名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

手倉森誠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

手倉森誠のプロフィール

手倉森誠、てくらもり・まこと。日本のサッカー選手、サッカー指導者。青森県出身。青森県立五戸高等学校時代、全国高等学校サッカー選手権大会に出場。卒業後、住友金属工業蹴球団(のちの鹿島アントラーズ)に入団。引退後、サッカー指導者になり、大分トリニータヘッドコーチ、ベガルタ仙台監督、U-22日本代表監督などを務めた。

手倉森誠の名言 一覧

失敗の次には成功がある。


どうせ難しい状況なら、思い切り自由にやってやろう。


選手には、負けることを恐れるな、という話をしました。でも、そのなかで勝てたらすごいことだぞ、と。


単に「点を取れ」ではなくて、「ゴールを奪いにいけ」とか、とにかく気合の入る言葉を使っています。


日本はまだまだ弱いんだ、ではどうしたら道が開けるのかと真剣に考えて、本気で世界を目指していかないと。成功だと思った時点で終わりですよ。


おまえたちは何も成し遂げていない。俺も何も成し遂げていない。だから、一緒に大きなことを成し遂げようぜ。


メンバーから外した選手のことも気にしますよ。腐ったりせずに、レベルアップを図っているようなら、再チャレンジのチャンスも与えます。


監督は自分のことを見てくれている、もっと成長できるように気に掛けてくれていると、選手に感じてもらえれば心を開いてくれるはず。


押しつけは禁物です。U‐23年代も「おとなしすぎる」「感情を表さない」などとよく批判されますが、教育も含め、こうした社会をつくった上の世代の責任です。「おまえたちはガツガツしていないからダメなんだ」などと説教されても、反発するだけです。この世代はこういうものだと、一度認めて受け入れて、そのうえで変えていけるところは変えていってやろうと考えています。


「今のプレーはよかったぞ」みたいなことはよく言います。ただそれで、図に乗っていないかも同時に見ています。調子に乗ると往々にして失敗する。失敗した選手にはすかさず「あの言葉に甘えたな」って言って、また次の言葉を掛けるんです。


気が抜けている選手がいたら叱ります。でも、叱らざるをえないような最悪の状況になる前に、自分で気づくようもっていくことが多いですね。


頭ごなしに指示するのではなく、自分で考えさせること。例えば「積極的にチャレンジしろ」とは言いますが、具体的にどうするかは自分で考えさせる。考えてチャレンジした結果、失敗しても、それを責めたりはしません。ただ、「なぜ失敗したのか」「どうすればうまくいくのか」、問いかけるようにしています。


俺自身、反骨心をエネルギーにしてきた人間なんです。選手時代はJリーグで活躍できなかったし、指導者としても日本代表チームを率いたことはなく、就任時周囲からは「手倉森で大丈夫か」という声も聞こえてきました。


選手をその気にさせるのは指導者の役割。そこで選手が本気になって、結果を残して、それを見て「俺たちも」と本気で世界を目指す仲間が増えていく。そういう環境をつくっていくことが大切。


言葉を伝えるには空間も大事ですから、ミーティングで全員に掛ける言葉と、部屋に選手を呼んで掛ける言葉はきちんと選ばなければいけない。


大きな目標に向けて、全員がさぼらずに必死に努力して、個人もチームも成長していく。それが勝利につながれば、それは皆、感動して泣きますよ。くやしい思いもたくさんしてきたわけですから。今の時代、そういうことを学べるのがスポーツ、特にチームスポーツでしょう。その意味でも、社会の中でスポーツは必要だと思います。


日本サッカーを強くするために必要なのは自分たちは弱小国なんだという意識です。海外でプレーする選手が増え、ワールドカップも五大会連続出場したけど、日本が強豪国かといえば、決してそうではない。「俺たちは強いんだ」と思った時点で間違えると思うんですよ。日頃から高いレベルで戦っている海外組の選手には、すごく謙虚な選手が多いですよ。


スタッフから何かを聞くと、自分で確認したくなるんです。「選手がこんなことを言っていました」と耳にすれば、「コーチから聞いたんだが、どうなんだ」と直接話を聞きたいんです。最後は自分が決断するわけですから。


もし試合でいいパフォーマンスを出せずに落ち込んでいる選手に、「おまえ、あのプレーは何なんだ」といきなりダメ出ししてしまうと、その瞬間にどんなアドバイスも受け付けなくなる。でも、次の日の朝一番に、「昨日の試合のことを振り返ってみろ」と声を掛けたら、「ああ、監督は昨日の俺のことを気にしてくれていたんだ」と思うもの。そうなれば、自分からいろいろと話してくれるようになりますよ。


五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。


手倉森誠の経歴・略歴

手倉森誠、てくらもり・まこと。日本のサッカー選手、サッカー指導者。青森県出身。青森県立五戸高等学校時代、全国高等学校サッカー選手権大会に出場。卒業後、住友金属工業蹴球団(のちの鹿島アントラーズ)に入団。引退後、サッカー指導者になり、大分トリニータヘッドコーチ、ベガルタ仙台監督、U-22日本代表監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

中原淳

職業人として、上司の力によって能力の伸び幅が大きくなる年代は、20代後半から30代前半です。この年代の人たちは、一定水準の仕事はできるようになっており、一人前の戦力とみなされて仕事に関わることができます。一方でまだ柔軟性もあって、新しい考え方を受け入れる余地も十分に持っています。経験と柔軟性を併せ持っているため、上司の教育が最も効果的に能力に反映されるのです。


渋沢健(渋澤健)

論語に「これを知る者は、これを好む者にしかず、これを好む者は、これを楽しむ者にしかず」とあります。ものごとを知ることは大事ですが、知るよりも好きであること、好きであることよりも楽しむことがもっと重要だと説いています。「知る」や「好む」は孤独な作業ですが、「楽しむ」ことの延長には社会との接点があります。楽しそうにしていると「何やってるの?」と人が集まってくるんです。


米山明日香

トランプさんが使う英語はアメリカの小学6年生から中学1年生くらいのレベル。あえてアメリカ人の平均的な英語レベルよりも下げることで、幅広い層に伝わるコミュニケーションを心がけているのでしょう。


宗雪雅幸

内部蓄積は株主資本ですから、本来株主のものなのです。会社というのは持続して成長していかなければならない。それによって株主の期待に応えるというのが筋だと思います。


鶴岡公二

交渉というと、駆け引きを思い浮かべる人も多いだろう。例えば、最後は「50」で手を打つつもりで、最初は「500」くらいからふっかける。相手の腹を探り何度か交渉を重ねて妥協案を見いだすのだ。しかし本当に交渉をまとめようと思ったら、こうした駆け引きは百害あって一利なしだ。実際の交渉現場では相手も準備しているから、法外な要求だとわかり、こちらには真面目に交渉を行う考えがないのではないかと不審を抱かれてしまう。次にこちらが「100」に下げても、相手はまだ何か裏があるのではないかと疑い、結局、交渉はまとまらず、「50」もとれなくなってしまう。


安部修仁

社長に就任した時から、自分は継承者なんだとずっと思ってきました。今振り返ってみても、この観念は不思議なくらい強い。


石田淳(コンサルタント)

自分で立てた目標を最後まで諦めずに達成した経験があれば、自分の人生は自分でコントロールできるんだという自信が持てる。継続は、成し遂げるための最高のノウハウです。これを身につけた人には、並外れた才能や精神力なんか必要ない。いまの自分が持っている能力だけで人生を切り開いていけるんです。


三宅裕司

立ったり歩いたりっていう、これまで無意識にしていたことも出来なくなって初めてありがたみがわかりました。

【覚え書き|手術と入院を振り返って】


前田裕二

僕はライブ配信をSNSの次に来るものだと付置づけていて、テレビの延長線上ではない。ビジネスモデルも僕らは直接課金ですが、テレビは広告メインですので、異なります。だから既存のテレビともケンカにならない。むしろシナジーを生む関係になるはずです。


安藤徳隆

若い人たちにも商品を身近に感じていただくためには、彼らの目線に立ったブランドコミュニケーション、話題作り、そして、売り上げにつながる仕組み作りが重要。年配の取締役の方々に理解されず、怒られることも多々ありますが(笑)。


山中勧

売り場支援の一環として、「コトPOP」の提案・指導も行なっています。「コトPOP」とは、ふつうのPOPではなく、その商品を買うとどんな楽しいことが起きるかといった、モノではなく、コト(事・情報)を売るPOPのことです。小さなカードに、たとえば「ボジョレーヌーボーに合うおつまみを用意しました」とか、花見の季節に「おいしいものを持っていって桜より目立っちゃいましょう!」といった「買う理由」を提示することで、販売促進効果が生まれます。


岡庭豊

私は自分さえいい暮らしができればいいとは思っていないのです。うちは若い社員が多いですが、30代前半でも編集長クラスには1000万円以上出しています。社員にも快適な暮らしを味わってもらうことによって、よりよい仕事をしてほしいからです。