名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

成井弦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

成井弦のプロフィール

成井弦、なるい・げん。Linux Professional Institute Japan(LPI-Japan)理事長。神奈川県出身。武蔵工業大学電気通信工学科卒業、米国カンサス州立ウィチタ・ステート大学大学院電気工学科修士課程修了。DECインターナショナル入社後、日本DEC取締役、米国DECの教育・コンサルティング事業担当副社長、日本SGI副社長などを経て、リナックス技術者認定制度「LPIC(エルピック)」などを行うLPI-Japanを設立し理事長に就任。

成井弦の名言 一覧

日本の競争力が急速に落ちている大きな理由は、日本の経営者が従来型のビジネスモデルのみをベースに企業経営をしてきた点にあります。


知的所有権を主張せずに開発に多くの人が無償で参加する事象は、ソフトウェアだけにとどまりません。世の中のいろいろな分野で起きており、私はこのような活動を「オープンソースムーブメント」と呼んでいます。たとえば、投稿型の料理のレシピサイトがありますが、そこで掲載されているレシピは、すべてユーザーの投稿です。自分の作った料理のレシピを多くの人に利用してもらえることが喜びにつながるわけですね。


仮に、オープンソース方式で100人の技術者が開発に参加する場合は、間違いなく100人全員がその開発プロジェクトに個人的な興味や熱意があります。一方、企業が100人の技術者を投入する開発プロジェクトではそのプロジェクトに個人的な興味や熱意を持つ人はほんのひと握りです。大半の技術者は好き嫌いとは関係なく社命として開発業務に従事します。両者を比較した場合、明らかにオープンソース方式で開発されたソフトウェアの方が良いソフトウェアとなります。プログラムのバグ(不具合)を修正する、地道なデバッキングといった作業ではこの差はもっと顕著に現れます。リナックスの開発スピードが早くまた完成度が高いのは当然だと言えるかもしれません。


成井弦の経歴・略歴

成井弦、なるい・げん。Linux Professional Institute Japan(LPI-Japan)理事長。神奈川県出身。武蔵工業大学電気通信工学科卒業、米国カンサス州立ウィチタ・ステート大学大学院電気工学科修士課程修了。DECインターナショナル入社後、日本DEC取締役、米国DECの教育・コンサルティング事業担当副社長、日本SGI副社長などを経て、リナックス技術者認定制度「LPIC(エルピック)」などを行うLPI-Japanを設立し理事長に就任。

他の記事も読んでみる

牛久崇司

上司からは、常に現場に行き、出てきた数字の背景にあるものを確認することを教わりました。ただ数字を見るだけでなく、現場におもむくことで信用を得て、相談を受けるようになることが大事だと。その経験は社長になったいまも、かけがえのない財産として生きています。


西川りゅうじん

これから話題になりそうなマイナーなものを見つける。インパクトがあり、周りに話したくなり、口コミに乗りやすい。


ジョン・ウッド

従来の慈善活動と違うのは、ビジネス同様、目的を設定し、効率を追求し、結果を出していることです。効率の良い運営で成果を上げているため、ゴールドマン・サックスやアクセンチュアといった大企業も、我々の活動を評価し、サポートしてくれています。


佐々木常夫

人事は非常です。自分では心構えをしているつもりでも、意に沿わない辞令を渡されれば動揺は隠せません。しかし、そんなときこそ潔く受けて、自分をしっかりと磨くチャンスにすべきです。


山中伸弥

日本が生きていく大きな道のひとつは、科学技術立国だと考えています。研究者や技術者はみな、科学技術立国たる日本を背負っているのだと自負しています。若くて柔軟な人が次々と研究に従事するようになれば、もっと伸びていくでしょう。


大川隆法

経営者の側から見ると、不況の時期は、ただただイエスマンに囲まれていたら、会社が潰れる時期でもあります。したがって、この時期は、ディベートというか、議論を積極的にぶつけ合っていかなければならない時期です。


泉谷直木

十種競技ならトップの私の点数が一番高く金メダルをとるかもしれませんが、個々の種目においては私よりももっと高い記録を出す人がいる。そんな集団が一番強いのです。だから、各部門で私を超える社員をつくることが私の社員教育の基本方針です。もしすべての種目で私を超える人が現れたら、その人に社長の役割を渡します。


八木洋介

私は常々、「人で勝つ」と言ってきた。人事は経営の根幹だ。どんなに優れた経営戦略だとしても、実行する人によって成果は変わる。人材による差別化こそ、厳しい競争と変化の時代で勝つための競争力の源泉だと認識すべきだ。


雲川俊夫

経営者として自慢できることは皆無ですが、ひとつ誇れることがあります。社長になったとき、社員は1141人でした。現在は1096人です。国際輸送業者として世界的な営業網を充実させ、業績は伸びましたが、社員数は逆に減りました。むろん、リストラで減らしたのではなく、採用抑制による自然淘汰です。


梅原勝彦

私どもの会社は、受注してから製造現場が動き始めるまでが、とにかく早い。以前、あるテレビ番組の取材を受けたとき、「いま来た注文に、5分後には取りかかります」と私が言ったところ、社員に「相談役、3分です」と訂正されました。それぐらい早いのですが、それも人と設備にややゆとりがあるからこそ。こういう「いい無駄」はある程度ないといけません。これも企業の力なんです。


大山健太郎

当社には、売上げ全体の中に占める「新商品の売上」の比率を5割にせよ、という決まりがあります。ロングセラーにばかり頼っていると、進歩がなくいずれ会社が衰退してしまいますから。立ち止まることができない仕組みになっているのです。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

千人もの人が愛すべき長所を持ちながら、嫌な感じを与え、千人もがそれ以下の才能しかないのに好感を与える。そのわけは、一方は「ありのままの自分でないもの」に見られようとし、他方は「見えるとおりの人間」だからである。