名言DB

9413 人 / 110706 名言

文野直樹の名言

twitter Facebook はてブ

文野直樹のプロフィール

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

文野直樹の名言 一覧

良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。


趣味はある程度、本格的にやってみないと、得るものが少ない。


マラソンは、加盟店のオーナーさんに誘われて始めたので、その人と一緒に練習をしていました。そうなると、自分から「やめる」とは言い出しにくいですよね(笑)。そういう仲間を見つける意味でも、なんらかのコミュニティに属したほうがいい。今はネットでいくらでも見つかるはずです。


最近、1週間ほどセブ島に英語の語学留学をしてきました。正直なところ、英会話は一つも上達しないで帰ってきましたけどね(笑)。でも、体験したことで得られたものはたくさんありました。こういう実体験をすることで、様々な人たちの価値観が見えてきます。


振り返ると、様々な趣味のコミュニティに参加したことで、明らかに思考回路の幅が広がりました。その間、会社自体も、大阪の中小企業から東証一部上場企業へと成長していますから、かなり意味があったのではないかと感じています。


僕らができることは良いものを安く卸せること、そして加盟してもらった方たちの業態が売れなくなったときに、他のブランドに切り替えていただくこと。


モスバーガーの加盟店になってフランチャイズも行った。そしてそこで得たことも積極的に取り入れて自社のレストラン事業に反映して出店することで、10年くらいで売上が5億円から30億円ほどになりました。


フランチャイズはサービスやノウハウといったテクニックの対価としてロイヤリティがあると思うのですが、それだけでは飲食のフランチャイズは成り立たないと思うのです。つまるところはモノ(商品)ですよ。ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としてもあいまいになってしまう。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。


大阪王将には名物商品というか、中心となる餃子があってそれが圧倒的な信用力を持っている。まさしくブランドが出来上がっていますから、ちょっとのことでは他社は真似ができません。


社長をしていると「お山の大将」になりがちですが、社交ダンスやサーフィンの世界に行けば、自分より上の人はいくらでもいます。そうした人たちに教えを請うていると、気持ちがフラットになり、謙虚な気持ちや初心を取り戻せるのです。社長室でふんぞり返っていては難しいことでしょう。身体を動かすことで体調が良くなることに加えて、精神的にフラットになれる効果もあります。


私が社交ダンスやサーフィンをしているのは、仕事のため。リフレッシュの意味もありますが、それよりも情報収集のためという側面のほうが強いですね。とりとめもなく話しているのを聞く。また、どんな格好で教室を訪れて、どんな行動を取っているかなどを、何気なく見ています。これらが蓄積していくと、そのコミュニティにいる人たちの生活パターンや思考回路が見えてくる。すると、どんなことに満足し、不満を抱くのか、といった生活者の感覚が、肌でわかってくるのです。


経営者は、生活者の生の声を聞く機会がほとんどありません。フラットな立場で触れあえる趣味の場が、その唯一の場所。「この商品、あのおばちゃんだったら、なんと言うかな?」などと、その人になりきって考えられるようになります。競合の店舗を視察するときも、この視点が活用できますね。トレンドを察知して、どの方向に進むかを決めるのが、経営者の重要な仕事。趣味の交流で、その能力が養われるというわけです。


ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としても曖昧になってしまう。つまるところはモノですよ。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


今年から加盟店向けに、当社が展開する5つの業態への転向を可能にした「のれんポートフォリオ」という仕組みを始めました。これは加盟3年目以降のオーナー限定ですが、他業態への業態変更を可能にし、看板代金も100万円まで本部が負担するというものです。流れの早い外食業界で100年続くお店を作るために、こうした仕組みもドンドン取り入れていって欲しいと思っています。


外食ってこんなに色んなものに左右されるんだ、と思いましたね。だからこそ思いついたのが冷凍食品だったのです。自社の餃子の商品力が高いのであれば、それをメーカーとして外販していった方がより生産性が上がるのではないかと考えた。そこで自社の業態をメーカーという立ち位置に固め社名も「食べるにプラス」という意味のイートアンドに変更したのです。


文野直樹の経歴・略歴

文野直樹、ふみの・なおき。日本の経営者。「大阪王将」などを展開する「イートアンド」社長。大阪府出身。大阪学院大学経営学部中退。父が創業した大阪王将食品(のちのイートアンド)を継ぎ、同社を東証一部に上場させた。また、テレビ番組「マネーの虎」に出演。

他の記事も読んでみる

横田伊佐男

問題解決の際に有効なのが、次の3つのステップで考えること。

  1. 拡大思考……問題の原因や解決策をできるだけ多く出す。
  2. 分割思考……出てきた意見やアイデアを整理して絞り込む。
  3. 俯瞰思考……問題解決のために行うべきことの全体像を俯瞰したうえで、実行計画を立てる。

金指潔

経営計画を策定しても、それをきちんと推進していくためには企業の風土が大事。


澤上篤人

成熟経済となって久しいのに、いまだに日本では国があれこれ関与しすぎである。いつの時代でも、新しいビジネスを創出して事業を拡大するのは、民間の仕事と決まっている。事業意欲の強い人たちには儲けようというインセンティブがあるからこそ、誰も手を出していない分野にリスクを取って踏み込んでいけるのだ。


松下幸之助

仕事にはまりこみ、時間も忘れ、疲れも知らず熱中する。仕事から手を離すのが惜しくてならない。ただ働くことが愉快でたまらない。あたかも信仰の三昧境(忘我の境地))に似た状態で、仕事にわれを忘れてしまうという、いわば仕事三昧の境に入りうることは、まったく楽しいことである。またこの境地こそ、真剣に働く者のみの知る極楽の天地であり、人の知れぬ楽しい世界である。


遠藤結蔵

機動力を活かしたスピーディーな事業展開や店舗展開が可能になったのも、当グループがFC(フランチャイズ)や代理店ではなく、直営店中心の展開にこだわってきたからです。


白取春彦

仕事中に人生のことを考えてしまうのは、たいてい仕事でうまくいかないことがあったり、仕事がイヤになったりして、逃避したい気持ちがあるから。仕事のことを考えたくないから、人生のことを考えているフリをしているのです。そういう状態で頭の中で人生についての理屈をこねまわしても、ポジティブな気持ちは持てません。


リンダ・グラットン

世界を知るには、いろんな国を見たり、仕組みを学ぶだけではなく、自分と違う何かを受け入れることです。つまり、世界の一員になる必要があるのです。


桑田真澄

毎日朝練があり、学校があり、放課後練習を終えて帰ると9時。最後に1時間ほど勉強して寝る。本当に毎日クタクタだったから、どうすれば無駄な時間がなくなるか常に考えることが習慣化されました。
【覚え書き|学生時代を振り返って】


杉村太蔵

逆境のときは「いまやるべきこと」に全力で集中する。そしてそういった行動は、たとえ即効性はなくても必ず周囲の人には伝わるもの。逆境のときこそ、「自分の評価を高めようとしないこと」が、結果的に自分の評価を高める。


川本英利

接する人すべてがお客様と肝に銘じれば、良い製品を届けることにつながる。


清水亮

自分にとって当たり前の概念や価値観が通じない相手をどう教育するのか。これを考えるのが、人工知能のプログラミングの醍醐味。


ビクター・ルイス(経営者)

消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。


グレン・スミス

単に電子部品を販売するだけではなく、設計に携わるエンジニアの方々に創造的な時間と利便性を提供する企業であることがマウザーの特徴です。


藤田晋

社内人脈を構築するメリットはたくさんあります。例えば、情報収集に役立ちます。生々しい有用な情報は、新聞やネットからではなく、人から直接聞く場合が多いと思います。その情報提供者を「社外で探してこよう」と考えがちですが、実は社内の他部署や別の職種の人に聞いた方が、より深く正確な情報が得られることが多かったりします。


岩沙弘道

様々な価値観の共生共存の実現が、新たな視点や発想、工夫を生み出し、知の創造につながっていきます。それこそが、イノベイティブな状況を持続的に生み出すのではないかと思います。