名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

忽那憲治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

忽那憲治のプロフィール

忽那憲治、くつな・けんじ。日本の経営学者。「神戸大学大学院経営学研究科」教授。愛媛県出身。大阪市立大学商学部卒業、同大学院経営学研究科博士課程前期課程修了、商学博士号を取得。日本証券経済研究所大阪研究所研究員、大阪市立大学経済研究所講師・助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授などを経て教授に就任。

忽那憲治の名言 一覧

イノベーションには持続的なものと破壊的なものの2つがあり、大企業が得意なのは既存技術を発展させる前者。しかし、技術が急速に進化する今、本当に必要なのは、将来、自社の事業を脅かしかねない破壊的イノベーションだ。そうした技術を持つスタートアップにいち早く出資、買収して取り込む。それが大企業自らがスタートアップに投資する本来の姿だ。自社の研究や事業を否定することにもなるが、その覚悟が経営者には求められる。


忽那憲治の経歴・略歴

忽那憲治、くつな・けんじ。日本の経営学者。「神戸大学大学院経営学研究科」教授。愛媛県出身。大阪市立大学商学部卒業、同大学院経営学研究科博士課程前期課程修了、商学博士号を取得。日本証券経済研究所大阪研究所研究員、大阪市立大学経済研究所講師・助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

鹿田尚樹

本をただ漠然と読むだけではもったいない。目的意識のある読書を心がければ、かけた時間やお金以上のリターンを得ることは十分可能です。


木川眞

私は2011年4月にヤマトホールディングスの社長に就きました。東日本大震災の直後です。就任時、経営トップ3人で相談して大きな決断を下しました。宅急便1個につき10円の寄付です。その前年の宅急便取扱個数は約13億個でしたから、概算すると寄付総額は130億円以上にも達します。年間純利益の約4割ですから、相当の覚悟が必要でした。株主や社員が理解してくれるかわからない。最悪の場合、株主代表訴訟のリスクもある。それでも決断した最大の理由は、宅急便、とりわけクール宅急便を育ててくれた東北の被災地に恩返しをすべきだという思いです。もうひとつは、社員に対して平素から言っていた「世のため人のため」「サービスが先、利益は後」という経営理念を具体的な形として見せることでした。


新井直之(執事)

本当のお金持ちは、たくさんの方々に支えられ、数十億円、数百億円という資産を築かれています。目力と笑顔は、大富豪を支え、応援する人たちを作り出す原動力となっているのです。人間関係の基本は1対1のコミュニケーションにあります。目力のある人が目線を合わせ、相手の話を聞くと、それだけで「しっかりと受け止められている」という印象を与えます。つまり、目力があれば相手の自己承認欲求を満たしてあげることができるのです。この無言の力がお金持ちの印象を「信頼できる」「大切に扱われた」「真剣に向き合ってくれた」というふうに、良いものへと変えていきます。


杉道助

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


セネカ

生きることを止める土壇場になって、生きることを始めるのでは、時すでに遅しではないか。


守安功

ディー・エヌ・エーが創業以来の急成長をつづけてきた理由のひとつは、「人材の質」に強くこだわったことです。人材の質といっても、単に仕事がデキるというだけでは十分ではありません。成長意欲やポテンシャルも含めたトータルの質なのです。


ロバート・キヨサキ

セールスの出来る起業家が一番多く儲けるし、より優秀なリーダーになる。セールスのスキルが未熟な起業家は、たいていはろくに収益をあげることが出来ず、多くの借金を抱え、ビジネスを成長させることが出来ずに苦しんでいる。


正力松太郎

多くの人は人の成功を嫉み、反感を持ち、誤解する。嫉みや反感や誤解されるのが嫌だったら、何もしないで役に立たぬ人間になるだけだ。


池田全徳

数あるステークホルダーのなかで、最も重要なのは従業員だ。従業員が一生懸命に働けば企業も利益を生み、製品や税金、配当などで社会に貢献できる。


田中裕輔

商談では相手に何をしてほしいのかを事前によく考え、それを冒頭で伝えることがとても重要です。新商品を買ってもらうのでも、なぜ買ってほしいと思うのか、その理由を明確にすることで相手に強力なインパクトを与えることができるようになります。


佐藤綾子(心理学者)

人間の頭はどこまで記憶できるか。アメリカの心理学者の研究によると「7つまでは記憶できる」という説もありますが、一般的には3つくらいのほうが人に聞いてもらえます。短時間でポイントを6点も7点も次々に話されると、それぞれの印象が薄くなります。そのため、「三本絞り」は、短いプレゼンの必勝法のひとつなのです。


大浦溥

優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。