成富正徳の名言

成富正徳のプロフィール

成富正徳、なりとみ・まさのり。日本の経営者。「大成プラス」社長。福岡県出身。千葉商科大学経済学部卒業後、化学品専門商社・双福化学、成形品メーカー・和光プラスチックを経て大成プラスを設立。

成富正徳の名言 一覧

モノ作りは、イマジネーションの世界だ。こういう形にしたいというイメージを固めて、どうやれば作れるかを考え抜き、プロセスを緻密に積み上げていく。飽きることなくきっちりと詰めていかねば、目標には到達できない。


成富正徳の経歴・略歴

成富正徳、なりとみ・まさのり。日本の経営者。「大成プラス」社長。福岡県出身。千葉商科大学経済学部卒業後、化学品専門商社・双福化学、成形品メーカー・和光プラスチックを経て大成プラスを設立。

他の記事も読んでみる

大橋洋治

古いものを崩して、新しいものに変えていこうというエネルギーが若い社員に満ちていた。私はそれに懸けたいと思った。ただ、あまりに急激すぎる変化はよくない。そこでうまく調整しなければとは思っていた。


根岸秋男

理屈も大事だけれども、やはり情、人の気持ちが通じ合うことがベースになければいけない。


和田浩子

自分の手には少し余るかなと思うような仕事にも、積極的に取り組んできました。自分の能力相応の仕事をしていては、成長はありませんから。


吉田松陰

勉強しない人の気持ちには3つある。ひとつ目は、「年をとりました」と。ふたつ目は、「馬鹿ですから」と。そうでなければ、「私は才能が高く、もう学問は極めました」と。


安部泰洋

幼い頃から人をまとめたり、人前で話すことに全く抵抗がなく、生徒会長といった「リーダー」や「長」の付く役職は全て経験してきました。しかし大学進学を機に、ふと気がつきました。「自分の周りは自分と似ている価値観の人ばかりだ。まだ自分が感じたことのない価値観とも触れ合うべきだ」と。そのタイミングで友人から誘われたのが不登校や引きこもりの学生を支援するNPOでした。


香山誠

その気になればいくらでも利用者は増やせるが、それでは意味がない。顧客価値が上がり続ければどこかでブレークするので、どんと構えてゆっくりやろうと方針を変えた。


谷口祥子

褒め言葉は、会話を弾ませる最高の潤滑油です。褒めることによって相手との距離が縮まり、気持ちの良いコミュニケーションを取ることができるのです。


河野章宏

音楽業界の革命児、みたいに言われることが増えましたが革命する気はさらさらありません。そもそも音楽業界に入りたいと思ったこともない。単なる音楽好きでありたかっただけです。


原晋

走ることが楽しくなるような「動機」を考えることが大事。「毎日10km、走る」という目標では、面白くない。「モテたい」「あの細身のスーツを着こなしたい」という自分がワクワクするような欲望をそのまま目標にした方が、やる気が出ます。


松下幸之助

「任せて任せず」ということは、文字通り「任せた」のであって「放り出した」のではないということです。経営の最高責任者というものは、どんな場合でも、最後の責任は自分のところにあるという自覚をせんといかんものです。そういう自覚に立っているからこそ、「任せて」はいるけれど、絶えず頭の中で気になっている。自分は責任をもたないといかんということで腹をくくっている。そうなると、どういうふうにやっているかということがいつも気になる。これが本当ですわな。


ジョン・K・ソルハイム

現在、日本のゴルファー数は減少傾向にあるといわれています。そんな中、PINGではゴルフの発展やファン層の拡大に向け、ジュニアスクールはもちろんのこと、もっと気軽にゴルフを楽しめる様々なイベントや場所をつくっていきたい。今後もゴルフの発展はもちろん、ゴルフを始める人を増やすための底辺拡大に努めていきます。


安部辰志

教職員が、学生、受講生の幸福を願い、この大原をよくしたいという情熱を持ち、全員が一つにならなければ、勝ち残ることはできません。この事業で最も大事なのは教職員の心です。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

夜、他の皆がくつろいでいるときに、稽古場に下りてシコを踏んだり、テッポウをやったり、一人で練習していました。誰にも負けたくなかったし、日本に来て大相撲の世界に入った以上、最後まで頑張りたいと思っていたから。結局、そのハングリーさがあったから、大関まで昇進できたんだと思う。いくら体が大きくても、ごはんと寝るだけじゃ強くならないですから。


司馬遷

自分は死を恐れない。あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単だったが、もし死んでしまっては自分の命など九頭の牛の一本の毛の価値すらなかった。死ぬことが難しいのではない、死に対処することが難しかったのだ。死んでしまえば史記を完成させることが出来ず、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とした。
【覚書き|武帝の怒りを買い、宮刑(生殖器を切られ投獄させられる刑)に処せられたときを振り返っての発言】


大川豊

世間や会社からはみ出したって、別に死ぬわけじゃない。明るく楽しく生きていこうぜ!


ページの先頭へ