名言DB

9412 人 / 110637 名言

手倉森誠の名言

twitter Facebook はてブ

手倉森誠のプロフィール

手倉森誠、てくらもり・まこと。日本のサッカー選手、サッカー指導者。青森県出身。青森県立五戸高等学校時代、全国高等学校サッカー選手権大会に出場。卒業後、住友金属工業蹴球団(のちの鹿島アントラーズ)に入団。引退後、サッカー指導者になり、大分トリニータヘッドコーチ、ベガルタ仙台監督、U-22日本代表監督などを務めた。

手倉森誠の名言 一覧

失敗の次には成功がある。


どうせ難しい状況なら、思い切り自由にやってやろう。


選手には、負けることを恐れるな、という話をしました。でも、そのなかで勝てたらすごいことだぞ、と。


単に「点を取れ」ではなくて、「ゴールを奪いにいけ」とか、とにかく気合の入る言葉を使っています。


日本はまだまだ弱いんだ、ではどうしたら道が開けるのかと真剣に考えて、本気で世界を目指していかないと。成功だと思った時点で終わりですよ。


おまえたちは何も成し遂げていない。俺も何も成し遂げていない。だから、一緒に大きなことを成し遂げようぜ。


メンバーから外した選手のことも気にしますよ。腐ったりせずに、レベルアップを図っているようなら、再チャレンジのチャンスも与えます。


監督は自分のことを見てくれている、もっと成長できるように気に掛けてくれていると、選手に感じてもらえれば心を開いてくれるはず。


押しつけは禁物です。U‐23年代も「おとなしすぎる」「感情を表さない」などとよく批判されますが、教育も含め、こうした社会をつくった上の世代の責任です。「おまえたちはガツガツしていないからダメなんだ」などと説教されても、反発するだけです。この世代はこういうものだと、一度認めて受け入れて、そのうえで変えていけるところは変えていってやろうと考えています。


「今のプレーはよかったぞ」みたいなことはよく言います。ただそれで、図に乗っていないかも同時に見ています。調子に乗ると往々にして失敗する。失敗した選手にはすかさず「あの言葉に甘えたな」って言って、また次の言葉を掛けるんです。


気が抜けている選手がいたら叱ります。でも、叱らざるをえないような最悪の状況になる前に、自分で気づくようもっていくことが多いですね。


頭ごなしに指示するのではなく、自分で考えさせること。例えば「積極的にチャレンジしろ」とは言いますが、具体的にどうするかは自分で考えさせる。考えてチャレンジした結果、失敗しても、それを責めたりはしません。ただ、「なぜ失敗したのか」「どうすればうまくいくのか」、問いかけるようにしています。


俺自身、反骨心をエネルギーにしてきた人間なんです。選手時代はJリーグで活躍できなかったし、指導者としても日本代表チームを率いたことはなく、就任時周囲からは「手倉森で大丈夫か」という声も聞こえてきました。


選手をその気にさせるのは指導者の役割。そこで選手が本気になって、結果を残して、それを見て「俺たちも」と本気で世界を目指す仲間が増えていく。そういう環境をつくっていくことが大切。


言葉を伝えるには空間も大事ですから、ミーティングで全員に掛ける言葉と、部屋に選手を呼んで掛ける言葉はきちんと選ばなければいけない。


大きな目標に向けて、全員がさぼらずに必死に努力して、個人もチームも成長していく。それが勝利につながれば、それは皆、感動して泣きますよ。くやしい思いもたくさんしてきたわけですから。今の時代、そういうことを学べるのがスポーツ、特にチームスポーツでしょう。その意味でも、社会の中でスポーツは必要だと思います。


日本サッカーを強くするために必要なのは自分たちは弱小国なんだという意識です。海外でプレーする選手が増え、ワールドカップも五大会連続出場したけど、日本が強豪国かといえば、決してそうではない。「俺たちは強いんだ」と思った時点で間違えると思うんですよ。日頃から高いレベルで戦っている海外組の選手には、すごく謙虚な選手が多いですよ。


スタッフから何かを聞くと、自分で確認したくなるんです。「選手がこんなことを言っていました」と耳にすれば、「コーチから聞いたんだが、どうなんだ」と直接話を聞きたいんです。最後は自分が決断するわけですから。


もし試合でいいパフォーマンスを出せずに落ち込んでいる選手に、「おまえ、あのプレーは何なんだ」といきなりダメ出ししてしまうと、その瞬間にどんなアドバイスも受け付けなくなる。でも、次の日の朝一番に、「昨日の試合のことを振り返ってみろ」と声を掛けたら、「ああ、監督は昨日の俺のことを気にしてくれていたんだ」と思うもの。そうなれば、自分からいろいろと話してくれるようになりますよ。


五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。


手倉森誠の経歴・略歴

手倉森誠、てくらもり・まこと。日本のサッカー選手、サッカー指導者。青森県出身。青森県立五戸高等学校時代、全国高等学校サッカー選手権大会に出場。卒業後、住友金属工業蹴球団(のちの鹿島アントラーズ)に入団。引退後、サッカー指導者になり、大分トリニータヘッドコーチ、ベガルタ仙台監督、U-22日本代表監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮本彰

市場調査などしている暇はない。真っ先に製品化して市場をつくり、独占する。これが私どもの戦略。


鈴木健一(経営コンサルタント)

数字は目的とそれに向かう手段を結びつけるストーリーを生む。売り上げや販売の数字を目標に掲げて社員を鼓舞する経営者がいますが、それでは人は動かない。数字でストーリーラインを示し、人を納得させることが重要なのです。


豊田一成

五感を使って「うまくいく」とイメージすることと、自分で自分を励ますこと。このふたつで、結果を出せる男に生まれ変わる。


田原総一朗

最近の若い人は安定志向が強い。原因は、失敗を必要以上に恐れているから。処方箋のひとつは、とにかく失敗してみること。実際に失敗してみれば、たいしたことがないと実感します。僕も失敗の連続でした。


野儀健太郎

私たちはクリエイター、クライアントと同等のパートナーです。派遣をしてうまくいかない時もありますが、もっとヒアリングできていれば、もっと事前に説明ができていればよかったのではないかと、社員たちには常に自責型に考えてもらいたい。


茂木友三郎

顧客創造が企業活動の核であり、それが試行錯誤の連続だということは、我々がビジネスの実践を通して強く感じたことです。我々の海外でのマーケティング活動が本格的に始まったのは1957年、アメリカのサンフランシスコに販売会社を設立してからです。いまでこそ、営業利益の6割を海外市場であげていますが、当初は醤油とはほとんど無縁の土地での新規開拓です。まさに自ら顧客をつくり出す必要がありました。


矢部輝夫

当社を視察に来たある経営者から「あなたと同じことをやっているが、うまくいかない」と言われたことがあります。彼らと私たちの違うことは、現場の声やちょっとした行動をどれだけ見逃していないかです。私たちは従業員の意見も、現場の出来事も、取りこぼしなく拾い上げています。この作業が難しい。


仲代達矢

我々は成功を望んで一生懸命やっている。だから成功した時こそ、過去をぱっと切り捨てて別の角度から出発することが大切。


新浪剛史

小売りのプロからすれば、素人が何アホなこと言っているんだとなりますが、素人だからできる発想もあります。小売りの流儀を守っていては「二番手」という枠から一歩も外に出られません。既存のルールでは、トップには戦いを挑めません。


川村隆

悪い事業は悪くはっきり見せて、直すか潰すかしなきゃいけない。良い事業がそれを補っちゃって、何となく、そこそこいいような格好にしておくのが一番良くない。


清水克彦(報道キャスター)

自分の仕事のやり方も変えていくことが大切。年齢とともに体力にも衰えが出るので、「最後は徹夜して帳尻を合わせる」といった若い頃の仕事のやり方は通用しなくなる。ピッチャーが変化球を、バッターが間合いや呼吸を研究するように、体力が衰える分をカバーするための新しいスキルを磨かないと、ただの「働かないオジサン」になり下がってしまう。


山本高史

新卒で広告代理店に入り、最初に任されたのは肉料理用の調味料のコピーを書く仕事でした。ところが何も書けないのです。新人ですから、技術的に書けないのは当たり前です。それは自分でも覚悟していた。ショックだったのは「自分には表現するべきものが何もない」と気づいたこと。この絶望感といったらないですよ。何も天下国家について語れと言われたわけではない。肉料理の調味料についてさえ何も知らない、自分で料理したこともなければ、料理する人と話したこともない……自分は単なるものを知らない人間に過ぎないと気づいた。それが23歳のときです。要は中身がなければ何も出てこないということ。


井阪隆一

物欲でも精神的な欲求でもいい。「自分はこうなりたい、こうしたい」ということを、まず持ってみる。それが最終的に自己実現の欲求につながり、人としての進歩につながる。


カンポン・トーンブンヌム

1分間気づきを保って「今ここ」を生きられれば、1分間安らぎとともに生きられる。
1年間気づきを保って生きられれば、1年間幸せに生きられる。


中畑清

私がなぜ自分にキャッチフレーズをつけるかというと、自分のやりたいことをわかりやすく伝えたいからです。単純だけれど、こねくり回したものではなく自然に湧き出た言葉です。だからその分、人に伝わりやすいと私は思っています。