名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

挽野元の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

挽野元のプロフィール

挽野元、ひきの・はじめ。日本の経営者。オーディオメーカー「BOSE」日本法人社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)大学院工学研究科修了後、横河・ヒューレット・パッカード(のちの日本HP)に入社。執行役員、米国HP副社長、日本HP取締役などを務めたのちBOSEに移籍。同社で社長を務めた。

挽野元の名言 一覧

研究開発が自己満足で終われば企業として成立しません。お客さまに喜んでいただけるような研究成果を出すことが前提。


かかわる人の情熱、愛情があればマーケティングに説得力が増しますし、強みになる。


時代は変わっても、生演奏の感動を届けるというBOSEの原点は変わりません。


スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


直営店にいるスタッフはBOSEの魅力をお客様に伝える「伝道師」とも呼べると思いますが、彼らの存在がますます重要になりますね。


BOSEにはBOSEの製品や音楽が好きな社員が多い。これは日本法人だけではなく、世界中同じです。米国の企業にしては勤続年数の長い社員が多いのも独特だと思います。音に対して情熱があるから、社員は自信を持って製品を説明できます。


上場は資金調達の面でメリットがありますが、私たちは非上場で利益を研究開発に投資するというやり方に自負を持っております。これには長期的に、腰を落ち着けて成果を出してゆける強みがあります。


BOSEは常にチャレンジし続けています。より良い音をより多くの方に届けるため、新しいユーザー層に向けて新しいスタイルを発信し続けています。変わらないBOSEと変わるBOSEの両方があるのです。


挽野元の経歴・略歴

挽野元、ひきの・はじめ。日本の経営者。オーディオメーカー「BOSE」日本法人社長。神奈川県出身。武蔵工業大学(のちの東京都市大学)大学院工学研究科修了後、横河・ヒューレット・パッカード(のちの日本HP)に入社。執行役員、米国HP副社長、日本HP取締役などを務めたのちBOSEに移籍。同社で社長を務めた。

他の記事も読んでみる

ダニエル・ピンク

自分の仕事の評価をしっかり行いましょう。まず月初めに、自分の目標を設定します。何を学びたいか、何を達成したいか。そして月の終わりに自分への評価を下します。どんな調子か、目標に達しない点はどこか。自分だけでなく、同僚数人と行ってもいい。


伊藤絵美

ストレスの対処法を考え、50個でも100個でも、できるだけ多くリストアップしてください。「自分にはストレスに立ち向かう方法がある」と思えれば、それだけで気持ちはかなりラクになるはず。


ジョン・F・ケネディ

人類は戦争を終わらせなければならない。でなければ戦争が人類を終わらせるだろう。


中山雅史

うまい選手って、すぐにやめちゃうでしょう。ヒデ(中田英寿)とかジダン(元フランス代表)も、自分の限界というのか、天井がわかってしまうのかな? 僕なんか天井どころか、今でもまだ伸び代があるんじゃないかと思ってますから。そう思わなきゃ、続けられないです。


上野和典

ブレーンストーミングは、セレモニーとしての会議や情報共有型の会議とは正反対で、時間制限を設けずに、体力が続く限り何泊でもしてアイデアを煮詰めるものです。ここにはなるべく職位の上位者は参加しない方がいいでしょう。理由は簡単で、時間無制限の会議だから年長者は先に参ってしまいます。しかもその人がリーダーであれば、自分が疲れたところで「この辺でいいだろう」とまとめに入ってしまいます。メンバーのアイデアが最後まで出尽くさないうちに会議が終わってしまう恐れがあるのです。


ジャック・マー(馬雲)

何もなく成功する経営者はほとんどいない。成功に繋がる過程の一部として失敗があるのだと思います。


土屋敏男

過去の事例を再認識することで、その後に成功にいかにリンクしたのかも一連の流れの中で再整理できる。


廣瀬俊朗

仕事もスポーツも報酬をもらってやる以上、成果を出して当たり前。


古森重隆

本当はコア商品を持っていた方が強いのです。トヨタ自動車が良い例です。何かひとつでも大きな売り上げを確保して世界的な強さを持てるなら、それがいい。うちも、写真というコア商品を維持できれば、その方が絶対よかったのです。多様性はひとつの保険なんです。当社はいろいろやらなければならなかったというだけです。


亀田啓一郎

リーダーシップを発揮するには「対人影響力」が不可欠と言われている。対人影響力とは、自身の言動を通して人に与える影響力のことだ。ミドル・リーダーシップ力も同じ。仲間や部下たちに「この人はそこまで本気でやろうとしているのか。ならば協力しよう」と思ってもらう必要がある。そのためには「自分の言葉」で語ることが必須となる。


樋口武男

売上や利益が伸びなければ、社会貢献ができません。当社は、経常利益の1パーセントをCSR活動に使うことにしています。どこかが社会貢献活動をしていかないと、何も前に進みませんからね。


堀之内九一郎

仕事関係でも遊び友達でも、私の人間関係の作り方は同じ。相手に伝えたい気持ちがあるなら素直に伝える。それさえできれば、年齢も立場も関係なく、どれだけでも仲間を増やせる。