名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

戴正呉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

戴正呉のプロフィール

戴正呉、たい・せいご。台湾人経営者。「シャープ」社長、「鴻海精密工業(ホンハイ)」副総裁。

戴正呉の名言 一覧

シャープは本当に優秀な技術者が集まっている会社。経営危機の際は、現場ではなくマネジメント層の力が弱かった。マネジメントの基本は会社の方向性を示すこと。これが定まらないと、エンジニアも目標を見失います。


シャープは現在、「Be Original.」というサブブランドを掲げています。これには2つの意味があります。一つは、創業者である早川徳次さんの起業精神を取り戻そうという意味。もう一つは、業界初、世界初の商品を生み出したかつての栄光こそがシャープのオリジナルであるという意味です。


目指すのは「グローバルなIoT(モノのインターネット)企業」。先週、総務省の「第41回家電メーカー懇親会」という会議で、私はパナソニックの津賀(一宏社長)さんに「この会議の名前は正しいのでしょうか」と聞いた。自分たちを電機メーカーと呼んでいるようではダメだ。


今は300万円以上の取引をすべて社長の私が決済している。この半年で決済した件数は2000件に及ぶ。「社長がいちいち、そんな細かいことまでチェックするのか」と言われるかもしれないが、ホンハイではそれが当たり前だ。


世界ではますます、スピードが勝負の分かれ目になっている。IoTの時代では、スピードをとにかく上げていかないと会社は生き残れない。シャープだけではなくて、他社もみんな意識は変わっています。その意味でも、シャープは創業当時のようなスピード感を取り戻す必要があります。


シャープが鴻海(ホンハイ)傘下に入って一番変わったのは意思決定のスピードです。8Kテレビの商用化を決断したのは昨年9月のこと。それから1年たたないうちに、世界発売のめどを付けました。以前なら、もっと時間がかかっていたでしょう。


まず手をつけたのは「不平等契約」の解消だ。シャープは長年、業績低迷が続いていたので、一部の取引先とはシャープにとって著しく不利な条件の契約をしていた。しかし今やシャープは売上高15兆円のホンハイ・グループの一員なのだから、不平等な契約は見直してもらわなくてはならない。1社ずつ私が行って、契約の改定をお願いしている。


例えば3500億円の偶発債務のうち、半分は中国で発生している。シャープは海外に約200社の子会社を持っているが、そこの社長は大半が日本人で、しかも社内評価がAグレードではない人がたくさんいた。Aグレード以上の人材はみんな国内にいた。これからは部長以上の人材にしか海外子会社の社長はやらせない。現地の優秀な人材も登用していきたい。


シャープの業績低迷の原因は、たとえて言えば「社長と副社長の問題」だ。社長は液晶パネル工場を建てる。副社長は太陽光パネル工場を建てる。両者の生産工程はよく似ており、本来は(配電設備や水処理設備などの)ユーティリティーを共有できるのだが、シャープではそれぞれが独自のユーティリティーを持っているのだ。なぜこんな馬鹿げたことが起きているのかというと、社長と副社長の仲が悪いからだ。私はシャープの社長になって、最初の1か月、この会社をじっと観察した。するとこんなことがあちこちで起きていた。


戴正呉の経歴・略歴

戴正呉、たい・せいご。台湾人経営者。「シャープ」社長、「鴻海精密工業(ホンハイ)」副総裁。

他の記事も読んでみる

松井忠三

逆境やトラブルに見舞われると、弱気になる部下も出てきます。そんなとき、リーダーは「もっとやる気を出せ、頑張れ」と言葉で言ってしまいがちですが、ここは率先垂範で自ら行動するところ。困難な状況にあっても責任逃れをせずに戦う姿を見せれば部下もついてきます。


有田浩之

数字に対する感覚を身につけるには、世の中のニュースを自分の興味のもてる数字と関連させて考えてみるのがよいでしょう。たとえば、自社の時価総額や売上などをインプットしておいて、競合他社で損失を出したというニュースがあったら「自社ならこの程度のダメージになるだろう」と置き換えて考えてみる。そういう癖をつければ、数字に対する感覚は自然に磨かれていくでしょう。


ダン・ケネディー

自分にとってどういう顧客層が理想的かわかっているし、そうした顧客を獲得したいと思っている。そしてそれと同じくらい、それ以外の顧客にはお引き取り願いたいと思っている。どんなビジネスに携わる人も、自分のビジネスに最も適した顧客を選び、そうでない顧客を避けた方がいい。


沢庵宗彭(沢庵和尚)

人の良し悪しを知らんと思わば、その愛し用いられている臣下、または親しみ交わる友達をもって知れ。


米井嘉一

ぜひ意識してもらいたいことは、「健康に二番目にいいことを習慣にしよう」という考え方。もちろん「健康に一番いいこと」を実践できれば100点満点。しかし、無理をして挫折し、何もやらなくなるよりは、最初からハードルを低くしたほうが始めやすく、続けやすいはず。二番目にいいことでも続かないようなら、三番目にいいことでもいい。今後の人生を見据えたとき、少しずつでも身体にいい習慣を積み重ねた結果が、将来、老後資金の積み立てのようにジワジワと効いてくる。


栗山年弘

技術屋のモチベーションは、未開拓、未踏の分野へのチャレンジにあると思います。


ラース・レビアン・ソレンセン

彼ら(糖尿病患者)の人生は我々の薬にかかっている。そんな責任感があるからこそ、間違った道を選ばないようにしなければなりません。究極的には、糖尿病の根治を目指しています。


枡野俊明

自分の体だと思っているものは、細胞レベルから始まる様々なパーツがたまたま組み合わさった総体や概念に過ぎず、それを「自分」と呼称しているだけなのです。社会や企業の中にいる自分もその細胞のようなもので、1人では何もできません。そう捉えれば、自分の立場では何をすべきで何が求められるかを考える必要があり、必ずしも自分の意見をすべて押し通すことだけが正しいのではないと思えるはずです。


松本淳志

請負開発の仕事をしているだけでは駄目で、自社開発の製品を持ってそれでライバルと戦うしかないと思いました。コールセンターシステムでは、当時の主流は海外のメーカーでしたが、高い割には使い勝手も良くない。そこにメードインジャパンの自社製品を開発したらお客様も増えていきました。


ジャック・マー(馬雲)

いろいろなものに二面性がありますので、どちらの方を見るかということでも全然違ってくる。


堀尾正明

HNKアナウンサーって、実は全国に500人以上もいるんです。そのうち、東京に行って活躍できるのはほんの一握りだけ。僕はかなり早い段階から、「東京には一生行けないだろうな」と思っていました。いわゆる出世コースからは、完全に外れてましたから。それで、30代になったあたりからは、あえて「NHKアナウンサーらしくないアナウンサー」を目指すようにしたんです。


生瀬勝久

僕が役者になったのは、偏差値教育から続く「数字で人を測る」社会が嫌だったから。自分を認めてくれる人がいる、それでいい演劇の世界が魅力的でした。役者は数字的な評価でなく、僕のことを好きになる人がいてくれたら勝ち。学生時代に、僕の演技にお客さんが笑ってくれた。カーテンコールの挨拶で拍手が多かった。それが活動意欲の原点。