名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

捧賢一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

捧賢一のプロフィール

捧賢一、ささげ・けんいち。ホームセンターのコメリ創業者。新潟県三条市生まれ。高校卒業後実家の米屋に就職。その後アメリカ視察でホームセンタービジネスに出会う。コメリ、ハード&グリーンなどのホームセンター事業を展開。同社は地方の農家を中心的な顧客と定め、急成長を遂げた。農機具の掛売りなど他社にないサービスを展開している

捧賢一の名言 一覧

商売をする側から見るから、これは損する、得する、有利だ、不利だとなるわけだが、小売業ってそうじゃないんじゃないか。例えば、米国でディスカウントストアは一番やりやすい商売ですよ。面倒なサービスはなし。しかも、ローコストの建物。でも、競争激化でどんどん潰れました。小売業はあくまで、お客さんの支持により生かされている存在で、結局は、世の中に必要とされているかどうかだと。


今期、上場以来17年連続の増収増益を見込んでいますが、この間、経営で大事にしてきたのは、人の動きです。昔から「給料の3倍働けよ」というでしょ。ですから、労働分配率33%を目標に、どう合理化するか大変な戦いをやっています。もちろん、仕組みについてですよ。配送センターでできる作業は集中的にやろうとか、いま、労働分配率は35%です。もうひとつの目標は総資本経常利益率。現在、8.5%で、これを10%へ引き上げたい。


ハード&グリーンはお客さんの2から3割が農家で、農村地帯では7から8割に上がります。いまどき、農村の中に入っていこうという企業は数少ないが、コメリはそれでいい。「一隅を照らす」という言葉がある。食は生命と深くかかわっており、農業は決してなくなりません。三条は日本最大の金物生産地ですし、新潟は日本有数の農業地帯。いまのカテゴリーを徹底して守りたいと思うのです。


「なぜやるんだ?絶対に成功しない」。ハード&グリーンに対し、流通コンサルタントの先生は皆そうおっしゃった。包丁やのこぎりといった金物は回転率が低いし、花卉(かき=観賞用の植物のこと)など園芸関係は手間がかかる。大型店の出店規制があったため、店舗面積は999平方メートルしかない。そんな小さな店では儲からないというんです。


人様の物真似でなく、お客さんの声を聞き、社員が頑張って新しい業態を作ってきた。それがハード&グリーンです。


「おい、これくれよ」と泥靴を履き、仕事着でぷらっと寄ってもらえる店です。田舎の頑固者でいいと思ってきたのが良かったのかもしれません。


ウチには日本一の販売シェアを持つ商品がざっと1000ある。たとえば、年間115万足を販売する長靴。工事現場の足場に使う単管パイプは1万トン。セメントは20キログラム入りが100万袋。灯油は31万2000キロリットル売れています。当たり前なんですよ。店数が圧倒的に多いハード&グリーンは、一般のホームセンターに比べて小型なので、一店に1万8000アイテムしか置けない。その分、一単品の扱いが増えます。


ホームセンター事業に乗り出す前、郷里の新潟三条の金物工場に燃料を販売していた関係で、流通の遅れをたくさん目にしてきました。一次、二次の代理店価格がある。問屋は人海戦術で物流作業をしているので、20から25%の粗利がありながら儲かっていない。メーカーから直接買い付け、物流のイノベーションを起こし、どこにも負けない商品力と便利な店舗をたくさん持てば、必ず支持される自信がありました。


捧賢一の経歴・略歴

捧賢一、ささげ・けんいち。ホームセンターのコメリ創業者。新潟県三条市生まれ。高校卒業後実家の米屋に就職。その後アメリカ視察でホームセンタービジネスに出会う。コメリ、ハード&グリーンなどのホームセンター事業を展開。同社は地方の農家を中心的な顧客と定め、急成長を遂げた。農機具の掛売りなど他社にないサービスを展開している

他の記事も読んでみる

山田進一

プレゼンの質疑応答で答えに詰まったときは、とりあえず考える時間を稼ぎましょう。それには、相手の質問をゆっくり繰り返すのが一番です。「なるほど。ただいまご質問いただいたのは、まず○○という点、それに××という点ですね。以上の内容でよろしかったでしょうか?」こんな風にオウム返しにするだけで、10秒ほどは時間を稼げます。きちんと準備をしてきたプレゼンターであれば、こんなわずかな時間でも、必死に考えれば適切な回答を思いつくことは少なくありません。私自身、この10秒で命拾いした経験は何度もあります。


枡野俊明

初めから遠いゴールを見れば、その道のりの長さにおののき、前に進めなくなってしまうこともあります。まずは足元を見て、今日、自分ができることに集中してみましょう。


藤井孝一

企画や戦略など、本質的なことに十分時間をかけて考えてから動く、だからこそ効果的に結果を出すことができると言ってもいいでしょう。


大島康朋

私も社員も間違ったり失敗することはあります。ただ、一歩ずつ確認しておけば振り返って問題点を発見し改善しやすい。すると致命的なミスを防ぐことができます。


伊藤誠一郎

営業をする時、アナウンサーのようにきれいな話し方をする必要はありません。むしろ私は、少し話し方にクセがあるくらいが、味があっていいと思います。私は東京の下町出身で、気を抜くとべらんめえ口調が出てしまうのですが、その方が私らしさが出るのか、かえって好評です。


渡辺喜美

直感・実感・大局観。どれかひとつだけではダメ。


窪田規一

医療の世界は日進月歩ですが、いまだに有効な治療法がない疾患も少なくありません。そういう人たちを救えるような薬を出したい。


石川康晴

本社を岡山から移すことは、僕が社長の間はありません。創業当初の大変な時期に岡山のお客様に買っていただいたという感謝の気持ちが強いし、当社が成長する様子を間近で見て「同じ県民として誇らしい」と言っていただけるのは僕もうれしい。


堤智章

誰一人として、そのままトップアスリートの地位に居続けることはできません。加齢とともに肉体的な限界は訪れ、後から後から若く優秀な選手が登場してくるからです。ですから、その高みにまで上り詰めた経験を、次の人生でどう役立てるのかが非常に重要になる。


童門冬二

おかゆでなく、握り飯の粒になれ。おかゆは組織に埋没している状態だが、握り飯の粒は組織に帰属していても自己主張をしている状態のこと。組織にいても、自主性や創造性を残しておく。今の時代、何が起こるか分からない。その時に、組織の論理で伸び切って自由裁量できる余地が残っていなかったら、不測の事態に対処できなくなります。


ピーター・ドラッカー

もしマーケティングが完全に行われていたら、販売努力は不要だ。


住原則也

一般的に長い歴史を持つ優良企業の多くが、会社創業の理念・精神あるいは創業者の精神を大切にし、折にふれて、創業の精神に立ち返ろうとする現象が見られる。とりわけグローバル化をはじめとしたビジネス環境の変化が著しい昨今、いっそう各自の原点をふり返る必要性を感じていると考えてもよい。