徳川秀忠の名言

徳川秀忠のプロフィール

徳川秀忠、とくがわ・ひでただ。安土桃山から江戸時代の戦国武将。徳川家康の三男。江戸幕府第二代将軍。父家康とともに江戸時代の諸制度を作り上げ、江戸幕府の基礎を築いた人物。初陣の関ヶ原の戦いでは3万8000の兵を率い、真田昌幸が率いる2000人に敗退。目立った武功は立てられなかったが、律儀な性格で平時の将として家康に評価され、江戸幕府二代目を託された。

徳川秀忠の名言 一覧

人を用いるに過失をもってこれを棄(す)つるなかれ。よろしくその自身を許すべし。


徳川秀忠の経歴・略歴

徳川秀忠、とくがわ・ひでただ。安土桃山から江戸時代の戦国武将。徳川家康の三男。江戸幕府第二代将軍。父家康とともに江戸時代の諸制度を作り上げ、江戸幕府の基礎を築いた人物。初陣の関ヶ原の戦いでは3万8000の兵を率い、真田昌幸が率いる2000人に敗退。目立った武功は立てられなかったが、律儀な性格で平時の将として家康に評価され、江戸幕府二代目を託された。

他の記事も読んでみる

三好凛佳

仕事では毎日スーツを着ているという人が多いでしょう。中には「とりあえずスーツを着ていれば大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、スーツ姿は仕事でのあなたの「顔」になるものです。スーツの着こなし次第では、ビジネスマンとしてのあなたのイメージや評価を損ねる恐れすらあるのです。


中山哲也

人は怠け者になってはいけない、働き者でなければならないということで、早寝早起きを心掛けています。私は朝、目が覚めた瞬間からパッと動けるようにしたいので、夜はできるだけ早く寝るようにしています。


和田完二

我々は家族的情義に基づいて明朗健全な会社を建設する。互いに敬愛し、喜憂はともに分かち合う。家族もまた会社と志を一にする。


菊池昭一(経営者)

社内に対して「これからの120年を生き延びられるのか」という投げかけをしています。当社はまだまだ信用調査という意識を引きずっています。今後は当社が有する日本一のデータベースを、中堅・中小企業にもっと活用していただいて、経営の安定・成長に役立ててほしいと思っています。
【覚書き|創業120年目の年の発言】


北城恪太郎

改革はもう終わったという慢心が怖いのです。


知識賢治

カネボウ化粧品の子会社「リサージ」の社長を務めていたころ、半期に一度、教育担当の女性約10人との間で考課後面接を行っていた。面接の場では、厳しいことも言わなければならない。


朝倉智也

革新というのは一気に起こる大きな変化とは限りません。当社のビジネスも同じで、小さな変更や改良を積み重ねていけば、いつか先進的なサービスと認められるときが必ず訪れる。その後もなお愚直に努力を重ねるうち、それが万人の認める大きな革新に成長するのです。


石坂正人

従業員は、全員私の家族です。当然能力には差があります。差があるのが、当たり前です。それを、全員で認め合い協力して一層優秀な成績を収めるように努力しようと、お互いに喜んで前向きになってくれることが必要です。それが、社長の役割だと思っています。


成毛眞

趣味がお金を稼げる域に達するには、時間がかかります。特別な技術や経験は、時間をかけなければ手に入りません。以前、同時通訳者の烏飼玖美子氏が「日本人でも、3000時間も英語に触れれば、日常会話はできるようになる」と言っていました。趣味も同じぐらい時間を費やせば、ものになるでしょう。だから、できるだけ早く、40代から始めたほうが良いのです。趣味を通じて、おのずと仲間も増えるし、健康にもなる。あくまで主観ですが、趣味に没頭している人は、みんな元気です。今の生活に潤いを与える意味でも、何か始めることをお勧めします。


大村浩次

WEBについては、販売現場が必要と判断する情報システムや使いやすさを何よりも重視しています。年間1000件近い要望・提案があり、その件数の多いものから開発に着手しています。全国の店舗で入力された情報が数秒以内に全店に反映されるような基幹システムの改良から、画面デザインを変えて色をカラフルにすると楽しく仕事ができるといった変更まで、さまざまな要望があります。


安田隆夫

いかなる場合も顧客の立場に立って品揃えをしていく。値段は驚くほど安く、品質も保証する。そうすれば、浮利は追わなくても、商売は回っていくものだ。


岡崎富夢

大切なのはやっぱりビジョンを語ることでしょうか。この事業で会社を変える、さらに住宅業界を変えるというビジョンを語り、リーダーがそれを本気で目指していることが伝わると、仲間も集まります。


吉原毅

カネなどなくても、人物に崇高さがあれば、部下もついてくる。


渡辺秀一(経営者)

当社の売上高営業利益率で言うと、動物薬や食品原料、日用品や化粧品を含めた連結ベースでみれば、1%以上いくんだけれども、医療用医薬品だけだと1%に届かない。なぜ、低いのか。国民皆保険制度の下で税金が投入される産業だからだと思うのです。公定価格がある石油や銀行なんかも同じように利益率は低いですからね。大きくするなら、保険で賄われる医療分野以外ですね。当社は「医療と健康、美の流通を支える社会インフラ企業」を打ち出しています。人間、年を取ってもやっぱり生き生きと輝いている方がいいじゃないですか。そう考えれば、マーケットは広がります。


坂戸健司

一度整理されても、しばらくしたら書類の山が……という状況に陥っては意味がありません。リバウンドを防ぐために大切なことは、保管してある書類の中身を定期的に見直す棚卸しを怠らないことです。


ページの先頭へ