名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

所眞理雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

所眞理雄のプロフィール

所眞理雄、ところ・まりお。日本の研究者、経営者。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」社長・会長。東京都出身。慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了。慶應義塾大学理工学部教授、ソニー執行役員上席常務、CTO(最高技術責任者)などを経てソニーコンピュータサイエンス研究所社長・会長を務めた。専門はコンピュータサイエンス、科学技術論、研究マネジメント。

所眞理雄の名言 一覧

井深大さんには「君は今、何をやっているの?」とよく話しかけられました。何気ないひと言ですが、そう言われると研究者はやる気になるんです。


アメリカの真似をすれば何とかなるという感覚では、世界では認められないし、大きなブレークスルーにも繋がらない。


今は何のための研究か分からないものもあるかもしれませんが、我々はこれらの研究がいつか花開くと思って研究を続けている。そして、今後もオリジナリティを持って、地球上の全人類に貢献できる研究をし続けたい。


私がソニーCSL(コンピュータサイエンス研究所)のメンバーに言ったことは、基本的にはやりたいことをやろうと。でも、その責任は取ろうよと。そして、その研究は世のため、人のためになり、新産業をつくり、そしてソニーのためにもなる仕事をしようということでした。これは基本的に今も変わっていません。


日本人は知らず知らずに周りと同じような発想の持ち主になるように訓練されてしまいます。組織としては平和でいいかもしれませんが、そこからは新しいものは何も生まれません。


世界に通用する研究所をつくろうと考えてスタートしましたから、メンバーには人まねの研究や既存の研究の延長線上の研究はやらせませんでした。それは今でもそうです。


初めの何年間かは知名度がなく、ソニーがコンピュータの研究をやると言っても信じてくれず、人を集めるのに苦労しました。大学の研究室の出身者を口説き、学会に行った時には面白い人がいたらすぐに声をかけました。どこの組織にも上司や指導教授とうまく行かない変わり者で、しかも優秀な人物はいますから。


所眞理雄の経歴・略歴

所眞理雄、ところ・まりお。日本の研究者、経営者。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」社長・会長。東京都出身。慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了。慶應義塾大学理工学部教授、ソニー執行役員上席常務、CTO(最高技術責任者)などを経てソニーコンピュータサイエンス研究所社長・会長を務めた。専門はコンピュータサイエンス、科学技術論、研究マネジメント。

他の記事も読んでみる

米倉弘昌

技術力を支える人材の育成が大事。日本の将来は、技術力と人材力しかないし、もっともっと教育に力を入れていくと。そして、日本は自信を持って何事にも臨んでいくべきだ。


橘俊夫

人と同じことをやらないからこそ、ある程度成功できた。


山本昌(山本昌広)

現役を長く続けることができた秘訣は、いくつになっても貪欲に、さらなる上を目指したいと考えていたこと。


池谷裕二

仕事に集中したいが、どうにも気が散って進まないという経験は誰しもあるものです。ただ、動物としては、むしろ集中力が高い方が不自然な状態だといえます。野生の動物は、常に周囲に気を配って危険を察知します。人間も同じで、何かに集中して道を歩いていたら、事故に遭う確率が高まります。この脳の性質に抗って集中力を高めるには、よそ見できないように意識して強制的に視野を狭めるしかありません。


平本あきお

ノートやパソコンを前にすると、どうしても人間は頭の中で整理してから書こうと構えてしまいがちです。でも、人間の脳は必ずしも系統的・論理的に働くわけではありません。頭の中に浮かぶ発想を自由にふくらませつつ、同時に頭の中を整理できることが、付箋を使う最大のメリットです。


佐藤可士和

悩むよりも、まず決断する。仕事はそこから拓けていくもの。


池谷裕二

注意しなくてはいけないのは、人によって違う、遺伝的に決まってくる性格もあるということ。自分がある方法でうまくいったからといって部下にも同じやり方を押し付けるのは独り善がりでしかありません。


藤岡頼光

私は『DUOセレクト』を覚えるとき、見出しになっている例文だけひたすら反復して、解説や類語などは読み飛ばしました。あわせて覚えたほうが応用力がつくという意見もありますが、最初の暗記はできるだけ負担を減らすことが大事。頭をできるだけ使わず、身体で覚えるほうが得策。


吉田穂波

以前から留学をしたい、という気持ちはあったのですが、子育てが忙しいから今は無理だと思っていたんですね。そんななか、ある本で「困難だから、やろうとしないのではない。やろうとしないから、困難なのだ」という言葉を読み、「まさに今の自分のことだ」と頭をガツンとやられました。「人生は短い。子育ても留学も同時に実現しよう」と発想を変えたのです。すると、時間の使い方も大きく変わりました。


木川眞

公共性の高いプラットフォームビジネスは、サービス単体ではなく、仕組み全体で採算を合わせていくことが大切です。住民や自治体、企業から薄く広く、長く対価をいただき、プラットフォーム全体で利益をあげる。適正利益にとどめれば、プラットフォームはより使いやすく、浸透しやすくなります。


佐々木淳一(経営者)

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。


横田雅俊

「目をつぶる」「宙を見上げる」「名刺を見直す」。これらは何かを考えているときに見られるしぐさです。話の途中で相手の名刺を見直すというのは、相手の存在を改めて認識したということで、信頼感が一つ上がった証拠と言えます。その意味ではいいサインです。動作そのものは人によりいろいろでも、それを交渉の内容に結びつけて、「こちらのどの言葉がきっかけで考えが変わり始めたのか」と仮説立てすることが、相手の真意を探るうえで重要なのです。