名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

文弘宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

文弘宣のプロフィール

文弘宣、ぶん・ひろのり。日本の経営者。兵庫県出身。大学卒業後、父が経営するアスコホールディングスに入社。5年間のアメリカ駐在などを経たのち、同社社長として食品輸入加工、IT、外食、娯楽事業など様々なビジネスを手掛けた。その後、サッカースクールを始めたことをきっかけにサッカーに魅了され、女子サッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」を立上げ会長に就任。同チームを大きく成長させ、日本の女子サッカー発展に貢献した経営者。

文弘宣の名言 一覧

結局、仕事に無駄なものなどない。嫌な仕事にこそ没頭すべき。


チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。


選手の入れ替えは、社員の入れ替えと同じ。選手を切るのはつらいけど、チームを強くするためには絶対に必要。


女子の選手からは「サッカーができるだけで幸せ」という気持ちがありありと伝わってきた。その姿を見て、もっといいバックアップをしてあげたいと思った。世界一の女子の環境をつくってやろうと。
【覚書き|神戸レオネッサ設立を決意したきっかけについて語った言葉】


ある日、父から呼び出されて「ビルを建てる。お前が元請けになって全部やってみろ」と言われた。でも、当然ビルの建築なんてやったことがなく、正直どこから手をつけていいかもわからなかった。建設現場で働いているのは下請けの人が多い。そこで食事をご馳走しながら、下請けの値段を聞きだす。それをもとにして交渉して相当安くしました。


ボウリングの場合、60ゲームを投げて平均180以上だとプロテストに合格できたが、高校時代それくらいのレベルになっていた。専門家に勝つところまで行かないと気が済まなかった。まあ勉強の方は、あまりできなかったけど(笑)。


文弘宣の経歴・略歴

文弘宣、ぶん・ひろのり。日本の経営者。兵庫県出身。大学卒業後、父が経営するアスコホールディングスに入社。5年間のアメリカ駐在などを経たのち、同社社長として食品輸入加工、IT、外食、娯楽事業など様々なビジネスを手掛けた。その後、サッカースクールを始めたことをきっかけにサッカーに魅了され、女子サッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」を立上げ会長に就任。同チームを大きく成長させ、日本の女子サッカー発展に貢献した経営者。

他の記事も読んでみる

大川隆法

今の経営状況を見ると、結局、「速さ」の勝負になっています。「大きな企業ほど、変化速度を速める努力をしなければ、必ず負ける」ということが方程式的に見えているので、いかに変化速度を速めるかが大事です。


キャロル・ドゥエック

自身の成長や新しい目的、より大きな目的に向かって邁進するという気持ちを持たなければなりません。そういう気持ちからモチベーションがわき出てくるのです。


津賀一宏

テレビはお客様からの要求が少ない商品になってしまいました。どこの製品でも映ればいいんだと言われてしまうと厳しい。要求の低い商品は我々は不得手ですから。


内田和成

スピードと質の双方が求められるビジネスの現場では、仮説を立て、ものごとを答えから考える「仮説思考」が重要になる。まず「仮の答え」である仮説を立ててから、細かい作業にかかるという方法で、コンサルタントの必須スキルだ。この仮説の立て方は、各人各様で上席はないが、私は突然ひらめくことが多い。


林悦道

ルールに守られた格闘技のスキルは、実際の喧嘩では意外なほど役に立たない。それと同じで、交渉術やマーケティング術をいくら勉強しても、現実の企業間競争では応用できないはず。企業同士の喧嘩に強くなるには、教科書的ではない別のノウハウが必要になる。


岡田元也

イオンの人間は基本的に変化が好きです。安定的な方がいいと思う人は少数派で、ずっと同じことが続く方が耐えられない。大多数はそういう資質の人間です。リスクを取って、チャレンジしたいなら、「やればいいじゃん」となる。これはもう企業体質ですよ。


天野浩

日々の研究をおもしろいと感じることと、将来の時点で拍手喝采を浴びること。その両方があることが、研究者のモチベーションが続く理由。


松井忠三

上司のご機嫌ばかり伺うイエスマンを出世させると、仕事を遂行する能力を持たない人が台頭してきます。こうして会社は仕事ができない組織になっていく。


今敏

「いま作ってるのがこうだから、次はこういうところに行きたい」というのがあるんです。流れと関係なく、突発的に何かを考えるって、できないと思うし、そういう風に作ったものはうまくいかないと思います。無理やりに何かを出すんじゃなくて、自分の中にある流れみたいなものを作品に反映させるべきだと思います。


工藤公康

どうやって自分の武器をより確かなものにするのか。あるいは、一度失った武器をどうやって取り戻すのか。その道筋を明確にする思考を持っていれば、生き残っていくことができる。


ジェームズ・ダイソン

新製品が出来上がると、まず日本のお客様に使ってもらっています。これが非常に勉強になります。エンジニア自らが家庭を訪問し、掃除機を使っている様子を見ながら、なぜそのような動きをするのか、問題点はないかといったことを聞きます。エンジニアが直接意見を聞くプロセスが非常に大事なのです。決して外部へ委託することはありません。


岡野俊一郎

チームの中で自分の役割を果たすには、チームの一員としてチームにプラスになる自分の長所を伸ばし、マイナスになる短所を消していく毎日の努力を怠ってはいけない。