戸田憲吾の名言

戸田憲吾のプロフィール

戸田憲吾、とだ・けんご。日本の経営者。「日本電装」社長。浜松高等工業学校(のちの静岡大学工学部)卒業後、トヨタ自動車に入社。その後、日本電装に移り役員などを経て社長・会長を務めた。

戸田憲吾の名言 一覧

みんなの意見を努めて聞くようにしている。そして「社長についていきさえすれば」という安直なムードが生まれるのも警戒している。【覚書き:日本電装創業時からのメンバーから社長になったため、ぬるま湯組織にしないようにするための自分に対する自戒の言葉】


戸田憲吾の経歴・略歴

戸田憲吾、とだ・けんご。日本の経営者。「日本電装」社長。浜松高等工業学校(のちの静岡大学工学部)卒業後、トヨタ自動車に入社。その後、日本電装に移り役員などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

和佐見勝

細かい経費見直しの積み重ねによって収益を押し上げることができる。


荻原博子

何のためにお金を貯めるのか、確認してから金融商品を選ぶことが大切です。それぞれの目的に沿った金融商品があるからです。たとえば、住宅取得、教育資金、老後生活費といった具合に、貯蓄目的別に通帳を分けて管理するのもひとつの手です。


大西賢

JALは公的な航空運送事業者であるという意識が強すぎたため、民間企業として利益を生み出さなくてはならないという意識が乏しかった面があります。これからは、この両面をしっかりとにらんで経営をしていかなければなりません。


堤幸彦

自分は芸者であるとも思っています。芸者はお座敷に呼ばれるために芸を変えていかなければならない。飽きられてしまうから、頭も身体も常に鍛えておかないといけません。天狗になんかなっていられないですよ。


山本高史

発想とはコミュニケーションである。評価されなければないのも同じ。


亀井忠夫

虎ノ門のJTビルや秋葉原にあるYKKの本社ビルの設計などを手掛けました。これらの設計は顧客企業の要望に応え、伝統や扱っている商品まで考慮しています。発注者にご満足いただくのは当然として、何より街に暮らす人々が快適に過ごせるための配慮は欠かせません。過度なデザインを主張するのではなく、周囲の環境と調和し、利用者の立場に立った建築が求められています。


小杉俊哉

他律意識が強い人と、自律意識の強い人。重要な仕事を任せるパートナーとして考えた場合、どちらが選ばれるかは明らかです。「やらされ感」のある人より、責任をもって仕事をする人のほうが、一緒に仕事をして気持ちがよく、結果についても安心して任せられるのは当然です。つまり、運がいい人は「運がいいから文句をいわない」のではなく、「文句をいわないから運がいい」というわけです。


米村でんじろう(米村傳治郎)

現在の仕事の満足度は100点満点中、好きな仕事とをしている点では80~90点です。少しマンネリ感が出てきたという点では、新たなアイデアの開発も含めて50点です。


宇佐美進典

早いときは朝は7時半に出社して、夜は1時から3時くらいまで会社にいます。ずっと会社の仕事だけをしているわけではなく、深夜にブログを書いたり、早めに会社を出て、仕事上のお付き合いでお酒を飲みに行くこともあります。どこまでが仕事でどこからがプライベートだという意識は、あまりないかもしれません。


デービッド・アーカー

ブランド構築はもはや、売上をあげるためにマーケティング部門が行う小さな「戦術」の1つではなく、全社的に取り組むような大きな「戦略」の1つとなった。


森下篤史

販売店の店長を立候補制にしていたら、社員から「社長のポストだけが安泰で世襲制というのはあり得ない」と言われて。だったら、勝負しようじゃねえかと社長の椅子争奪戦を始めたんだ。
【覚え書き|社内プレゼンで社長を決める「社長の椅子争奪戦」制度について】


世阿弥

50歳を越えてからは、なにごとについても「しない」ということを方針にする。これはきわめて重大なことである。この時期に習うこととは、まず演目の数を少なくすること。そして音曲を中心にし、演戯は淡白に、舞なども技芸の型は減らし、昔日の華麗さの名残を見せるようにすべきである。


横田雅俊

部下の体験をナレッジ化(知識化)して横展開できる仕組みがある組織は、継続的アプローチの重要性やその方法論が比較的早く定着していく。逆に、ナレッジが個人の中にとどまっている組織は、新しい価値観や方法論がまわりに伝わりにくく、組織レベルではなかなか改革が進んでいかない。


塚越寛

数字を追うことは、あくまでも手段であって、企業が進むべき道ではない。


岸田一郎

私が常に意識するのは、読者の絶対数よりも「質」です。ここでいう「質」とは、購買力と購買意欲を持った読者のことです。つまり、そうした読者を束ねることで、広告主からも雑誌の媒体力を評価され、市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌になれるのです。


ページの先頭へ