名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

徳谷智史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳谷智史のプロフィール

徳谷智史、とくや・さとし。日本の企業変革/人財組織開発のプロフェッショナル。「エッグフォワード」社長。京都大学経済学部卒業。大手戦略系コンサルティングファーム アジアオフィス代表などを経て「エッグフォワード」を設立。著書に『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方』。

徳谷智史の名言 一覧

人間である以上、誰しも誤った判断をします。でも決断をすれば経験が積み重なり、決断力が鍛えられるので、失敗も貴重な経験です。問題なのは、人任せにして自分で決断しなくなってしまうこと。


夢の実現には、まず機会を創ること。自分より前に進んでいる人との接点を増やしたり、小さくても自ら新しい予定を入れることをおすすめします。


私が会社員時代、著名な経営者に起業の相談をした際に「それでキミはいつ、起業するの?」と聞かれハッとしました。期限を決めることで、逆算していまやるべきことが見えてくる。行動するなら「いま」。漠然とした「いつか……」は永遠にやってこない。


「昔から優柔不断で決断するのが苦手」「将来のことはわからないから決断できない……」という人も多いでしょう。でも人生は有限、時間には限りがあります。決断したら、それを周囲に宣言して、後戻りできないように追い込めば、あとは行動するだけです。


徳谷智史の経歴・略歴

徳谷智史、とくや・さとし。日本の企業変革/人財組織開発のプロフェッショナル。「エッグフォワード」社長。京都大学経済学部卒業。大手戦略系コンサルティングファーム アジアオフィス代表などを経て「エッグフォワード」を設立。著書に『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方』。

他の記事も読んでみる

鈴木宗男

自分の手柄を人のために回すだけの腹が据わっていれば、政治家の中で存在感が増し、子分も増え、政治基盤の強化にもつながってきます。私は竹下登先生のこの生き様から、権力をとるためには並々ならぬ奥深さや忍耐をもって臨まなければならないという厳しさを学びました。


三枝匡

企業改革の成否は、事前に用意する3枚セットのシナリオで決まります。そもそも経営者であれ社員であれ、ビジネスマンの行動は必ず3枚セットで動いています。1枚目が「現状認識・反省論」、2枚目が「方針・戦略」、3枚目が「アクションプラン」です。


林要(経営者)

コールセンターの女性の声がきれいだと、美人だと思ってしまうように、脳は勝手にファンタジーを生み出すもの。


関秀明

業界の市場環境、自社のポジションと強みを合わせて成長ストーリーを説明することで目標が共有できるようになる。


富田直美(経営者)

お客様と一緒に考えて、ロードマップを書いていくが、その通り行かないのが先端技術です。いきなり出来てしまうこともある。ここが面白いところ。


坪内知佳

必死にここまで走ってこられたのは、19歳の頃に「余命半年」と宣告されたからです。当時は大学の成績も優秀で、CAの内定も決まりかけ、順風満帆な人生でした。その矢先に、「死」を意識させられたんです。診断を重ねた結果、命を落とすほどの病気ではないことが判明したのですが、人生を見つめ直すきっかけになりました。その時、絶対に「後悔のない生き方をしよう」と決意したんです。


高田純次

苦しいときは苦しいんだから、ふざけている余裕なんかないっていうのももっともだけど、泣いても笑っても借金が減るわけじゃないんだから、あえてふざけてみる。笑ってみる。冗談を言う余裕もなくなると人は死んじゃうって考えるのは、単純すぎるかな?少なくとも、「今日電車に飛び込むのはや~めた。明日にしよう」くらいの効用はある気がするけど。で、明日になったら、宝くじ3億円が当たったりして。あるかもよ。


嶋田毅

バランスを欠いている時の「どっちもどっち」は、善悪の度合いを測ることを拒否した、思考停止による裁定です。これも、よくある不適切な思考パターンです。自分が裁定する立場であれば、思考停止の「どっちもどっち」に陥っていないか、自問してみるとよいでしょう。


アンジェラ・ダックワース

誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


太田彩子

営業は恋愛と似ていて、一発勝負で押すだけではダメなんです。押したら引いて、相手に選ばせて考えさせて、そしてまた忘れたころにやってくるというやり方で、少しずつ心を開いてもらうという感じでしょうか。


久野貴久

社会人の第一歩を経理部門からスタートしました。プラザ合意の年で、入社して半年間の原価と、それ以降の価格が全く変わるという経験をしました。当社の業績には為替相場や国際商品市況が直接影響するので、金融や経済に目が向くようになったし、会社の成り立ちの全容を見ることができ、その後の会社員人生の基礎となる経験でした。


川野幸夫

いろいろな業態の店がある中で、自分たちが何屋になるのかを明確にしていかないと生き残っていけない。