名言DB

9425 人 / 110833 名言

戴正呉の名言

twitter Facebook はてブ

戴正呉のプロフィール

戴正呉、たい・せいご。台湾人経営者。「シャープ」社長、「鴻海精密工業(ホンハイ)」副総裁。

戴正呉の名言 一覧

シャープは本当に優秀な技術者が集まっている会社。経営危機の際は、現場ではなくマネジメント層の力が弱かった。マネジメントの基本は会社の方向性を示すこと。これが定まらないと、エンジニアも目標を見失います。


シャープは現在、「Be Original.」というサブブランドを掲げています。これには2つの意味があります。一つは、創業者である早川徳次さんの起業精神を取り戻そうという意味。もう一つは、業界初、世界初の商品を生み出したかつての栄光こそがシャープのオリジナルであるという意味です。


目指すのは「グローバルなIoT(モノのインターネット)企業」。先週、総務省の「第41回家電メーカー懇親会」という会議で、私はパナソニックの津賀(一宏社長)さんに「この会議の名前は正しいのでしょうか」と聞いた。自分たちを電機メーカーと呼んでいるようではダメだ。


今は300万円以上の取引をすべて社長の私が決済している。この半年で決済した件数は2000件に及ぶ。「社長がいちいち、そんな細かいことまでチェックするのか」と言われるかもしれないが、ホンハイではそれが当たり前だ。


世界ではますます、スピードが勝負の分かれ目になっている。IoTの時代では、スピードをとにかく上げていかないと会社は生き残れない。シャープだけではなくて、他社もみんな意識は変わっています。その意味でも、シャープは創業当時のようなスピード感を取り戻す必要があります。


シャープが鴻海(ホンハイ)傘下に入って一番変わったのは意思決定のスピードです。8Kテレビの商用化を決断したのは昨年9月のこと。それから1年たたないうちに、世界発売のめどを付けました。以前なら、もっと時間がかかっていたでしょう。


まず手をつけたのは「不平等契約」の解消だ。シャープは長年、業績低迷が続いていたので、一部の取引先とはシャープにとって著しく不利な条件の契約をしていた。しかし今やシャープは売上高15兆円のホンハイ・グループの一員なのだから、不平等な契約は見直してもらわなくてはならない。1社ずつ私が行って、契約の改定をお願いしている。


例えば3500億円の偶発債務のうち、半分は中国で発生している。シャープは海外に約200社の子会社を持っているが、そこの社長は大半が日本人で、しかも社内評価がAグレードではない人がたくさんいた。Aグレード以上の人材はみんな国内にいた。これからは部長以上の人材にしか海外子会社の社長はやらせない。現地の優秀な人材も登用していきたい。


シャープの業績低迷の原因は、たとえて言えば「社長と副社長の問題」だ。社長は液晶パネル工場を建てる。副社長は太陽光パネル工場を建てる。両者の生産工程はよく似ており、本来は(配電設備や水処理設備などの)ユーティリティーを共有できるのだが、シャープではそれぞれが独自のユーティリティーを持っているのだ。なぜこんな馬鹿げたことが起きているのかというと、社長と副社長の仲が悪いからだ。私はシャープの社長になって、最初の1か月、この会社をじっと観察した。するとこんなことがあちこちで起きていた。


戴正呉の経歴・略歴

戴正呉、たい・せいご。台湾人経営者。「シャープ」社長、「鴻海精密工業(ホンハイ)」副総裁。

他の記事も読んでみる

富川悠太

情報の丸暗記ではトラブル時に対応できない。


加藤俊徳

体を動かすことが脳のコンディションを整えることになる。家が駅から遠いとぼやく人は多いですが、本当はそういう人はラッキーなんです。駅から徒歩15分の人は、徒歩5分の人に比べて間違いなく脳の状態がいいはずです。


神田昌典

いかに買い手を魅了し、働き手を元気にさせる物語をつくり出せるか。それが企業の存在価値として問われる時代が訪れようとしています。


細田治(経営者)

伝統と革新は相反するものではありません。商いとは時代対応業。何より大切なのは、お客様の価値観を常につかんでいくことです。


芳賀繁

ミスをして責任を感じている相手に対して、「何でできないの?」と、さも能力が足りないことが原因のように問い詰める人もダメ。もし、相手が「自分は何をやっても失敗する」と思ってしまったら、実際にミスを繰り返すようになる。能力ではなく、努力や工夫が足りなかったからだと説明する必要がある。


小島貴子

再就職に際してまず大事なのは、自分の家計はいくら必要なのかを把握すること。年間450万円を使っている家計なら、本当に450万円必要なのかを洗い出す。その結果、350万円でも何とかなりそうなら、年収400万円程度の仕事を探せば選択肢も増える。特に40~50歳は、子供の教育費や住宅ローンなどで、最もおカネがかかる年代であり、何が何でも家族を守らなければならない。家計が破綻しないためにも、支出の把握は最重要事項に挙げられる。


北条氏綱

人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


若林正恭

キューバの記憶は、ものすごく強く残ったんですよね。別に僕は普段記憶力があるほうでもないんですよ。ここ1週間のうちにあったことは、全部忘れてますから。交通事故を見てしまったらいつまでも忘れられないのと同じで、脳への刺激が強いものは忘れられなくなるのかもしれない。キューバにいたのは、正味3日なんですけど、その3日で何年分かのことを感じたような気がします。子供の時って1日が長いじゃないですか。その感覚もちょっとありました。脳への刺激が強いと、1日が長く感じることにもなるのかもしれない。


原田曜平

人は簡単には心を開かない。だから「本心は別にあるのでは?」と考えて接すると、真実が見える。


ぐっどうぃる博士

男性は自分のサバイバルスキルが別の人より優れているか常に気にしています。だから心のどこかで自らのサバイバルスキルに自信かない男性上司ほど、自分のスキルの欠陥を指摘しない、気づかない男を傍に置こうとします。要するにスキルが自分より劣っている「できない男」です。また、自分より優秀な部下を傍に置けば、いつか自分が蹴落とされて序列が下位になってしまう可能性が強くなる。それを極度に恐れる男性上司であれば、あえて能力の高くない部下を傍に置くかもしれません。