名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

挽野元の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

挽野元のプロフィール

挽野元、ひきの・はじめ。日本の経営者。オーディオメーカー「BOSE」日本法人社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)大学院工学研究科修了後、横河・ヒューレット・パッカード(のちの日本HP)に入社。執行役員、米国HP副社長、日本HP取締役などを務めたのちBOSEに移籍。同社で社長を務めた。

挽野元の名言 一覧

研究開発が自己満足で終われば企業として成立しません。お客さまに喜んでいただけるような研究成果を出すことが前提。


かかわる人の情熱、愛情があればマーケティングに説得力が増しますし、強みになる。


時代は変わっても、生演奏の感動を届けるというBOSEの原点は変わりません。


スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


直営店にいるスタッフはBOSEの魅力をお客様に伝える「伝道師」とも呼べると思いますが、彼らの存在がますます重要になりますね。


BOSEにはBOSEの製品や音楽が好きな社員が多い。これは日本法人だけではなく、世界中同じです。米国の企業にしては勤続年数の長い社員が多いのも独特だと思います。音に対して情熱があるから、社員は自信を持って製品を説明できます。


上場は資金調達の面でメリットがありますが、私たちは非上場で利益を研究開発に投資するというやり方に自負を持っております。これには長期的に、腰を落ち着けて成果を出してゆける強みがあります。


BOSEは常にチャレンジし続けています。より良い音をより多くの方に届けるため、新しいユーザー層に向けて新しいスタイルを発信し続けています。変わらないBOSEと変わるBOSEの両方があるのです。


挽野元の経歴・略歴

挽野元、ひきの・はじめ。日本の経営者。オーディオメーカー「BOSE」日本法人社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)大学院工学研究科修了後、横河・ヒューレット・パッカード(のちの日本HP)に入社。執行役員、米国HP副社長、日本HP取締役などを務めたのちBOSEに移籍。同社で社長を務めた。

他の記事も読んでみる

壺阪龍哉

デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


ケネス・クラーク

普通はレオナルド(ダ・ヴィンチ)を科学者としてとらえ、画家としてのレオナルドは別個に研究することが多い。彼の機械や科学の研究を理解するのが難しいので、このように個々の研究になってしまうに違いない。しかしそれではあまりにも不完全である。というのは、美術史も結局は科学史との何らかの関係においてとらえなくては正しく理解できないからだ。いずれにしても私たちは、それによって人間精神の図式が形作られるシンボルを研究することになる。このシンボルは、絵画であっても数学であっても物語であっても数式であっても、同じ変化を反映するのである。


三國連太郎

俳優になったのは、偶然の出会いからです。上京して間もない27歳のとき、新橋を歩いていたらスカウトされましてね。それまで俳優を職業として考えたことはありませんでしたが、当時はなかなか就職先が決まらずに困っていたため、「飯が食えるなら」と引き受けることにしたんです。


佐藤孝幸

ゴール時期が曖昧で、しかも長めに設定したスケジュールでは、計画を実行に移すのは難しいでしょう。


柳弘之

企業経営モデルとして「選択と集中」という言葉があります。我々は、あまりこだわることなく多様性を持ちたいと考えています。それぞれが個性と独創性を持ちながら、キラリと光らせたいというのが我々の会社の考え方です。事業はいろいろ広がりが出てくるものですが、緩やかな枠決めはしつつも多様性と個性を追求していきたい。


吉田忠裕

当社は1960年代から本格的に海外市場に進出し始めましたが、創業者(吉田忠雄)は海外に送り出す社員に「土地っ子になれ」と言っていました。つまり「その国で生まれた人間だと思って向こうに行ってくれ。間違えても、日本の習慣や食事と比較して不平不満を言ってはいけないぞ」と。


松岡修造

限界を決めるのは他人じゃない。あくまで自分自身。


西原理恵子

今のご時世、会社なんてニキビより簡単に潰れちゃうし、自分も病気になるかもしれない。大事なのは転んだ時の立ち上がり方だと思うんですよ。そういうとき、教科書通りの正論って役立たないんでね。


赤井益久

組織においては、大きなベクトルを共有することも大切。その上で個々の違いを尊重し、多様なシステムを用意する。教育でも、多様な学生に対し、いろいろなシステムを用意するのが大学の務め。


樺島弘明

プロフェッショナルサービス事業では、デジタル活用領域のサービスが非常に増えています。多くの場合、コンサル会社やテック系の企業はプロジェクト予算で仕事をしていますから、終了すると去っていきます。しかし我々は、プロジェクト後も顧客企業に残り、業務や経営の可視化、改善に取り組んでいます。これは定常業務ですから年間契約で、景気変動に左右されない収益で、当社としても重要なサービスです。たとえば自動車、商社など多くの大企業の経営企画室、IT企画部、業務改革室などと毎年様々な仕事をしています。我々は定常業務を押さえていますから、ITプロジェクトやRPA(業務自動化による生産性向上)の導入などのプロジェクトの計画をお客様と一緒に立案し、コンペをせずに入っていくことができます。


荒濱一

一時的に儲かっても事業として継続できなければ成功とはいえません。長期的に稼ぐことができるかが大切なのです。「仕組み」が本格的に動き出すにはしばらく時間がかかる。それまでの期間頑張れるかどうか。多くの人は「仕組み」を思いついても、それを続けることができず挫折してしまう。


小林靖弘

人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。