名言DB

9412 人 / 110637 名言

文野直樹の名言

twitter Facebook はてブ

文野直樹のプロフィール

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

文野直樹の名言 一覧

良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。


趣味はある程度、本格的にやってみないと、得るものが少ない。


マラソンは、加盟店のオーナーさんに誘われて始めたので、その人と一緒に練習をしていました。そうなると、自分から「やめる」とは言い出しにくいですよね(笑)。そういう仲間を見つける意味でも、なんらかのコミュニティに属したほうがいい。今はネットでいくらでも見つかるはずです。


最近、1週間ほどセブ島に英語の語学留学をしてきました。正直なところ、英会話は一つも上達しないで帰ってきましたけどね(笑)。でも、体験したことで得られたものはたくさんありました。こういう実体験をすることで、様々な人たちの価値観が見えてきます。


振り返ると、様々な趣味のコミュニティに参加したことで、明らかに思考回路の幅が広がりました。その間、会社自体も、大阪の中小企業から東証一部上場企業へと成長していますから、かなり意味があったのではないかと感じています。


僕らができることは良いものを安く卸せること、そして加盟してもらった方たちの業態が売れなくなったときに、他のブランドに切り替えていただくこと。


モスバーガーの加盟店になってフランチャイズも行った。そしてそこで得たことも積極的に取り入れて自社のレストラン事業に反映して出店することで、10年くらいで売上が5億円から30億円ほどになりました。


フランチャイズはサービスやノウハウといったテクニックの対価としてロイヤリティがあると思うのですが、それだけでは飲食のフランチャイズは成り立たないと思うのです。つまるところはモノ(商品)ですよ。ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としてもあいまいになってしまう。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。


大阪王将には名物商品というか、中心となる餃子があってそれが圧倒的な信用力を持っている。まさしくブランドが出来上がっていますから、ちょっとのことでは他社は真似ができません。


社長をしていると「お山の大将」になりがちですが、社交ダンスやサーフィンの世界に行けば、自分より上の人はいくらでもいます。そうした人たちに教えを請うていると、気持ちがフラットになり、謙虚な気持ちや初心を取り戻せるのです。社長室でふんぞり返っていては難しいことでしょう。身体を動かすことで体調が良くなることに加えて、精神的にフラットになれる効果もあります。


私が社交ダンスやサーフィンをしているのは、仕事のため。リフレッシュの意味もありますが、それよりも情報収集のためという側面のほうが強いですね。とりとめもなく話しているのを聞く。また、どんな格好で教室を訪れて、どんな行動を取っているかなどを、何気なく見ています。これらが蓄積していくと、そのコミュニティにいる人たちの生活パターンや思考回路が見えてくる。すると、どんなことに満足し、不満を抱くのか、といった生活者の感覚が、肌でわかってくるのです。


経営者は、生活者の生の声を聞く機会がほとんどありません。フラットな立場で触れあえる趣味の場が、その唯一の場所。「この商品、あのおばちゃんだったら、なんと言うかな?」などと、その人になりきって考えられるようになります。競合の店舗を視察するときも、この視点が活用できますね。トレンドを察知して、どの方向に進むかを決めるのが、経営者の重要な仕事。趣味の交流で、その能力が養われるというわけです。


ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としても曖昧になってしまう。つまるところはモノですよ。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


今年から加盟店向けに、当社が展開する5つの業態への転向を可能にした「のれんポートフォリオ」という仕組みを始めました。これは加盟3年目以降のオーナー限定ですが、他業態への業態変更を可能にし、看板代金も100万円まで本部が負担するというものです。流れの早い外食業界で100年続くお店を作るために、こうした仕組みもドンドン取り入れていって欲しいと思っています。


外食ってこんなに色んなものに左右されるんだ、と思いましたね。だからこそ思いついたのが冷凍食品だったのです。自社の餃子の商品力が高いのであれば、それをメーカーとして外販していった方がより生産性が上がるのではないかと考えた。そこで自社の業態をメーカーという立ち位置に固め社名も「食べるにプラス」という意味のイートアンドに変更したのです。


文野直樹の経歴・略歴

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

他の記事も読んでみる

桑原祐

組織の中では、どうしても「上司はこう考えているから、それに合わせて自分も考えよう」というように、思考が力関係に引っ張られてしまいます。場合によっては、上司から「こういう方向で考えてみて」と指示されることだってあるでしょう。ロジカルシンキングを身につけるためには、期待されている答えがわかっていても、「本当にそうかな?」「なんでそうなる?」と一歩引いて考えることが大切です。少なくとも、一人で考える段階では自由に考えてみましょう。しがらみを考慮するのは、報告や議論の段階でいいのです。


藤井美保代

「やらなくていいこと」は、日々の業務のあらゆるところに潜んでいます。たとえば、慣例として続けている定例会議は必要なのかどうか、またそうした社内会議のための資料を人数分用意することが必要なのかどうか。そうした点に常時目を光らせて、ムダを見つけたら「なくす」→「へらす」→「かえる」の優先順位で、絶えず効率化を繰り返す「カイゼン」の視点が不可欠。


ロバート・キヨサキ

資金繰りが上手くいっている会社は、財務体質が健全であるだけでなく、借金の管理や契約条件の設定、収益やキャッシュフローの管理、優遇税の活用について、可能な限り最善の戦略を備えているものだ。契約条件によっては、月並みなビジネスチャンスが、ビッグビジネスに化けることも珍しいことではない。


吉村征之

僕はどんな小さなことでも魂を入れてやることを心がけてきました。


徳力基彦

ソーシャルメディアの普及で、さまざまな情報が可視化され、企業の本質が問われるようになっていると感じます。たとえば従業員の「バカな行為」がたびたび報じられるような企業は、管理体制や士気に根本的な問題を抱えている可能性が高いと考えることもできます。従業員の満足度が高い企業であれば、「会社に迷惑をかけてはいけない」と考えて、社会常識に反した投稿は自然と控えるはずだからです。


本間宗久

年中の内、両三度より外、商い致すところこれ無きものなり。この米、二三ヶ月も上がる下がる、とくと見きわめ、買い気ならば買い気立て抜くように、その 間の高下に迷わず、立羽を定め申すべきことなり。それとも少しにても心もとなきことあらば、幾月も見合わせ、図に当たる頃仕掛くべし。時々、気を転じ候て は利を得ることならざるなり。


三宅久之

忠告したいのは「夜にモノを考えない」ということかな。夜はどうしても考え方がネガティブになる。


小松易

みなさん、かたづけができていないために1日平均30分の時間を奪われています。机の上に何があるかわからないような状態では、必要な書類を探すにも余計な時間がかかります。そのうえ透明のデスクマットを敷いて、その下に古い写真や名刺を入れてあると、「そういえばあの人とは一緒に……」と仕事と関係のないことを考えはじめ、上の空になってしまいます。


裙本理人

黒字でなければ事業が続かず、社会に貢献できない。納税も株主への還元もできません。創業時から黒字を出すことには常にこだわってきました。


柳弘之

「ヤマハらしさ」をどう実現し、成長につなげていくかということに、一番時間をかけてきましたし、今でもエネルギーを使っています。


谷口義晴

私たちの会社にも若者が沢山おりますが、同じ失敗する人は必ずいます。そうした時、頭ごなしに叱ってはいけません。大器晩成という言葉もありますから、「お前にはモノ作りの適性が無い」と突き放すのでは無く、気長に待つことです。


法華津寛

思うように馬が動いてくれない場合、原因を考え抜きます。馬がどんな気持ちになっているのか、苦痛が少ない調教方法は何なのか……。そうすると、馬の問題は50%ぐらいで、半分は私に原因がある。例えば、私は右利きですが、馬の向きを変えようとしたときに、どうしても馬の背中にかける体重が左右で違ってしまう。それに気づき、日常生活で左手を使い、筋トレも取り入れて矯正しました。


徳光正子

父はよく「80パーセントの稼働でいい」とも言っていました。力をその程度に抑えておけば、あと20パーセントも余裕があります。でも目いっぱい力を出し切っていたら、これでもか、これでもかとやり続けなければなりません。


小林節太郎

本業がおろそかになる。やはり本業が大事だ。苦労しても品質をよくすることが必要だ。
【覚書き:映画会社にフィルムが売れず、富士フィルム自ら映画製作に乗り出すべしという意見にたった一人反対した時の言葉。】


山本梁介

日本の将来はどれだけ企業家が出てくるかに掛かっています。「素人」「馬鹿者」「若者」と言われる挑戦者が、「どうしてもこれをやりたい」という熱い執念を持ってやり抜くことです。少子高齢化、IT化と時代は目まぐるしく変化しています。変化はチャンスなのですから、面白い時代です。チャレンジャーが出てきて欲しいと思います。