名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

戸田憲吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

戸田憲吾のプロフィール

戸田憲吾、とだ・けんご。日本の経営者。「日本電装」社長。浜松高等工業学校(のちの静岡大学工学部)卒業後、トヨタ自動車に入社。その後、日本電装に移り役員などを経て社長・会長を務めた。

戸田憲吾の名言 一覧

みんなの意見を努めて聞くようにしている。そして「社長についていきさえすれば」という安直なムードが生まれるのも警戒している。【覚書き:日本電装創業時からのメンバーから社長になったため、ぬるま湯組織にしないようにするための自分に対する自戒の言葉】


戸田憲吾の経歴・略歴

戸田憲吾、とだ・けんご。日本の経営者。「日本電装」社長。浜松高等工業学校(のちの静岡大学工学部)卒業後、トヨタ自動車に入社。その後、日本電装に移り役員などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

朝田照男

資源価格が変動することに一喜一憂して、資源への取り組みをやめるというのは、短絡的に感じる。ただし、資源一極集中は商社としての強みが出ない。インフラや生活産業などの重点分野を均等に攻めていく。


木瀬照雄

TOTOが新興国市場を攻めるときには、まず主要都市に大規模なショールームをつくります。同時に、空港などシンボリックな場所に商品を出していく。我々が狙っているのはハイエンドな消費者。そこをターゲットに、最先端のものをなるべく早く持ち込もうとしています。TOTOはハイエンドの領域に絞って、ブランドイメージを引き上げていきました。


澤田秀雄

切った(撤退した)部門の人員は今後伸びる部門に配置転換したのでリストラはしていません。ホテル部門や法人団体向けやクルーズ、インバウンドのセクションなど伸びる部門に戦力を集中します。


桜井一紀

部下から「どうしたらいいですか」と聞かれたとき、「こうしろ」とすぐに答えてしまうと、自発的な成長は望めない。そのときは「どうしたらいいと思う?」と問いかけて、相手が自分で考え、答えるのを待つこと。


森永卓郎

私自身、会話の選択肢を用意していなくて失敗したことがあります。ある番組で、フィギュアスケートの世界選手権で優勝した安藤美姫選手に中継がつながりました。すると、司会者がいきなり私に、「何か質問はありますか」と振ってきた。スポーツコーナーだから出番はないだろう、と油断していた私は大慌て。とっさに思い浮かんだのが優勝候補の一人だったキム・ヨナ選手の転倒シーンだったので、思わず「ヨナ選手が転んだとき、やったと思いましたか?」と間いてしまいました。当然、テレビ局に抗議の電話が殺到。私のブログも大炎上して、抗議のメールは半年くらい続きました。このような事故を起こしてしまったのは、私がぼんやりしていたからです。頭が真っ白になるのは頭の働きが鈍いからであって、度胸とは関係ない。逆に言うと、つねに会話の選択肢を2、3用意していて、相手の反応に合わせて適切なものを選ぶ頭の良さがあれば、どんなときも冷静でいられるのです。


石橋正二郎

普通の足袋にゴムを縫い付けた地下足袋はあった。しかし、地べたにはくのですぐに糸が擦り切れ、終始修繕しなくてはならない。自動車のタイヤは二枚の布を貼り合わせ、その上にゴムを張っている。そのゴムのりで張り付けるのが一番いいだろうと思った。
【覚書き:ゴム底地下足袋の開発時の発言】


南部靖之

私はベンチャーで会社を興した創業者です。会社に就職して昇進を重ねて社長になった経営者ではありません。私は創業者と経営者では、大きく異なる点があると思っています。経営者はひと言でわかりやすく言うなら「儲ける人」です。会社の売上を上げて、利益を上げる。事業を拡大して既存事業の競争力を高めて会社を大きくし、相対価値を高めていく人です。一方、創業者はゼロから新しい事業を生み出します。理念にもとづいた絶対価値で物事を判断します。これまで世の中になかった新しい仕組みをつくり、イノベーションを起こしていくのが創業者です。だからある意味では「お金を使う人」かも知れません。創業者と経営者にはそれぞれ異なる役割があり、二人の力がうまく組み合わさることで、企業は大きな力を発揮できると思います。


金丸恭文

私は有難いことにサラリーマン時代、牛尾(ウシオ電機・牛尾治朗)さんやセコム創業者の飯田亮さんに出会い、起業することの素晴らしさを教えてもらいました。2人とも何のために会社をつくるかといったら、「新しい産業を創り、新しい雇用を創造するのだ」と。


川又三智彦

何か行動する際は、ビデオカメラで録画して、記録を残しておくんです。録画するのは、行動のはじめだけですが、それでも1日100項目くらいになります。それをパソコンに移す際に、誰と会ってどんな話をしたのか、何を感じ取ったかなど、感想とともに整理していきます。


伊庭正康

できる人に共通しているのは、一冊の手帳に、あらゆる情報を一元化する習慣をもっていること。スケジュールや打ち合わせの記録はもちろん、新聞記事などのメモやちょっとした思いつきなど、すべてを一冊に書いています。そうすれば、「あのメモは、どこに書いたかな?」とわからなくなることがなくなり、探す時間のムダもなくなるわけです。


アンリ・ポアンカレ

まず第一に注意をひくことは、突然天啓が下った如くに考えのひらけて来ることであって、これは、これにさきだって長いあいだ無意識に活動していたことを歴々と示すものである。


嶋津良智

できる人を厚遇するのは、給料だけに限りません。人材教育にかけるお金も、上位の人に手中させた方がいい。下位の人を引き上げて全体の質を高めることを底上げといいますが、実はこれはあまり効果が期待できません。たとえば新人にマナー研修で挨拶の仕方を教えても、先輩社員が「ドウモー」とやっていたら、それを真似してしまいます。教育は「屋根上げ」が基本です。同じコストをかけるなら、まず上の人にお金を使い、そのお金をかけた人から、下に教育させる方がいいのです。