名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

成瀬まゆみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

成瀬まゆみのプロフィール

成瀬まゆみ、なるせ・まゆみ。翻訳家、セミナー講師。同志社大学英文学科卒業。オーストラリア国立モナッシュ大学院応用言語科修了。外資系医薬品会社日本ヴィックス勤務、青山学院大学英語講師などを経て独立。翻訳やセミナー講師を務めた。

成瀬まゆみの名言 一覧

成功すれば幸せになれるではなく、幸せだから成功する。


上司は部下の欠点ばかりを探しがちです。その思考回路を見直し、いいところ探しをする習慣をつければ、職場の雰囲気も自然と変わってくるはず。


部下の悩みや本音を聞き出したいなら、外回りの移動時間を利用するのも手です。人は横並びに座ったり、体を動かしているときには話しやすくなることがあるからです。


部下の価値観を知るには、「最近、どんなことにお金や時間を使っているの?」などと聞いてみるのもいいでしょう。部下の価値観に純粋な好奇心を向けることがポイントです。


「おまえはやればできる」という声かけはNGです。そう言われた部下は「そんなふうに評価してくれているなら、わざわざ失敗のリスクを負ってまでチャレンジする必要はないな」と、逃げの態勢に入るからです。


上司が部下を叱責ばかりしていると、だんだんそれがBGMのように聞き流されるだけになってしまいます。本気のダメだしは、「ここぞ」というときのためにとっておくことが大切です。


褒めるときは、結果だけでなく日々の努力も褒めれば、上司からの「おまえの苦労はいつも見ているよ」というメッセージになり、部下も「報われた」という印象が強くなります。


上司は、不安を抱きかねない部下に対し「おまえの可能性は、おまえ以上に上司の俺が信じている。目の前の結果は恐れるな」くらいの言葉をかけたほうがいいでしょう。


一番モチベーションが上がるのは、達成確率が五分五分のときだとポジティブ心理学の研究でも判明しています。


成瀬まゆみの経歴・略歴

成瀬まゆみ、なるせ・まゆみ。翻訳家、セミナー講師。同志社大学英文学科卒業。オーストラリア国立モナッシュ大学院応用言語科修了。外資系医薬品会社日本ヴィックス勤務、青山学院大学英語講師などを経て独立。翻訳やセミナー講師を務めた。

他の記事も読んでみる

三浦展

人びとが直して使うことが楽しいと思えるようになってきています。そもそも、まだ使えるのにどんどん新品に買い替えさせようというシステムが反エコでしょう。もう、消費者に長く使われるような産業のサイクルではまずいわけです。そういう分野は中国に任せてしまって、日本はリペア(修理)やメンテナンス産業をもっと伸ばしたほうがいい。それが当然だという世の中になれば、そこに雇用が生まれるし、技術も伝承されます。それが消費拡大につながっていくと思います。


千本倖生

たしかにイー・アクセスは好調です。でも、固定ブロードバンドの市場規模が約1兆円なのに対し、モバイルには約10兆円の市場があります。しかも、世界標準からみれば通信料金は高いし、端末は使いにくいなど、まだまだ矛盾だらけです。これだけのビジネスチャンスを前にしたら、経営者としては挑戦しないわけにはいきません。
【覚書き|イー・モバイルを創業した経緯について語った言葉】


小杉俊哉

一見して「運が悪い」ことでも、自律意識をもって取り組めば、結果的には「運がよかった」となることも、往々にしてあります。たとえば、自分の意に沿わず、会社のなかでも日陰の部署に転属されたとしましょう。これを「運が悪い」と嘆いて腐ってしまえば、そのままです。しかし逆に、「なんとか結果を出して見返してやる」と奮起できれば、異動はまたとないチャンスになります。なぜなら、そうした不人気部署には優秀な人材があまりいないため、頭角を表わしやすいからです。しかも、そういった部署は往々にして上司の管理もゆるく、好きなように仕事ができることも多い。また日陰の部署はメンバーの人数も少ないですから、多くのことを自分でこなさなくてはなりません。嫌でもマルチタスクで仕事をこなせるスキルが身につくのです。そして、結果的に社内の注目を集めることとなり、やがて本流の部署に呼び戻され、同期よりも早く出世できるといったケースも多いのです。


藤田晋

すでに失敗したサービスもたくさんあったので、AbemaTVがスタートした時も、疑いの目で見られることは覚悟していました。ですので、最初のうちは、あまり関係者を増やさずにテレビ朝日とサイバーエージェントで、できる限り自力で形をつくろうとしてきました。


佐藤富雄

急激な変化や新しいことに挑戦することに尻込みしてしまうのは、失敗に対する恐怖心があるからです。変化や挑戦を恐れる思考習慣を変えるためにも、口ぐせは大変効果的です。変化とは、楽しくてポジティブなものだという思考習慣をつけるのです。「新しい挑戦が可能性の扉を開く」「成功は自らつかむもの」「解決できないことは起きない」などと、頻繁に口にしてみましょう。


川本隆一

企画書で必要不可欠なのは、コスト的な要素です。どんなに魅力的な商品でも、ビジネスとして成立しない企画は論外です。


浦沢直樹

つまんなくなっちゃうのよ、思い通りになっちゃうと。思い通りにならないというか、ドラマが勝手にアメーバのように動き出す方が、描いていて面白い。


小田禎彦

新機軸を打ち出したことで、ほかの旅館との差別化につながった。


板尾創路

一人ひとりに必ず何か適しているものや場所があると思う。どんな人でも意味なく生きている人間なんていない。その何かを伸ばしていくためには、人から見てもらえるところへ行かなきゃダメ。


高杉晋一

運命学者が言うように、人間には自分の努力によって開くことのできる「後天運」というものがある。人間には知恵があり、考える力があり、さらにいろいろの教えがある。道徳は人間生活の破たんを未然に防ぐためにあるし、精神の救いには宗教がある。人間はこうしたものによってある程度自分の運命を開くことができる。


堀場厚

経営では「人のチェーン」をつくることが大事なのです。縦にも横にも。そしてそれは「心のチェーン」でなければなりません。


桜井正光

これからの日本企業はもっと前工程に力を注いでいくべきです。そして、この部分では行動第一のファイアー(構える前に撃て)文化に基づいたトライ・アンド・エラーを徹底しないといけない。また、より大きな視点から日本の再生を考えれば、まず現在置かれている環境をしっかりと認識し、それから今後どうしていくかという将来に対するしっかりしたビジョンを持つ必要があります。