名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

戸田博道の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

戸田博道のプロフィール

戸田博道、とだ・ひろみち。日本の経営者。アンリツ社長。京都出身。早稲田大学理工学部卒業後、安立電気(のちのアンリツ)に入社。執行役員ワイヤレスメジャメントソリューションズプレジデント、計測事業統轄本部ワイヤレス計測事業部長、常務執行役員計測事業統轄本部長、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

戸田博道の名言 一覧

変化に社内資源を大胆に集中させること。グローバル化の中で生き残るにはそれが何より大事です。


その都度変わる状況の中で常にライバルに先行し続けるには、全社が機敏に動くスピード感が求められます。それがなければ、すぐに元のもくあみになるのです。


当社は世界の通信大手との取引がほとんどありませんでした。国内市場でしか仕事が取れず、グローバル市場では米独の計測器メーカーに圧倒されていたのです。ですが、この大きな変化はチャンスでした。技術が何より大事なこの世界では、変化の時には従来の取引にこだわらずにいいものを採用してくれる可能性があるからです。
【覚書き|携帯電話の通信規格が第2世代から第3世代に入れ替わった時期を振り返っての発言】


どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。


ライバルメーカーが面倒がってやりたがらないような試験にもどんどん応じて信頼を得るようにしました。


戸田博道の経歴・略歴

戸田博道、とだ・ひろみち。日本の経営者。アンリツ社長。京都出身。早稲田大学理工学部卒業後、安立電気(のちのアンリツ)に入社。執行役員ワイヤレスメジャメントソリューションズプレジデント、計測事業統轄本部ワイヤレス計測事業部長、常務執行役員計測事業統轄本部長、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

堀洋一

多くの人が注目する場で優れた技術をアピールすることは重要だと思います。それによって、画期的な応用のアイデアが大学などから生まれるかもしれないからです。


市川憲和

経営資源を新たな事業に投入する場合、社内カンパニーを創設します。各社内カンパニーは、それぞれの分野に特化して業界ナンバーワンを目指します。


藤野英人

株式投資を始めたら「小さく、ゆっくり、長く」やることですね。小さくの目安は、自分にとってドキドキ、ハラハラしない金額と考えるとよいでしょう。


執行草舟

禅と武士道の共通点は、一命を投げ捨てて、何者かのために生きることです。一番尊い自分の命を投げ捨てることが前提にあると思います。


本間正人

妥協グセのある人は、心の振れ幅が基本的に少ない。つまり、感動や悔しさを人より感じにくい。このため、仕事の楽しさを見つけにくい。妥協グセの人が渇望しているのは、ずばり心理的報酬です。


高原豪久

僕は労働生産性を改善する究極の手法は、ひと言で言えば「適材適所」だと思っているのです。では、適材適所はどうすれば実現できるかといえば、ベースになるのは本人の動機や意思です。好きこそものの上手なれと言いますが、人間、やっぱり好きなことをやっているときが最も成果を挙げる時なんですね。


須田健太郎(経営者)

目指しているのは訪日観光産業界のSPA(製造小売業)です。僕らは外国人観光客に、人生に残る思い出をプレゼントすることを理念としています。訪日観光産業を垂直統合していくことによって、それを実現したいんです。


山内溥

これまで同様、楽しさと面白さを模索し続けていくだけだ。その結果優れたゲームができれば望ましい。今後、売り上げの減少があるかもしれないが、それは仕方ないのではないか。岩田聡社長はゲームソフトの企画者出身だから任天堂の中だけでなく、他社の有能な技術者の発想も取り入れて面白いゲームを作るだろう。すぐには難しいだろうが、一年程度経てば私の社長時代からの変化が目に見えて出ると思う。


澤田秀雄

実は、いまは過渡期だと思っています。オランダの雰囲気とかチューリップとかで食べていけるなら、それでいいと思うんですよ。でも、結果はそれでは食べていけなかった。だから、オランダの雰囲気のよさは残しつつ、新しい方向を目指さなければならない。私はここを観光ビジネス都市にしたいと思っています。ハウステンボスには電柱・電線が一本もありませんし、エアコンの室外機も一つもありません。東洋一美しいこの街に新しいベンチャーが続々と集まってきて、どんどん育っていく、そういう観光とビジネスのメッカみたいな都市にしたいと思っているのです。


天坊昭彦

出光では、失敗を激しく責めるということはありません。ただし、失敗して「すみません」と頭を下げればいいかといえば、そうではないのです。失敗をいかに次への教訓として活かすか、失敗を糧にしていかに自分の肥やしにしていくか、そこが大切です。出光では、失敗をした人がいったい何を得たのかということを重視します。


田島弓子

苦労のない成功より、学びのある失敗の方が、たくましいビジネスパーソンとしての成長につながります。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合をしたとき、組織も工夫しました。製鉄所などの部長は全員、統合相手の会社にあった同様のポストへ異動させました。部長を全交換したのです。部長たちは相手側の組織の中にいきなり放り込まれるわけですから、当初は違和感も少なくなかったはずです。