名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

恩蔵直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

恩蔵直人のプロフィール

恩蔵直人、恩藏直人、おんぞう・なおと。日本の大学教授。専門はマーケティング、ブランド戦略、製品戦略、市場参入戦略、セールスプロモーション。神奈川県出身。早稲田大学商学部卒業後、早稲田大学商学部助手、早稲田大学専任講師、早稲田大学教授、早稲田大学商学学術院長・商学部長などを歴任。そのほか、日本消費者行動研究学会会長、公認会計士試験委員、エステー株式会社社外取締役、商品開発・管理学会会長、放送大学客員教授なども務めた。

恩蔵直人の名言 一覧

マーケティング理論を理解すると、身近なヒットや現象が正しく分析できる。新しい仕事を生むヒントになる。


いまや、様々な製品がコモディティ化しています。すなわち差別化の要素を打ち出しにくくなっているのです。従来にない、他社にないものを生み出すイノベーションが求められますが、どれほど革新的であってもニーズを的確にとらえていなければ、空振りに終わってしまうわけです。


イノベーションとマーケティングのどちらが先に動き出すかはケースにもよりますが、一方の車輪だけで競争に勝つのは難しい。両方をバランスよく駆動することで製品やサービスは市場で成功するのです。


マーケティングの本を何冊も読むぐらいなら、フィリップ・コトラーの『マーケティング・マネジメント』を1冊通読する方が理解、習得の近道。


恩蔵直人の経歴・略歴

恩蔵直人、恩藏直人、おんぞう・なおと。日本の大学教授。専門はマーケティング、ブランド戦略、製品戦略、市場参入戦略、セールスプロモーション。神奈川県出身。早稲田大学商学部卒業後、早稲田大学商学部助手、早稲田大学専任講師、早稲田大学教授、早稲田大学商学学術院長・商学部長などを歴任。そのほか、日本消費者行動研究学会会長、公認会計士試験委員、エステー株式会社社外取締役、商品開発・管理学会会長、放送大学客員教授なども務めた。

他の記事も読んでみる

むらかみかずこ

一筆箋を書くとき気負いは禁物です。形式や作法に捉われず、おおらかに構えてOK。字を間違っても、最初から書き直す必要はありません。相手の名前や会社名を間違えてしまった場合は書き直さなければなりませんが、それ以外なら修正液で直すだけでも十分です。なぜなら相手は、「わざわざ手書きしてくれた」ということだけで十分に嬉しく思ってくれるからです。相手のためだけに手書きで思いを綴る、その気配りそのものが大事なのです。「手書きするだけで価値がある」と心得て、あとは気軽に楽しく、一筆菱のコミュニケーションを活用しましょう。


松﨑晃一(松崎晃一)

人は怒りの感情が生まれた瞬間にアドレナリンが放出されます。いわゆる頭に血が上った状態に。だから冷静に判断できず、暴言や暴力に走りやすくなるんです。ただし、怒りの感情は6秒後には急激に治まっていきますから、その6秒をやり過ごすワザを覚えればいいのです。


宮沢俊哉

お客様には「物理的クレーム」だけでなく、「心のクレーム」もあります。最初は「ここに隙間がある」という物理的なクレームから始まる。こちらが相手の意を汲み取らずに「それは隙間ではありません」と反論すれば、段々「この担当者は私の言うことを聞かない」と心のクレームに変わっていく。お客様の立場になって気持ちを感じて対応すれば、やわらいでいきます。


西本幸雄

イワシも大群になると力が出る。みんなが心底から力を合わせることによって、何かが可能になる!


徳重徹

大学受験に失敗し浪人していた頃、すがるものが欲しくていろいろな本を読んだ。


稲盛和夫

ひとつの分野だけではそのビジネスが苦境に陥れば会社が傾いてしまいます。そんな事態を避けるためには、会社を変革し事業を多角化していく必要がある。


宮津純一郎

NTTにとっては技術の流れを読むことが最も重要なのですが、実際にはそれだけでは済まない。日本の通信業界のリーダーとしての立場がある。ユーザーからの注文も厳しい。巨大な組織ですから雇用問題も避けて通れない問題です。こうした複雑な要素を解く方程式を編み出すことなど土台無理で、自分なりの歴史観を持たなければ経営判断などひとつも下せなかったというのが本音です。


宮内義彦

現在では人事評価を少しでも間違うと、優秀な人材が会社からいなくなる可能性が高くなっています。人事評価は「真剣勝負の時代」になりつつあります。正しい評価に基づいた報酬制度にしないと、他社でもっと良い処遇を受けられる自信のある社員や実際にそういう実力を持った社員は、次々と会社を辞めていくかもしれません。


木村祐一

自分の意見というのは、種のようなものですかね。どんな芽が出るかわからないけど、蒔かないとなんにもならない。それくらいの心構えでいいんじゃないですか。


遠藤功

日本人は、とかくネイティブのような完璧な英語を話そうとして挫折する傾向にあります。私に言わせれば、努力の方向が間違っているのです。今さらネイティブのようにペラペラ話せるようになるのは無理な話です。使える英語で必要なのは、コミュニケーションを取ろうとする「姿勢」、研ぎ澄まされた「コンテンツ」、伝えるための「ツール」としての英語なのです。


本田直之

ハワイで暮らしたいという夢を叶えるために、私がしたことは「何を捨て、何を残すか」という選択を自分で決めることでした。たとえば仕事を覚え、給料も上がり、居心地のいい状態でしたが、私は会社を辞めました。夢のためには語学力と経営力が必要だと思い、米国でMBAを取得するという選択をしたのです。


齋藤匡司

突然現れた日本人に対し、当初は反発の声もありましたが、根気強くスタッフ達と向き合い続けました。また、優秀な部下をワールドワイドのトップと面接させて彼の夢である海外勤務を実現させるために、私のビジネスクラスチケットをエコノミークラス二枚に変えてパリ出張に同行させるなど、部下が将来を切り拓くきっかけづくりも積極的にしました。こうして3年間の任期を終えてシンガポールを離れる時には、スタッフ全員が早朝の空港まで内緒で見送りに来てくれ「World Best Boss賞」と刻まれた金メダルを贈ってくれました。私の人生で忘れられないサプライズでした。
【覚書き|「ロレアル」のシンガポール法人でゼネラルマネージャーをしていた当時を振り返っての発言】