戸田利兵衛(二代目)の名言

戸田利兵衛(二代目)のプロフィール

戸田利兵衛(二代目)、とだ・りへえ。日本の経営者。「戸田建設」社長。東京帝国大学卒業後、一代目戸田利兵衛の養子となる。その後、二代目戸田利兵衛を襲名し、戸田建設社長を務めた。

戸田利兵衛(二代目)の名言 一覧

建設産業はある面からみれば受注産業の枠から出られない宿命的な産業であり、経営規模もいたずらに大を望むべきではない。【覚書き:建設業界に対する持論を語った言葉。この後に時流が変化した場合、この考え方に固執するのは成長機会を逃すことに繋がるとも語っている】


戸田利兵衛(二代目)の経歴・略歴

戸田利兵衛(二代目)、とだ・りへえ。日本の経営者。「戸田建設」社長。東京帝国大学卒業後、一代目戸田利兵衛の養子となる。その後、二代目戸田利兵衛を襲名し、戸田建設社長を務めた。

他の記事も読んでみる

小倉広

やることには、やらなければならない受動的なニーズと、将来の目標に基づく能動的なウォンツがあります。人から言われたニーズだけをメモにした「やることリスト」は単なる備忘録にすぎません。夢の実現を目指すなら、ウォンツをよりリストアップしていくべきです。


宮田矢八郎

理念が大切なのは否定しようもありませんが、経営は、まず戦略から始まる。


並木裕太

人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


下園壮太

軍隊で各人が勝手に自由に振る舞ったら、味方の動きが読みづらくなります。味方がどう動くか予想不可能になったら、お互いの信頼が揺らぐ。こうした事態は、戦場において文字通り命に係わるリスクとなります。だから、リスク回避のひとつの工夫として、軍隊は階級を尊重します。自衛隊では上官の命令、決定は絶対です。もちろん、異論を唱えられる場がないわけでなく、時間に余裕があれば、様々な意見を交わし合います。


藤沢久美

仕事の効率を上げるために意識していることは「その場で処理できること、判断できることは後回しにせず、その場で処理・判断する」ことですね。たとえば、メールも読んだらすぐに返信する。以前は「要返信フォルダ」をつくって、そこに入れたりしていたのですが、メールが溜まっていく一方で、精神的によくないのでやめました。


芳賀繁

自分が思っている以上に、簡単に人は忘れるものです。どれは記憶がなくなるわけではないので、記憶を思い出す「きっかけ」さえ作っておけば忘れません。


安宅和人

人間は言葉にしないと、頭に浮かんだ概念をまとめられない。つまり、言葉を使えば、思考がクリアになる。「解くべき問題を具体的に明らかにすることも重要で、「イシュー(問題)」の見極めがカギを握る。


三浦知良

お金をもらうからプロじゃない。どんなときでも手を抜かず、全力で戦うからプロなんだ。


村岡恵理

不満を道連れにするか、運命を味方に変えるかは、心の持ちよう。


山村輝治

フードビジネスは、いったんは減収となるかもしれませんが、中長期的には必ずプラスになっていくプランで進めています。向こう10年ぐらいの計があるイメージを持っています。これまで続いたミスタードーナツの落ち込みをいったんリセットして、そしてさらに飛躍していくように持っていきます。


スティーブ・M・スミス

進化する一方の技術のサイクルの中で、私たちは今後も必要とされる存在であり続けるためにも、現状のポジションに安住せず、技術が次はどこへシフトしていくのか、いち早く見つけ、新たなテクノロジーに適応していく努力を継続していく。


髙松修身(高松修身)

企業も人もどんなピンチの時でも必ず糸口が見つかるもの。それには絶対に諦めないこと。


家田美智雄

会社が成長すると羽振りが良くなって、自社ビルを建てる社長がいるけれど、立派なビルでは夜逃げがしづらいでしょう?経営はいつ何があるかわからない。夜逃げしやすいくらい身軽な方が本当にいい会社。


中川悠介

人と同じことはしたくなかった。もともと、1を10にするより0を1にするほうが好きなんです。


小寺春樹

自由な研究、自由な発想は大事ですが、それだけではなく、企業理念、企業哲学に基づいた商品でなければ世間に受け入れられません。


ページの先頭へ