名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

徳川秀忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳川秀忠のプロフィール

徳川秀忠、とくがわ・ひでただ。安土桃山から江戸時代の戦国武将。徳川家康の三男。江戸幕府第二代将軍。父家康とともに江戸時代の諸制度を作り上げ、江戸幕府の基礎を築いた人物。初陣の関ヶ原の戦いでは3万8000の兵を率い、真田昌幸が率いる2000人に敗退。目立った武功は立てられなかったが、律儀な性格で平時の将として家康に評価され、江戸幕府二代目を託された。

徳川秀忠の名言 一覧

人を用いるに過失をもってこれを棄(す)つるなかれ。よろしくその自身を許すべし。


徳川秀忠の経歴・略歴

徳川秀忠、とくがわ・ひでただ。安土桃山から江戸時代の戦国武将。徳川家康の三男。江戸幕府第二代将軍。父家康とともに江戸時代の諸制度を作り上げ、江戸幕府の基礎を築いた人物。初陣の関ヶ原の戦いでは3万8000の兵を率い、真田昌幸が率いる2000人に敗退。目立った武功は立てられなかったが、律儀な性格で平時の将として家康に評価され、江戸幕府二代目を託された。

他の記事も読んでみる

瀬戸欣哉

最初のうちは顧客獲得コストが経費のほぼ全てで、調達した資金がいつ底をつくかという、いわゆるバーンレートを計算しながら、黒字化と上場の計画を練っていきました。1件の顧客獲得コストは1万円程度で、1回の平均購入単価も1万円程度。限界利益率はだいたい15%でしたから、1万円ばらまくと1500円くらい限界利益が出る計算です。つまり、1人のお客さんが7回買って初めてペイします。年間の購入回数は3~4回と想定すると、ペイするまでだいたい2年です。そのような計算でいけば、顧客を蓄積していけば必ず利益は出るわけです。サイトのオープンから4~5か月して、「ああ、これは商売になる」と確信を深めました。


ケタン・パテル(経営者)

インドと日本では文化や風習が違いますが、その核となる価値観は似ているように思います。家族の重要性や高齢者に対するリスペクト、関係性に基づくビジネスなどです。ですからビジネスのやり方は違っても、そこを乗り越えることで、より深く結び付くことができるはず。


曽根原容子

男性上司には頼った方がいい。男性は頼られるのが好きな生き物。ちょっとしたことを相談したり、お願いしたりすると、男性は自尊心が満たされる。


山本憲明

試験問題に第1問から順番に取りかかっていたのでは非効率的で、簡単な問題や得意な問題から正確に解いていき、自信をつけたところで難しい問題に取りかかっていたはずです。仕事も同じで、全体を見回し、自分の得意な分野やすぐに終わるものから着手することで、流れに乗ってスピードアップがはかれるのです。仕事にムダが多い人は、何も考えずに目についたものから着手し、スピードアップに失敗しているケースが多いと感じます。


見波利幸

部下を支えるとはどういうことなのか、上司は理解する必要があります。単にコミュニケーション量を増やせば良いといった方法論だけでは不十分。部下の将来に対する本人の気持ちを尊重しつつ、成長をどうサポートできるのか、その質が問われます。


菊川剛

手帳の使い方を工夫することで、仕事とプライベート両方の時間を充実化させ、人生を豊かなものに塗り替えていくことが十分可能になるのです。


児玉光雄

私は、今の時代にビジネスの場で求められる能力を「硬いもの」と「柔らかいもの」の二つに分けています。過去の固定化した常識や知識は「硬いもの」。一方、ひらめき力や想像力は「柔らかいもの」。今後は、AIの普及などによって、「硬いもの」は機械に代替され「柔らかいもの」がより求められるようになります。言い換えれば、「理由はわからないけど、何となくAが正しい気がする」と先を読む力のことです。


長嶋りかこ

私には、都会から離れた地方で育った原体験があります。その生活には、食べ物が土から育って、それが食べられ体の一部になり、排泄物が肥料になって再び土に返るという実感が、当たり前のようにありました。でも、都市で効率化された生活を送っていると、手間のかかる「間」の部分を省略してしまいがちです。汚いものは除外するし、見たくないものは見なくなってしまう。都市の生活で感じているこのような違和感を、さまざまな形で発信していきたいのです。


湯浅勲

自分が追い込まれる前に、自分を客観的に見るために大切なのは、気づきのアンテナを常に伸ばしておくことです。このアンテナが伸びていれば、仕事が本当につらくてどうすべきかと悩む前に、対処する方法が必ずみつかるはずです。


上野和典

失敗を打ち返すスピードの速い人は、当然のことながら仕事のスピードが速い人です。彼らと他の人との違いは何かというと、「できることはすぐさま実行に移す」ということです。たとえば、プロモーションにお金がかかりすぎて実現不可能だとしたら、落胆するのではなく、お金をかけずにできる方法を考えてみる。代替案が思い浮かんだらすぐに実行する。その違いです。


玉田俊平太

技術者は真面目なため、放っておくとひたすらある指標での性能向上を追求します。その結果、ある時点で、主要顧客が必要とする性能を超えてしまうことが起こります。


寺尾玄

私は28歳の時、10年近く続けていたミュージシャンの活動をやめ、全く未知の「ものづくり」の世界に飛び込みました。ものを作ったこともないし、作り方も知らないど素人からのスタートでした。はたからは、単に無謀な挑戦にしか見えなかったでしょう。ですが私は、クリエーティブなことなら何とかなるという自信はありました。それは自分のコアに「クリエーティブなことをしていたい」という思いが強くあったからだと思います。