名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

文弘宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

文弘宣のプロフィール

文弘宣、ぶん・ひろのり。日本の経営者。兵庫県出身。大学卒業後、父が経営するアスコホールディングスに入社。5年間のアメリカ駐在などを経たのち、同社社長として食品輸入加工、IT、外食、娯楽事業など様々なビジネスを手掛けた。その後、サッカースクールを始めたことをきっかけにサッカーに魅了され、女子サッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」を立上げ会長に就任。同チームを大きく成長させ、日本の女子サッカー発展に貢献した経営者。

文弘宣の名言 一覧

結局、仕事に無駄なものなどない。嫌な仕事にこそ没頭すべき。


チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。


選手の入れ替えは、社員の入れ替えと同じ。選手を切るのはつらいけど、チームを強くするためには絶対に必要。


女子の選手からは「サッカーができるだけで幸せ」という気持ちがありありと伝わってきた。その姿を見て、もっといいバックアップをしてあげたいと思った。世界一の女子の環境をつくってやろうと。
【覚書き|神戸レオネッサ設立を決意したきっかけについて語った言葉】


ある日、父から呼び出されて「ビルを建てる。お前が元請けになって全部やってみろ」と言われた。でも、当然ビルの建築なんてやったことがなく、正直どこから手をつけていいかもわからなかった。建設現場で働いているのは下請けの人が多い。そこで食事をご馳走しながら、下請けの値段を聞きだす。それをもとにして交渉して相当安くしました。


ボウリングの場合、60ゲームを投げて平均180以上だとプロテストに合格できたが、高校時代それくらいのレベルになっていた。専門家に勝つところまで行かないと気が済まなかった。まあ勉強の方は、あまりできなかったけど(笑)。


文弘宣の経歴・略歴

文弘宣、ぶん・ひろのり。日本の経営者。兵庫県出身。大学卒業後、父が経営するアスコホールディングスに入社。5年間のアメリカ駐在などを経たのち、同社社長として食品輸入加工、IT、外食、娯楽事業など様々なビジネスを手掛けた。その後、サッカースクールを始めたことをきっかけにサッカーに魅了され、女子サッカーチーム「INAC神戸レオネッサ」を立上げ会長に就任。同チームを大きく成長させ、日本の女子サッカー発展に貢献した経営者。

他の記事も読んでみる

木村成一

当社には「挑戦心」というDNAが引き継がれています。当社はもともと東急不動産の新規事業でした。社内で大反対されながら、新規事業の担当者が社長に直談判して、立ち上げました。


持田昌典

「勝つことの重要性」をメンバーにいかに浸透させるかにかかっている。


石坂典子

中でも私がすごいことだなと思ったのは、(産廃処理工場見学をしたことで)今まで自分の子供を就職させたくないと言われていた私たちのような会社にお世話になりたいと親御さんが言ってくれるようになったことです。この活動を通して「いつかこの会社にお世話になりたい」とまで言ってくれるようになりました。


尾崎元規

人材として困るのは、仕事の選り好みをしたり、自分の専門性に拘泥して、仕事の入り口を限定してしまう人です。


楠木建

自分が面白いと思うから勉強できるわけで、本を読むにしても何かを考えるにしても、面白がる力があることが大切だ。センスはその人が経験の中で練り上げてきた論理の引き出しだから、大切なのはむしろ、自分の面白がることを見つける力といってもいい。


鎌田恭幸

一昔前の企業の存在意義は利益を生むことであり、ひたすら効率性を求めていた。しかし、これからの企業は、自分たちだけが利益を得るのでなく、社会に価値を提供することが求められる。目に見える商品や財務諸表も大事だが、社員の満足や社会への貢献度合いのことも考える必要がある。


冨山和彦

自分自身の実力を客観的にみる視点をもつことが重要です。ただ、自分の姿を客観的にみることほど難しいことはありません。正確に見極めるためには、周囲の同僚や知人に意見を求めたほうがよいでしょう。ただし、冷静な視点だけだと、冒険をしなくなりますから、「この仕事をやりたい!」という主観的な意志をもつことも必要です。その2つのバランスを取ることは、モチベーションコントロールの重要な鍵といえるでしょう。


大塚陸毅

常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。


堀威夫

会社を成長させていくためには、社員が伸び伸びと本来の持ち味を発揮する風土でなければならない。


佐々木蔵之介(俳優)

不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。


市川秀夫(経営者)

先達が残してくれた財産をきちんと受け継ぎ、次の世代につないでいくことも、我々の大切な仕事の一つ。


古屋大貴

私は日頃から、「流行しているけれど商品化されていないモノ」や「人がたくさん集まっている場所やコト」に目をつけています。ツイッターなどで話題になったネタはいち早く追いかけますし、街を歩いて新商品のヒントを探すことも多いですね。電車内でも、常にあたりをキョロキョロ見ています(笑)。