名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

徳永太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳永太郎のプロフィール

徳永太郎、とくなが、たろう。「日経BP総研」ビジョナリー経営研究所長。日経ビジネス副編集長、日経BP総研社会インフラ研究所副所長・ビジョナリー経営研究所長などを務めた。

徳永太郎の名言 一覧

企業は起点を自社ではなく顧客に据えて、そこから商品のあり方やビジネスモデルを変えていくという発想に切り替える必要がある。


徳永太郎の経歴・略歴

徳永太郎、とくなが、たろう。「日経BP総研」ビジョナリー経営研究所長。日経ビジネス副編集長、日経BP総研社会インフラ研究所副所長・ビジョナリー経営研究所長などを務めた。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

製造業やハイテク企業を、ビジネスだけでなくテクノロジーも熟知した人材が率いていかなくてはならない。


孫正義

私は自分の人生は波乱万丈ではあるけれど、やってる本人にしてみれば面白くて仕方がない人生だと思っています。何度でも孫正義の人生をやりたい。たとえ無鉄砲だと言われても。


次原悦子

当社の仕事で、「吹きこぼれない鍋の蓋」のPRの仕事がありました。鍋の蓋を持ってメディアを回っても、誰も相手にしてくれません。そこで思いついたのが、他社のキッチン便利グッズを買いそろえて回るというやり方です。鍋の蓋だけでは記事になりませんが、たとえば「イチゴのへた取り器」などの便利グッズを揃えれば記事になります。それを買い込んで「これで料理便利グッズ特集はどうですか」と、女性誌の編集部に企画を持ち込み、特集記事にしてもらいました。


森田俊作

書類は、「これから処理する書類」を1つにまとめ、「処理済み」「再検討」の2つに仕分けします。書類の分類は細かくするほど、置き場所もたくさん必要になり、かえって散らかりやすい。だから、シンプルに「2択」を採用しています。


林修

「東京には、そして世界にはもっともっとすごいやつがいるぞ!」と鼻をへし折ってやりますよ(笑)。僕もそうでしたからね。

【覚え書き|地元の母校での講演を前に】


仲暁子

私自身がもともと数字に強かったわけではありません。思うままに絵を描くのが好きな子供でしたし、どちらかというと右脳派で、直感型人間だったと思います。そんな私が初めて数字ドミナントな環境に身を置いたのは新卒で入ったゴールドマン・サックス証券時代。様々な企業の株価情報や決算情報を読み解いてクライアントに伝える方法を叩き込まれました。その後、起業してエンジニアと一緒に働くようになってから、数字はより身近に。ベースとなる知識や経験してきた世界が異なる相手とも、数字を介せば目標や課題を共有できることを実感する場面が多くなったのです。


渡瀬謙

お客様は別にきれいな営業トークを聞きたいわけではないのです。顧客がすでに知っていることを一方的に並べ立てれば、余計にイライラさせてしまうだけです。


澤田秀雄

日本の経営者の中には、経営に未熟な人が少なくない。会社員として優秀でも、いざ経営者となると、力を発揮できない人が多い。それは経営の経験値が少ないからです。知っていれば成功できたのに、知らないから失敗する。


蛭川勝五

昨今はローコストオペレーションで、売り場は少ない人数での接客をするところが多い。しかし私は、人をコストと見るのではなく、人こそ商品に価値を生むものと考えます。当社は基本的に安売りをしませんが、他社より高くても、品揃えの豊富さや、接客の仕方などの利便性をお客様から評価していただいているのだと思います。


鈴木康夫(経営者)

私が社長に就任してから、アークの事業領域を再定義しました。顧客であるティア1(自動車メーカーの一次下請部品メーカー)が「やりたくない仕事」に集中することにしたのです。


諏訪内晶子

数年後の計画を立てるときに念頭に置いているのは、活動の幅を狭くしないことです。芸術の活動においては活動の幅を狭くすることならどれだけでもやれるけれど、幅を狭くした後にまた広げることは難しいですから。ただし、活動の幅を広げるといっても、活動の内容や方向性についてはあんまり広げすぎないようにしなければなりません。


盛田昭夫

基礎科学の研究からは、未来へのヒントは得られるが、産業のエンジンとしてのテクノロジーは生まれない。そしてテクノロジーをつくり出すのは、科学者ではなくエンジニアだ。ただし、テクノロジーだけではイノベーションにならない。