政近準子の名言

政近準子のプロフィール

政近準子、まさちか・じゅんこ。日本のパーソナルスタイリスト。広島県出身。アパレル企業「東京スタイル」にデザイナーとして所属した後、個人向けスタイリングサービス事業を開始。さまざまな媒体で活躍した。著書に『人生は服、次第。』『「素敵」の法則』『「似合う」の法則』『一流の男の勝てる服 二流の男の負ける服』『働く女性のスタイルアップ・レッスン』ほか。

政近準子の名言 一覧

面倒かもしれませんが、スーツの試着も仕事のうちと考えて、いろいろなショップをまわり、予算内でご自身にもっとも似合うスーツに出会っていただきたい。


スーツの試着のヒントをひとつ申し上げますと、若い店員さんに全部を任せないほうがいいでしょう。例外はありますが、若い方は感性で選びがちなので、アドバイス通りに選ぶと「無理をしている感」が出やすいです。


高価格スーツは高品質の生地を使っているのでメンテナンスが大切。繊細な素材が使われていますから、移動が多いなどヘビーに動く職種の方は高価格スーツでないほうがかえっていい場合も多いでしょう。そこはケースバイケースでお選びいただくのが賢明です。


スーツの着こなしは自分自身のプレゼンテーションにとても重要です。一見、デザインに大きな差異がないだけに、お手軽に選んでもたいして変わりないだろう、とお考えなら、その考え方を改めていただきたいですね。デザインに大きな差異がないだけに、細部や質感が大切で、そうした違いが醸し出される雰囲気に大きく影響します。最前線で活躍されているビジネスマンなら、スーツに投資して損はありません。


政近準子の経歴・略歴

政近準子、まさちか・じゅんこ。日本のパーソナルスタイリスト。広島県出身。アパレル企業「東京スタイル」にデザイナーとして所属した後、個人向けスタイリングサービス事業を開始。さまざまな媒体で活躍した。著書に『人生は服、次第。』『「素敵」の法則』『「似合う」の法則』『一流の男の勝てる服 二流の男の負ける服』『働く女性のスタイルアップ・レッスン』ほか。

他の記事も読んでみる

中村天風

やれ運命がつまらないの、人生がつまらないのって人は、その考え方がつまらないんです。


西山昭彦

取り替えのきかない人材になるには、自分の適性に合った仕事をすることが大前提。たとえばマーケティングに向いている人に外回りの販売をやらせても、成果は出ない。外回りに向いていてそれが好きな人には勝てないのです。


松永安左エ門

人間、体当たりでぶつかれば、おのずと知恵も力も出よう。


宋文洲

自分は仕事が好きだから残業してベストを尽くすのだという反論もあるかもしれません。しかし、乗っている飛行機が墜落しようというときに、残された時間で家族宛の遺書を書く人はいても、会社宛の遺書を書く人はいません。社員は会社を愛してなどいません。経営者も社員の残業が愛社精神によるものではないことを知るべきでしょう。


伊藤美恵

私は決断するのは本来苦手ですし、そもそも決断という言葉も好きじゃありません。でも二つの会社の経営者で、学校の学長でもありますから、当然、決断すべきことはたくさんあります。それで自分なりに気持ちを切り替える方法を見つけたんです。その日の最後に1~2時間、仕事以外のことに没頭するのです。私は企業小説、とりわけ高杉良さんの小説とサスペンスドラマが大好きです。だから、夜寝る前に、それらを読んだり観たりします。この時間はとても貴重で、仕事のことを一切忘れてどっぷり浸かります。そうすると、いったん頭が空っぽになってスッキリします。それで気持ちがリフレッシュして、重要な決断にも向き合えるようになります。


野村与曽市

先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。


山久瀬洋二

グローバルな仕事で、相手が自分の常識と違う対応をして期待が裏切られる時、必ず陥りがちなワナがあります。「理解できない、もうダメだ」と思考停止状態になるのではなく、「なるほど、こういうものなんだ」とそのまま受け止める。これを常に意識してください。


山口ひろみ(経営者)

お客様のニーズに対応していくことで現在のビジネスモデルにたどり着いた。買ったら終わりのビジネスから、末永くお付き合いのできる事業の仕組みに変わっていった。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

本人に言い訳の自覚がないのは、彼らにとってそれこそが事実だからです。「言い訳」を聞く側は、そこで本当は何か起こっていたのかを丁寧に見極める必要があります。


佐々木正悟

できないことを続けようとするから意志の力が必要になる。目標は、決める時と実行する時とでは、感情が全然違うんです。そこがわかっていないから、できない目標を設定し、ムリに実行しようとして意志の力に頼ることになるわけです。


菅井敏之

銀行に勤めていた頃、多くの資産家の方と接する機会がありましたが、たとえ何千万円もの預貯金を持っていても、それだけではなかなか幸せや安心を得られない。どうしても、預貯金が目減りしていくことに目が向いてしまうのです。一方で、毎月数十万円が入ってくる仕組みを持っている人は、明るい顔で楽しい毎日を送っていらっしゃいました。


作田久男

人は他人のために生きるのではなく、自分の意思で生きていることを忘れてはいけません。しかし同時に、己の自律を大事にするということは、すなわち他人も大事にするということなのです。人間は集団生活を営むことが大前提の生き物ですから、好き勝手やっていいということはありません。


松本南海雄

コンビニはどうしたってアルバイト従業員を使います。薬を売りたくても、知識のある薬剤師を常駐させたらとてもコストは見合わない。ネット販売の話と一緒ですが、きちんと接客すれば薬は必ずドラッグや調剤薬局で手に入れてもらえる。


須田将啓

バイマを中心とした経済圏を世界規模で大きくしていきたいですね。そして、普通なら出会えないような世界中のものに出会い、安心して購入できるサービスを作りたい。


日高輝

波渡りと同じく、仕事の上でもタイミングこそ絶対だ。早すぎてはならず、遅きに失しては無駄になる。
【覚書き:日本証券業協会会長時の発言】


ページの先頭へ