名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

徳谷智史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳谷智史のプロフィール

徳谷智史、とくや・さとし。日本の企業変革/人財組織開発のプロフェッショナル。「エッグフォワード」社長。京都大学経済学部卒業。大手戦略系コンサルティングファーム アジアオフィス代表などを経て「エッグフォワード」を設立。著書に『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方』。

徳谷智史の名言 一覧

人間である以上、誰しも誤った判断をします。でも決断をすれば経験が積み重なり、決断力が鍛えられるので、失敗も貴重な経験です。問題なのは、人任せにして自分で決断しなくなってしまうこと。


夢の実現には、まず機会を創ること。自分より前に進んでいる人との接点を増やしたり、小さくても自ら新しい予定を入れることをおすすめします。


私が会社員時代、著名な経営者に起業の相談をした際に「それでキミはいつ、起業するの?」と聞かれハッとしました。期限を決めることで、逆算していまやるべきことが見えてくる。行動するなら「いま」。漠然とした「いつか……」は永遠にやってこない。


「昔から優柔不断で決断するのが苦手」「将来のことはわからないから決断できない……」という人も多いでしょう。でも人生は有限、時間には限りがあります。決断したら、それを周囲に宣言して、後戻りできないように追い込めば、あとは行動するだけです。


徳谷智史の経歴・略歴

徳谷智史、とくや・さとし。日本の企業変革/人財組織開発のプロフェッショナル。「エッグフォワード」社長。京都大学経済学部卒業。大手戦略系コンサルティングファーム アジアオフィス代表などを経て「エッグフォワード」を設立。著書に『いま、決める力 ワクワクする未来をつかむ「決断筋」の鍛え方』。

他の記事も読んでみる

堀義人

上場するというのは、パブリックなカンパニーになるということです。資本市場を活用して多くの資金を調達し、それによって買収などをしかけながら会社を大きくしていくことができるような人、日本だけじゃなくアジアや世界に飛び立っていくようなマインドを持った人を育成する場であってほしいと思うし、そういう人が上場してほしいと思っています。起業家として評価されたいというエゴや、お金が欲しいというだけで上場を考えるなら、株主や資本市場に対する冒涜です。


三谷宏治

たとえ上司からの指示であっても、それは上司が机上で考えたことに過ぎないので、実際に現場で行動に移す前に、自分でもう一度考え直してみなくてはなりません。自分なりに目的や方向性を理解していれば、現場で想定外の事態が発生しても軌道修正しながらアウトプットにつなげることができるはずです。


木村皓一

少子化については以前から予想できていましたし、すでに織り込み済みです。アジアも巻き込まないと企業は成り立ちません。ただ、国外に工場を広げることは考えていません。メード・イン・ジャパンにこだわっています。だから、作れる量が限られている。ここ数年でも3回値上げしました。それでも売り上げは落ちなかった。売り上げを伸ばしたいなら値段を上げる。個数をたくさん作るということはしない。ブランドの価値を上げていくことを考えていきます。


増沢隆太

ミスを隠さず、ミスから逃げず、きちんと報告する部下は組織の宝。


鈴木喬(経営者)

僕は、何事もダラダラやるのが大嫌いなんです。だから仕事も、常に瞬間最大風速でやる。そのためには、しっかり休息を取らなきゃいけません。特に交渉事は、最後は体力勝負。僕も外国企業のCEOたちと散々渡り合ってきましたが、ビジネスで勝つのは「運と勘と度胸」のある人だけ。ぐっすり眠って体力満タン、頭の冴えた状態でなければ、そんな勝負はできませんよ。だから僕は、毎日必ず8時間は睡眠をとっています。


輪島功一

最初から技術を頭に入れるのではなくて、体を追い込んで、そのあと身につけてこそ付随していくものがある。それが自分の力になるんだよ。そういう経験をしていれば、なにがあっても元に戻ってこれます。


田辺孝則

大きなうねりを狙うか、小さなうねりを狙うか。どちらがいいかは好みによるが、いずれも欲張らないのが大事だ。特に現在のような高値水準のボックス圏では1~2割の利益が出たところで早めに利確する。小刻みに利益を重ねる方法が安全だ。


山口多賀司(経営者)

本当の実態を知った上で計画を立てたり、方向性を見つけることが一番重要なこと。これは経営者の一番の使命。


張瑞敏

変えるのが当たり前の組織でないと、顧客の変化を捉えられません。改革を絶えずしてきたことで、当社の社員は変化に慣れています。そのことが最も重要だと思っています。


石田淳(コンサルタント)

よく、「目標は少し高めを掲げる」といいますが、それは行動が習慣化してから行うべき。最初は「行動を起こしやすい環境」や「継続しやすい環境」を整えて、自分をその気にさせることが大切です。


大東隆行

うちでは店長が売れると思ったら、和食でも洋食でも、フランス料理でも何のメニューでも出していい。僕は「かまへん。好きにやり」と言うだけです。ただし、売れないとダメだし、40品目くらいあるグランドメニューは変えてはいけません。それ以外のところで創意工夫せよということです。


山本晶(経済学者)

広告はどれだけ打てば、どれだけ露出できるかをある程度コントロールできます。一方、クチコミは、どれだけ広がるかも、いいコメントを書いてもらえるかも、消費者次第です。クチコミをマーケティングに活かすには、いかにコントローラビリティを高めるかが重要。