名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

成宮雄三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

成宮雄三のプロフィール

成宮雄三、なるみや・ゆうぞう。日本の経営者。子供服ブランドを多数展開するアパレル会社ナルミヤ・インターナショナル創業者。広島県出身。明治時代から続く呉服店(ナルミヤ)に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業後、高島屋に入社。ニューヨーク店に勤務したのち、父の病気を機に退社し、兄がやっていた家業の洋服卸部門を引き継ぐ。Kファクトリーなどのヒットで業績を上げたのち、アパレル部門を分離独立させ「ナルミヤ・インターナショナル」を設立。当時競合他社がほとんど目をつけていなかったジュニア市場の子供服を取扱い、同社を急成長させた。主な著書に『9割反対、だからうまくいく』『チャンスは6時の方向にある』など。

成宮雄三の名言 一覧

毎朝一駅手前で降りるのは情報収集のためです。会社の最寄りの外苑前駅からだと、すぐに会社に到着してしまうし、途中にショップも少ない。街でいま何が起きているのかを知るには、それなりに時間をかけて歩くのが一番です。


ビジネスマンは、業界に詳しくなればなるほど、専門家視点になりがちです。しかしそれでは、消費者が本当に求めているものと、こちらがいいと思っているものにズレが生じてしまいます。電車内での女子中高生の生の会話を聞いたり中吊り広告を見たりすることは、凝り固まった頭をほぐして、改めて消費者サイドから時代を見る重要な手段のひとつなんです。


毎朝、具体的な目標を立てることが重要です。たとえば昨日達成できなかったことがあったら、「今日こそ絶対に達成してやる」と、一日の目標を定める。あるいは、商談の予定が入っていたら、「次に持ち越さないで、今日中にクロージングする」と決める。このように毎日、勝負のポイントを設定していれば、自然に頭のスイッチが入ります。私の場合、家を出るときに「今日は勝負だ!」と気合を入れることが、「いってきます」の挨拶になっているほどです。


仕事ができるかどうかは、朝、出社したときの様子でわかります。朝一番からフル回転で働く人は、やはり優秀。一方、エンジンのかかりが遅い社員は、結局、最後までかからないことが多いのかもしれません。


うちは毎朝、幹部と早朝会議を行っています。8時半から営業会議を30分、9時から企画会議を30分。そこでメディアニュースや街角ニュースと、現場から上がってきた情報をぶつけ合って、いろいろと戦略を打ち出していきます。


街を歩いて情報を得られるかどうかは、単純に毎日続けているかどうかの差なのかもしれません。街は毎日少しずつ変わっていて、どこがどう変わったのか、わからなくなってしまうことがありますよね。ところが、毎日、街に出て定点観測をしていると、ほかの人が感じないような些細な変化にもハッと気が付くのです。


私が街で情報収集することを心がけるようになったのは、高島屋に入社して、20代後半でニューヨーク店に赴任したころです。英語も含めて、こちらでいろいろと勉強してから渡米したのですが、そんな知識はちっとも役に立ちませんでした。だから仕事が終わると、毎日一人で街に出て、アメリカの文化を肌で体験しようと努力しました。そうするうちに、10年前から赴任していた日本人社員より、アメリカ文化の深層を理解できるようになったんです。それは顧客の心理を知るということですから、当然業績も伸びました。


とくに私が注意して見ているのは、美容院ですね。表参道は美容院の激戦区で、若い女性のハートを惹きつけるために、インテリアや内装に凝っている店も多い。うちもショップ展開しているので、センスのいいインテリアや内装は大いに参考になります。


私は朝だけでなく、帰りも徒歩で、しかも渋谷まで30分~1時間かけて、ゆっくり街を見て回るようにしています。そうすると、メディアだけではわからないリアルな情報に触れることができます。たとえば、フライヤー(チラシ)をもらえば、いま若者が関心を寄せているグラフィック(ロゴや図柄)がわかるし、ショップを見てまわれば、本当に流行しているものも見えてきます。


街を歩くときは、目に映るものすべてに注目します。たとえば、交差点で信号待ちしているときに、私より上の世代のおじいさんがシャキッとした格好で立っているのを見たとしましょう。そこで「去年までは、この時間におじいさんが立っていることはなかった」ということに気づけば、世間で高齢社会と言われていることが本当なのだなと確認できます。続けておじいさんのファッションに目をやると、さらに多くのことがわかります。一昔前はジャージかゴルフウェアを着ている高齢者が多かったのに、最近の高齢者はチノパンにチェックのシャツ、それにキャップを被って杖も突かずにスタスタ歩いている。そこから、「高齢社会といっても、好奇心旺盛で元気な人が多い。これは私たちのビジネスにつながらないだろうか」と発想が広がっていくんです。


朝に家を出るのは7時半です。最寄り駅から会社の一駅手前の表参道駅まで、電車で約15分。それから歩いて会社に向かいます。途中、スタバやマックで10~15分ほど軽くお茶をして、新聞を再チェックしたり、待ちゆく人を眺めるのが日課です。


雑誌の中吊り広告は、企画の構成と相通ずるものがあります。雑誌広告にはメインの特集記事が目立つように配置されていて、それ以外に、マンネリでもいいから欠かせない定番の連載記事が絶妙に配置されています。何をどうすれば人々の視線を集めることができるのか、考え尽くされているデザインです。これは私たちの展示会の企画と同じで、見習うべき点も多い。社員にも「中吊り広告で企画を学べ」と教えています。


電車内の雑誌の中吊り広告は、タイトルのつけ方が上手い。いまの時代を示す言葉やフレーズが使われていたり、流行させたいと考えているキーワードが、必ずといっていいほどタイトルに含まれています。それがヒントになって、うちのDM(ダイレクトメール)に活用することもあります。


電車の中吊り広告も非常に参考になります。広告というのは、常に大衆視点で情報発信しているでしょう。消費者の視点から世界中を知るのにはもってこいの材料ですよ。


朝にかぎらず、通勤電車の中は情報の宝庫だと思います。たとえば女子中高生の会話の中から、いま何に興味を持っているのかを知ったり、次に何が流行るのかというヒントを得ることもあります。彼女たちは元気いっぱいで、満員でも朝からよく話しますね。


成宮雄三の経歴・略歴

成宮雄三、なるみや・ゆうぞう。日本の経営者。子供服ブランドを多数展開するアパレル会社ナルミヤ・インターナショナル創業者。広島県出身。明治時代から続く呉服店(ナルミヤ)に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業後、高島屋に入社。ニューヨーク店に勤務したのち、父の病気を機に退社し、兄がやっていた家業の洋服卸部門を引き継ぐ。Kファクトリーなどのヒットで業績を上げたのち、アパレル部門を分離独立させ「ナルミヤ・インターナショナル」を設立。当時競合他社がほとんど目をつけていなかったジュニア市場の子供服を取扱い、同社を急成長させた。主な著書に『9割反対、だからうまくいく』『チャンスは6時の方向にある』など。

他の記事も読んでみる

岩崎博之(経営者)

顧客の要望を知ろうとアンケートやヒアリングを行ったことはありません。モノ作りに必要なのは「顧客満足」ではなく「顧客誘導」だと思っているからです。顧客誘導のポイントは「顧客の顧客」を喜ばせること。メディカル・データ・ビジョンで言えば、病院の顧客である患者さんにプラスとなる商品やサービスを顧客である病院に提供することです。患者さんがその病院に行くようになれば、顧客である病院にメリットが生まれ、必ずその商品やサービスは普及します。


戸田覚

期間が短い大変な仕事こそ、チャンスだと思うべきです。短時間で仕事を終わらせることができれば、発注した相手からは高く評価されるでしょうし、なにより、締切りが近い仕事ほど方向性がブレることはありません。短時間で最大のパフォーマンスを出せる仕事こそが、自分の時間価値を上げてくれる良い仕事だと認識すべきでしょう。


浜川一郎

印象に残っているのは、やはり統合だ。三和と東海が統合してUFJになったときは人事の次長、UFJとMTFGが統合したときは統合企画室長だった。統合はどちらか片方に寄せるとうまくいかない。両行の政策の中から、お客様にとっていいもの、銀行にとっていいものを冷静に選ぶことが必要。直接関わった人間としていうと、その点ではとてもうまくいったと思う。


飯田久恵

不要なモノを捨てるときのポイントは3つ。「15分だけやる」「間引きする」「場所を限定する」です。


多部未華子

周りに甘えられる時は甘えればいいし、つらい時はつらいと言えばいい。そう気づいたら、すっと楽になった。


佐藤孝幸

今年は忙しいからといって、来年になれば時間に余裕ができるとも限りません。何の確証もないまま、来年は時間的余裕が生まれるということを前提に計画を立てるのはナンセンスです。


日覺昭廣

小さなコスト削減の積み重ねも重要ですが、その上で、製造プロセスを根底から見直すことができればコストを大幅に削減できます。それを我々は革新的プロセス改善と呼び、コスト削減の切り札と捉えています。


梅森浩一

挨拶の仕方や起床時間、会話の内容やランチの店など、できる先輩がなぜそのような行動をしているのか、それがどう仕事に影響しているのか。そう意識しながら先輩を真似ていくと、たとえば歯の浮くようなお愛想が、実は人間関係に役立っていたりと、予期せぬ因果関係に気づくはずです。一挙手一投足を真似することで、自分に足りないものが実感としてつかめてくるのです。


米重克洋

顧客を報道機関に限る必要はないと考えています。事件や事故、災害の情報を欲しがるところは案外多いですから。たとえば警察もそう。昨年、福岡のスーパーで屋根の庇(ひさし)が崩れ落ちた事故がありましたが、ファストアラートに入ったのが5時8分で、警察に通報があったのが5時35分。つまり最近の人は通報するより先にSNSにアップしてしまう。現実がそうなっているので、警察も通報を待つだけでは不十分だという考えになりつつあります。具体的なことは明かせませんが、いま各方面とお話ししています。


藤田寛之

自分は目の前の目標に対して階段を一段、一段、着実に登っていく作業をしているだけ。スーパースターと呼ばれる人は、そこで二段、三段、ぽんぽんっと上がっていくことができるわけです。でも、飛ばした段の分だけ、けがをしたり、疲れて立ち止まったりということもあるんでしょう。自分は一段一段、彼らよりも時間はかかったけれど、気づけばこの年で自分でも知らない、上まで上り詰めていた。十段先のものを想像するのではなく、一歩一歩。


平井伯昌

選手が「調子が悪い原因が分からない」と言っても、コーチが分からないようでは居る意味がない。何の策もなく、ただ「自分を信じて」などと声をかけても、選手の不安はそう簡単に拭えません。


小野寺正

都合のいい情報だけを聞かされれば、どんな人でも判断を間違う。