名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

志賀直哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

志賀直哉のプロフィール

志賀直哉、しが・なおや。白樺派を代表する小説家の一人。短編小説と無駄のない文章が高く評価され、小説の神様と称えられた。のちの作家たちに大きな影響を与えた人物。約10歳年下の芥川龍之介が自分の創作上の理想と評した。代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』『清兵衛と瓢箪』『網走まで』『赤西蠣太』。東京帝国大学国文科中退

志賀直哉の名言 一覧

素人か玄人かは、その仕事に対する作者の打込み方の相違だ。


幸福というものは、受けるべきもので、求めるべき性質のものではない。求めて得られるものは幸福にあらずして快楽なり。


誰にでも天賦はなにかしらある。これをやるために生まれてきたみたいな何かが。なかなか見つからないけど、それを見つけたら、焦ることはない。


仕事は目的である。仕事をはっきりと目的と思ってやっている男には、結果は大した問題ではない。


読んだだけ、聞いただけがただ残っていくという意味の物知りがある。これは知恵というものにはならない。


自己嫌悪がないということは、その人が自己を熱愛することのない証拠である。自己に冷淡であるからだ。


志賀直哉の経歴・略歴

志賀直哉、しが・なおや。白樺派を代表する小説家の一人。短編小説と無駄のない文章が高く評価され、小説の神様と称えられた。のちの作家たちに大きな影響を与えた人物。約10歳年下の芥川龍之介が自分の創作上の理想と評した。代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』『清兵衛と瓢箪』『網走まで』『赤西蠣太』。東京帝国大学国文科中退

他の記事も読んでみる

出澤剛

スマートフォンの登場で情報の取得の仕方が大きく変わりました。それを受け、ユーザーのニーズに合わせる形で「LINE」のコミュニケーション機能を付加価値として付け、サービスをユーザー本位に変えて提供してきました。これが「スマートポータル戦略」です。ゲームから始まり、ニュース、マンガ、音楽、金融へとつながってきたということです。


西川光一(経営者)

創業者の父を越えたいという思いはまったくないですね。創業者を越えようというのは、血がつながっていようといまいと、考えない方がいい。


松原泰道

人は感動がなくなると老化が始まる。


荻田伍

会社の最大の目標は存続だといわれます。アサヒビールは来年、創業120周年を迎えます。先輩方がしっかりとつないでくださった会社を、いい形で次世代に引き継いでいく。これが私たち現役世代の役割だと考えれば、商品開発も営業も収益構造の改善もおろそかにはできません。


藤森義明

私が見ていてつくづく大変だと思ったのは、GEの幹部候補たちは単に結果を出すだけではなく、同時に優れたリーダーシップを発揮することも要求されていたことです。いくらいい数字を出しても、部下がついてこない人物はCEO候補から外されてしまう。まして、自分がCEOになるために部下を踏み台にしているような人物は、その事実が露呈した瞬間にレースから排除されてしまうのです。


清水康一朗(清水康一郎)

主催者は口コミで集め、コンテンツも主催者に作っていただく。すべて全自動でサイトでお金が回っていく方法を最初から考えていました。


ヘミングウェイ

氷山の動きの持つ威厳は、それが水面上に8分の1しか出ていないことによるものだ。


新将命

経営理念には「トップの強いコミットメント」が最も重要。企業理念の作成と決定は、経営者が絶対に権限委譲してはいけない項目の一つ。企業理念は社長が決めるべき。決して多数決などとってはいけません。ただし、社長の独断にならないよう社員間の議論は必要です。トップの独りよがりな理念では社員に浸透していきません、社員の思いが反映されるように話し合いを行ない、その上で社長が決めるのです。


高橋恭介(経営者)

社員のうち本当に優秀なのは上位2割だけ、などとよく言われますが、評価制度に納得感がないと、この上位2割の人材から離れていきます。社員の働きを正しく評価できる制度がない会社は、淘汰されると言っても過言ではないでしょう。


プブリウス・シルス

多くの人々は他人から忠告を受ける。しかし、忠告されることによって利益を得るのは賢者だけだ。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスでもプライベートでも、人と会ったら必ず、私との出会いでその人の人生が少しでも良くなるように心がける。そのためには相手が何を価値と感じるか知る必要があるので、相手を大切に思い、話をよく聞くようになる。


ひろゆき(西村博之)

10代、20代はモバゲーやミクシィで、30代、40代は2ちゃんねるという話も聞いたことがありますが、あり得ない話ではないと思います。やはり、ある程度年齢がいっていないと、文字を読んで面白いと感じないかもしれません。