心屋仁之助の名言

心屋仁之助のプロフィール

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

心屋仁之助の名言 一覧

プライベートを充実させるほどに、仕事の成果は上がる。


仕事に「100点」はあり得ません。どんなに成果を上げても、常に上には上がいて、新しいハードルを意識しなくてはなりません。


100点にこだわることは仕事上でもマイナスに働きます。なぜなら、常時自分を駆り立てていると、いずれ疲れて、すり切れてしまうからです。


職場に困った人がいる場合など、相手によって100%解決しないこともあるでしょう。しかし、もののとらえ方を変えていくだけで、あなたの心は随分軽くなるはず。


無用な罪悪感を手放したとき、人は人間関係だけでなく、人生そのものをより明るく、自由なものへと変えていける。


上手くいった結果を当然と見なせばハッピーな気分になり、上手くいかない結果に照準を合わせると憂鬱になる。


「習慣化できない」と言う人にかぎって、イメージするレベルが高すぎる。完璧でないと「できる」と言ってはいけないと思い込んでいる。合格点は、100点中15点くらいでいいし、そもそも合格点は自分で決めればいい。


やる気が出ないということは、「やりたくない」ということ。人間、やりたくないことには身体が動かないようになっている。やる気が出ない、続かないことは、自分にとっては「続けなくてもいいこと」。


自信は実際の能力や美点と直結するわけではありません。自信のある人は自分の短所をさほど気にしませんし、自信のない人はどんな長所があってもそれを認めようとしません。その見え方が、自信の有無を分けるのです。


これまでの凝り固まった自分の価値観を疑うことがポイントです。これまで使ったことのない言葉を発し、価値観に揺さぶりをかけることによって、「自分が思っているより自分は良いところがある」、そして「思っているよりダメな所もある」と気づきます。その両方が視野に入っていれば、ダメな所も笑って受け入れることができます。


不毛な状態を抜け出す方法は意外に簡単です。「どうせ○○だ」の○○の部分をいいフレーズに変えていくだけでいいのです。いつも通りのうんざりした表情で、「どうせまた信用されちゃうなあ」「どうせ上手くいって褒められるんだろう」「どうせ私、できる人だから」というように言ってみるのです。最初は強烈な違和感にかられるでしょう。ところが繰り返すうちに気持ちが変わります。自分の発したそれらの言葉から「そういえば……」と思うような、プラスの記憶がよみがえってきます。


憂鬱は増幅するという厄介な傾向を持っています。憂鬱な人は、しばしば「どうせ」上手くいかない、という言葉を口にします。この「どうせ」が曲者です。この言葉を言うと、次は「やっぱり」という言葉が引き寄せられるという現象が起こるのです。どうせ自分は仕事ができないから、どうせ目の敵にされるから……と考えていると、ことあるごとに「やっぱり僕はできない」と感じることが増えます。本当に「できない」からそうなるわけではありません。「できないに違いない」と決めているから、その証拠を探したいのです。


私はゴルフでショットを打つときにまっすぐ飛ばしたいときも右に曲げてしまう癖があります。というより、自分でそう思い込んでいます。そして実際に右に曲げてしまうたびに「ほら、また曲がった」と感じます。もちろん、ときにはまっすぐ打てることもあります。しかし、そんなときはなぜか「いやあ、たまたまだよ」と言ってしまいます。自信のある人はその逆です。しょっちゅう右に曲げていても、そちらを「たまたま」だと言い、上手くまっすぐ飛べば「また上手くできた」と喜ぶものなのです。つまり問題は基準をどこに置くかにあるのです。


憂鬱になりがちな人は、自分の評価をすべて人に委ねる傾向があります。人にどう思われようと自分で自分を尊重できるだけの基盤がないのです。憂鬱から抜け出すには自信という基盤が必要ということになります。


仕事が憂鬱で毎日が灰色。そんな人たちは、それぞれどんな心を抱えているのでしょうか。共通しているのは「言いたいことを言っていない」「したいことをできていない」状態にあるということです。つまり、人は憂鬱になるとき、何かを我慢しているのです。


「私はこんな人間なんだ……」と落ち込むのではなく、「私はこんな人間なんだ!(笑)」と笑ってしまいましょう。勝手にダメ人間だと思っているだけで、そんなことくらいできなくてもいいのです。だって、できないんですもの。それが自分なのです。わざわざポジティブに考えることさえ必要ないのです。


何かが習慣として続いているなら、たまたま好きだったり、たまたまやめるタイミングを逃したり、たまたま環境が良かったり……、全部「たまたま」です。続かなかったことも同じ。そんなことにこだわるより、好きなことをやりましょう。そうすれば、自ずと続くはず。


結局、習慣に「良い」も「悪い」もないというのが僕の考えです。習慣に良いとか悪いとかをくっつけるから、「早起きも続けられないから、仕事もできないんだ」と自分を責める理由になってしまう。早起きしたい人はすればいいし、したくない人はゆっくり起きたらいい。


せっかく生まれてきたのに、やりたいことをやらないのはもったいない。そんな人生は死んでいるのと同じです。今、僕は好きなことを、好きなようにやるために生きています。なぜなら、僕が思い切り楽しむことや僕が勇気を出して好きなことをすることが誰かの背中を押して、人生の道を開くからです。


周囲から受けた親切を、その都度「返さなければ」と思う必要もありません。笑顔で受け取ることで、してくれた相手も幸せになれるのだ、と考えれば良いのです。そうした懐の広さが、周囲にも安心感と喜びを与えます。


心を満たすことは、「流れに乗る」ことです。ときには仕事を後回しにして、自分の時間を作る。自分の大切な家族とコミュニケーションを取る。自分が好きなもの、したいことを問い直し、それを我慢せずに勇気をもって実行する。そうして心を満たしていくと、本来の自分自身を輝かせることができます。それが、より良い結果を生むことにもつながる。


「デキるビジネスマン」として日々邁進している人は、多かれ少なかれ自分自身を犠牲にしているところがあります。睡眠、食事、休みや遊びといった自分のための時間を削ってでも働こうとする人も多いでしょう。しかしこれでは、本当の意味で自分の心を満たすことができません。心を満たさないままで前に進もうとすることは、「流れに逆らう」ことでもあります。


すべての人間関係を円滑にしようと思うのは、土台無理な話です。悩みやすい人はとかく「100点」を目指しがちですが、一人や二人合わない相手がいても、それが当たり前、と考えることが重要。


攻撃されたときに、心の中で「私はあなたの味方ですよ」とつぶやいてみる。これにより、自分の中にある相手への不快感がリセットされ、無用な反撃や意気消沈を防ぐことができます。


心の中で勝手に増幅させている被害妄想を止めることができたら、現時点で抱えている悩みの7割は消えるはず。残り3割が「本物」であったとしても、受け止める余裕が出てくるでしょう。


圧的に怒鳴るタイプの人は、実は臆病な性格を持っています。すぐに噛みつく犬と同じで、「自分が攻撃された」という恐怖心を感じるたびに、猛烈に反撃してくるのが特徴です。それを知っていれば、ある程度落ち着いて対処することができるようになるでしょう。


「自分軸」ができると、人にどう思われるかが怖くなくなります。それによって日々の人間関係も変わり、悩みも減るでしょう。対人関係の悩みはこれだけで、多くが解決すると僕は思います。


母親の顔色をうかがって生きてきた子供は、行動や価値観の中心軸を自分に置かず、他者に置く習慣ができています。ですから大人になっても、周囲の顔色をうかがい続けます。


カウンセラーとしての経験から言いますと、人間関係で悩みやすい人には、明確な特徴があります。それは一言で言うと「真面目」だということです。いわゆる「いい人」と言い換えてもいいでしょう。いい人であることは、本人にとって息苦しいものです。周囲の人々全員に対して、いい人で居続けることはまず不可能だからです。


クルマ好きは意識しなくても珍しいクルマを目で追いかけます。自分を騙そうとしても、本当に好きなものは自然に目に飛び込んでくるのです。小さいころに教師に憧れていた私の場合、人に教えることがどうしても捨てきれない「実は好きなこと」でした。


私はずっと、職場や家庭での人間関係で悩んできました。だから、心理学の勉強にも一生懸命取り組んだし、人間関係の問題を乗り越える方法も知っています。心を悩ませた分、実体験を通じて「生きたノウハウ」を身につけられました。このように、悩みは強みに変えられるのです。


自信満々で独立する人など、ごく少数派です。私もそうでしたが、普通は不安を抱えながら独立を目指すものです。このとき、「どうせ自分には無理」などのように否定的な自己イメージが強いと、次の一歩は踏み出せません。


恐れを乗り越え、やりたいことを発掘するには「最悪の状況を想像してみる」のが効果的です。たとえば、独立しても仕事がなく、家を追い出されて家族から見捨てられる……。そんな未来をできるだけ具体的に想像しましょう。すると、現実はここまでひどくならないと気づけるのです。


会社員時代、当時の年収約1200万円を捨てるのは恐怖でした。だから、自分のやりたいことに気づかぬようにし、諦めていたのです。ただ、定年まで死んだような毎日を過ごすのも嫌でした。そこに気づいてから恐怖と諦めを徹底的に排除したんです。すると、天秤が反対側に乗っていたやりたいことの側に自然と傾きました。


本当にやりたいことは、皆わかっています。でも、多くの人は「どうせ私には無理」と諦め、選択肢から外しているのです。例えるなら、お寿司が好きな人がファミレスに行くようなものです。好物でもないメニューの中から料理を選ぼうとしても、意欲は湧きませんよ。それと同じで、できそうだが熱意を持てない仕事だけを考えているから、何をしたいのかわからない、やる気が出ないと感じるのです。


会社を維持するには、持続的なエネルギーが不可欠です。怒りや嫉妬といった負のエネルギーは、最初は強力だけど長続きしません。やはり、楽しい・面白いと思える仕事の方が、情熱を持って取り組めるでしょう。ただ、それだけでは不十分です。「悩み=強み」を通じて誰かに貢献することで報酬を得て、初めてビジネスとして成り立つのです。この2要素が化学反応を起こしたとき、あなたも自分の使命に気づくはずです。


僕は51歳からピアノを始めて、その8か月後に日本武道館で開催されたコンサートで、4曲もピアノの弾き語りをしました。昔からピアノが弾けたらいいなと思っていたのですが、「いやいや今さら」とずっと自分で否定してしまっていたんですね。だけど、ある日「ピアノをやろう」と思い立ち、翌日には電子ピアノを買いました。それから毎日弾いたんです。もちろん、最初は思うように弾けません。でもそれが楽しい。そして毎日弾いていると、少しずつ思うように弾けるようになる。それがまた、さらに楽しい。武道館で披露する前に、小さなライブハウスで何度か人前で弾きました。たくさんミスをして恥をかいて、「よーし、今度こそ!」とさらに練習しました。ピアノが楽しいから、多少大変なことがあっても、ずっと続けているのです。


やめたいと思っているマイナスの習慣がある人もいるかもしれません。でも、いいんですよ。夜更かしをやめられない人は、夜更かしすればいいのです。たぶん、何かが楽しいから夜更かししているんですよね。夢中になって何かしていて、「あっ、もうこんな時間だ。あー楽しかった」と眠ればいいのです。それが、ネットでもゲームでも、なんの生産性のないことでも別にいいのです。ここで、「こんな時間になっちゃった。明日早いのに、なんて自分はダメなんだ」と思うことがいけない。翌朝も、もし眠くても「昨夜、楽しかったから寝不足なんだよねー」と笑えばいいのです。


そもそも「続けることは良いことだ」という価値観がおかしいのです。続けることは良いことだけれど、タバコなど、これは続けたら良くないとか言い出すから、もうわけがわからない。続ける・続かない、良い・悪いという価値観からまず自由になって、好きなことを思い切り楽しみましょう。それが結果として「習慣化」につながるのではないかと思います。


自分を責める人は、何をしても責めるのです。遊びすぎたといっては責め、働きすぎだといっては責め、仕事が続かないといっては責め、会社を辞められないといっては責める。カウンセリングで「もう自分を責めるのをやめましょう」と言うと、「自分を責めるのをやめられません」と、責めるのをやめられない自分を責めるのですから大変ですよ。


心屋仁之助の経歴・略歴

心屋仁之助、こころや・じんのすけ。日本の心理カウンセラー。兵庫県出身。桃山学院大学卒業後、大手物流企業に入社。現場営業や営業企画部門管理職として19年間勤務。その後、心理療法と出会い心理カウンセラーとして独立。性格リフォームを専門としたカウンセリングを行う。NLPマスタープラクティショナー。著書に『光と影の法則『性格は捨てられる』『人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本』『「自分がイヤだ!」と思ったら読む本』『「めんどくさい女」から卒業する方法』『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』など。

他の記事も読んでみる

稲垣えみ子

会社は修行の場。会社員の醍醐味って、つまるところ理不尽な人事なんじゃないでしょうか。文字どおり生死をかけた戦いですよね。その中をなんとか頑張って心静かに切り抜けて、マイナスのことをどうプラスに転じていくのか。尊厳をなんとかズタズタにされずに生き残っていくには大変な精神力がいる。お寺の修行も目じゃないくらいの精神修行。そういう場を与えてくれる会社ってやっぱりすごい。


嶋浩一郎

「伝える」という行為は、相手に会う前の準備から始まります。例えば、新商品の広告の企画をプレゼンする時に、クライアントについて、詳しく調べる。例えば「どの部署から何人来るのか」。私たちは普段、クライアントの宣伝部の方々と仕事をします。しかし、クライアントが大手の場合、様々な部門から人が来る場合がある。出席者すべてが宣伝部員だとしても、異動してきたばかりの人がいることもある。他部署の人や宣伝という仕事に慣れていない人は、広告に関する知識が少ないこともあります。それを私が忘れて「広告の基礎知識はあって当然」とばかりに話し始めたら、取り残される人が出てますよね。


三森久実(三森久實)

なぜ一軒の定食屋がこれほど成長できたのか。それは、お客様の存在、関係者の方々のご協力や従業員の働きがあってのことなのは言うまでもありませんが、「何が何でもこの店を広げよう」という志を立てたからだと私は思っています。それがなければ、海外に出店するほどの成長など、とうてい叶わなかったでしょう。


星野佳路

こだわりに立脚していれば、サービスのコモディティ化を避けることができます。


横山秀夫

男社会の保身というものの正体は「死の回避」ですよ。実際の死ではなくても、(社会的な)死には変わりないから、保身的行動をとることは、ある意味「死を恐れる本能」だという気がしますね。


三浦友和

じつは役者が出演を決める要素には3つあって「脚本」と「監督」、そして「主演」なんですよ。その意味ではこの作品(映画『64 -ロクヨン-』)にこれだけの売れっ子が集まったのは「佐藤浩市主演だからやる」って決めた人が多いと思うよ。僕もその1人だしね。


田中稔哉

仕事の指示をするときには、「なぜこのような方法をとる必要があるのか」を丁寧に説明することも重要です。「黙って俺の言うとおりにやればいい」とろくに説明しない人がいますが、それでは指示待ち人間が生まれるだけ。「自分の頭で考えられない」のは、教える側の問題です。


関口康

数年前、ある新薬の治験で、上手く結果が出なかったことがありました。これを挽回するために、社内からは「早く新しい治験に取りかかるべきだ」という声があがりました。しかし、私は失敗の原因を徹底的に追求するよう指示しました。その結果、原因がわかるまで1年かかりましたが、この1年が遠回りだったかというと、決してそうは思いません。あのまま新しい治験を始めていたら、おそらく同じ失敗をして、きっといま以上に時間を要していたでしょう。


柳井正

商品をつくるというと、みんな技術の問題だと勘違いしている。そうではなくて、つくるというのは、お客様のためでしょう。お客様の生活をより良くして、ああこんなものがあったらいいなというものをつくっていく。それは製品の使い方とかマーケティングとか、商品化していって、買いたいなと思ってもらい、買ってよかったなと思ってもらう。そういうものにしないといけない。


齋藤孝(教育学者)

打ち合わせや会議なども時間を計り、分単位で管理すべきです。たとえば打ち合わせの際、最初に「この打ち合わせは5分で終わらせましょう」とはじめに決めておく。5分しかないと思えば、私も相手も無駄な話はせず、重要なことから話し、時間内で結論を出すことを意識するはずです。時間に余裕がありすぎると、むしろ雑談に終始して、肝心なことを決められなかったりするのです。


渡辺文夫

社長業は全力投球すれば体力、気力から6年くらいがちょうど良いところではなかろうか。自分の方針を社内に徹底して実現することも、6年あれば十分であろう。


三木谷浩史

これまでのような東京セントリック(中心)の体制から、よりグローバルな体制に変えていこうと考えています。最終的に楽天は、日本企業というカテゴリーには入らなくなると思います。


大嶋信頼

同僚や部下の手柄を奪う人、足を引っ張る人、狡猾な手段を使って人を出し抜こうとする人……、なるべくなら関わりたくないようなタイプの人たちは、「嫉妬」という感情に駆られています。ここで言う嫉妬とは、「自分が得るべきはずのものを奪われそう」という苛立ちです。


石井純二

ベンチャーの課題は社長とともに動く経営人材が不足していますから、政府系の日本人材機構さんと提携して、「人材」という新たな切り口で経営コンサルを行う新会社をスタートさせました。これまで金融機関は成長のための資金は提供できますが、中に入って社長と一緒になって経営戦略を策定していくのは難しいことでした。専門人材を派遣していく、そうしたトータルサポートを目指した日本初のサービスです。こうした支援策もあるせいか、道内全域で新たな企業が誕生しています。


徳岡邦夫

失敗するたびに心が萎えてしまうという人は、考え方を変えてみてください。失敗をすればするほど、成功に近づいていく。このように考えれば、失敗をいつまでもひきずらずに済むはずです。


ページの先頭へ