでしょう。失敗しながら、少しずつ経験を積むうちに勘が働くようになり、独創的なアイデアが生まれ、その世界に「なくてはならない人」になります。そのような人が、壁を乗り越え、未来を拓く変革者になると思います。


隈研吾

建築の学生に伝えていることは、「相手の気持ちにならないと、君自身も自分を通せないよ」ということ。その建築を使う人の立場になれるかどうか。それは造る人、おカネを出す人や工事する人も含まれる。そうすれば、自分の考えとは違った価値観があったり基準があったりするのが見えてくる。実際、相手の立場に立てなければ、どんなにいい案を出しても乗ってきてくれないし、逆に相手の立場で説明できれば、相手は否定できなくなる。


永井浩二(経営者)

今まではどちらかというと商品ありきの営業スタイルになりがちでした。売る方が商品戦略を決めて、ワッと一斉に同じことをやる。営業上もその方が楽です。でもそれじゃ多分通用しなくなります。グローバル事業と同じ、国内もこれからは顧客ニーズありきです。お客様の年齢やバックグラウンドに応じたきめ細やかなサービスを提供していかないと。


河野英太郎

私は、同僚にはあまり気を這わずに予定を入れてしまいます。みんなにおうかがいを立てていたら収拾がつかなくなってしまいますから。誰かが先に決めてあげることが大事だと思います。それに、どうしても出なければならない会議以外は、忙しければ、「遅れてしまうので先に進めておいてください」とひと言もらっておけば問題ないことが多いのです。


永守重信

会議の時間を減らすため、現場に近いレベルの会議はなるべく私抜きで開催するように改めた。会議は基本的に1時間かけていたところを45分で終わらせるようにした。かつては9時から17時か18時までかけていた経営会議も、昼までには終わらせるようにした。出席者を厳選し、先に結論を出すように努めればそれで済む。


竹内一郎

テレビに出ている人たちのように、見られることを意識して生活している人は、つねに磨かれているようなもの。美男美女ではなく、三枚目のキャラクターだと思われている芸人でも、魅力的な外見を持っているものです。


野村文吾

社員が失敗を恐れず取り組むようにするため、まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切。


高畠靖雄

私がずっとやっていきたいのは何かを創るということ。会社を創るところから始めて、ようやく形になってきたので、今後はいろんな領域で、大きな規模で何かを創っていきたい。


大倉忠司

事業を成功させるには、しつこさが必要なんです。うちは烏貴族しかないから、お客様の支持を得るにはどうすればいいのか、とことん考えてきました。今、居酒屋業界では低価格の焼鳥店に参入する企業が相次いでいます。競争は激化していますが、私は心配していません。単一業態の我々は、すべてのヒト・モノ・カネを一点に注ぎますから、社員の思いも含めて、「かけ方」が違います。


枡野俊明

率先して動いて手本を見せれば、最初はぎこちなかった現場も、時間が経つにつれて変わり、職人さんたちは私に協力しようという雰囲気になっていただけます。周りから協力、支持を得たいのであれば、自ら渦中に入っていくことが何よりも大事。