名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

徳川光圀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳川光圀のプロフィール

徳川光圀、とくがわ・みつくに。水戸黄門の名でも知られる水戸藩第二代藩主。徳川家康の孫。藩主として寺社改革、殉死の禁止、蝦夷地の探索などを行った。また、古典研究や文化財の保存活動も手がけ、『大日本史』の編纂を開始した。名君として名高く、水戸学の基礎を作った。

徳川光圀の名言 一覧

身体は習慣次第で、どのようにでもなるものである。すこやかになるように心がけることが大切である。


大将の宝とすべきものは、堅固な城郭と、札のよい甲冑、この二つよりほかにはない。けれども、常々召使っている侍たちは、すなわち、その城郭や甲冑にほかならないのである。


どれほど質のよい甲冑を身につけ、どれほど堅固な城郭にたてこもっても、士卒の心が離ればなれになってしまったのでは、役に立たない。士卒がお互いに心を合わせさえすれば、どれだけ堅固な城郭にも、札のよい甲冑にも優る。


人の身に近い宝としては、刀や脇差にまさるものがないが、その鞘が走って、手足を切るようなこともある。士卒も、これと同様に、身の護りとなる宝ではあるが、鞘が走って怪我をすることがないように、人をよく見立てて召使うことが肝要である。


結局は、殿の御恩に感じた者が、刀や脇差のように身の護りとなり、怨みを含んだ者が、鞘走って怪我のもとを作ることとなる。ひたすら、御恩に感じ、怨みを含ませないように、常々心づけて士卒を召使われることが大切である。


常々、算盤を習い、算勘を覚えるようにするといいだろう。役人になる身でもないのに、何ゆえかと思われるか知れないが、算数を知らなくては、備え立ての人数の配慮ができない。たとえば、三百坪一段の場所に騎馬の士をどれだけ立てられるかということを、馬の上から一覧した上で、見積もることができないようでは、忙しいときや急用の間に合わないものである。もっとも、軍学や備え立ての心得のある者がお側におりはするが、どんな都合で、それがいないとも限らない。その場合には、間に合わない。だから、御自分で算数を心得ていなくてはならない。


孫子や呉子は軍学に巧みではあるが、その業績は、学ぶに足りない。たとえば、上州筋の夜討や強盗の類にも、それぞれの法則はあるものである。夜討には、松明の振り方が大切であり、強盗の中でも、頭だった老巧の者に松明を振らせるのである。その振りようが悪い時には、働きも面白くない。だから、松明を振る役が大切であって、相手のほうも、松明を振っている者を目がけて、それを討ち取るようにしている。こういうことは、武士の心得にもなることであって、夜討強盗の所業にも、良いことがないとは限らない。けれども、夜討や強盗は、大きな悪事である。孫子や呉子も、このようにして、採るべきところを採り、捨っべきところを捨てたのである。


一騎で立ち働くことは、匹夫の勇であるから、大した御用にも立たぬ。


軍法は、大将たる者が知らなくてはならないことである。万一の御用で出馬する時には士卒の召使い方や備え立てなどを知らなくてはならない。


体が大きな者は、三、四尺の刀を自由に振りまわし、役に立てるが、普通の者はそのような大刀は手に余るからはなはだ無益なことである。


武芸のことは、どれも少しは心がけなくてはならない。とりわけ、槍というものは長道具で取り扱いにくいものである。普通は、大将が槍を振るうことはなく、馬の先で侍たちが槍を合わせるのを見るだけのことであろうが、どんなことで、自身が槍を取ることがないとも限らない。その時には、日頃の稽古が未熟であったならば、用には立つまいから、よく習っておくといいだろう。


・苦は楽しみの種 楽は苦の種と知るべし
・主人と親とは無理なる物(理屈が通らないもの)と思え 下人は足らぬものと知るべし
・子ほど親を思え 子なき者は自分の身を思う気持ちほど親を思え 近き手本と知るべし
・掟を恐れよ 火を恐れよ 分別なき者を恐れよ 恩を忘れることなかれ
・欲と色と酒を敵と知るべし
・朝寝すべからず 話の座長すべからず
・小なることは分別せよ 大きなることは驚くべからず
・九分に足らず 十分はこぼれると知るべし
・分別は堪忍にあるべしと知るべし


徳川光圀の経歴・略歴

徳川光圀、とくがわ・みつくに。水戸黄門の名でも知られる水戸藩第二代藩主。徳川家康の孫。藩主として寺社改革、殉死の禁止、蝦夷地の探索などを行った。また、古典研究や文化財の保存活動も手がけ、『大日本史』の編纂を開始した。名君として名高く、水戸学の基礎を作った。

他の記事も読んでみる

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

副業やいまの仕事に活かすための資格であれば、時間もお金もかかる難関資格を取る必要はありません。仕事をしながら必死に勉強し、もし取れなかったらダメージが大きすぎます。稼ぐための資格であれば、簡単に取得できるもので十分。


富田純正

当社の接客にはマニュアルがありません。一人一人の社会性や考え方の基本を事前にきちんと教育していれば、日常は、その人が状況に応じて最善を尽くすことが最高のおもてなしになるからです。


鈴木治雄

私は困難にぶつかるたびに、一つの言葉を自分に言い聞かせてきました。「絶えず努力する者は救われる」これはゲーテのファウストに出てくる言葉です。若いときに出会ったこの言葉が経営者としての私と、人間としての私の心の支えでした。「最善の努力をしてみよう。その結果は努力しないよりもはるかに良い結果が得られるはずだ」と。


中川政七・13代目(中川淳)

情報を得るために、目的もなくネットサーフィンをするのは時間のムダ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

必要なのは、会社や仕事とは違った部分で、どれだけ自分を高めるための行動ができているかなんだ。言い換えるなら、会社や仕事に人生を支配されていなければ、落ち込んでいるヒマなんかなくなるということだよ。


澤田秀雄

ハウステンボスは、欧州の都市国家であるモナコ並みの面積があり、都市機能がここに全部そろっているのです。ハウステンボスで実験したことを新規事業につなげます。ロボットもここで実験してから、展開し始めました。近く東京・渋谷でロボットカフェの出店も計画しています。


アーヴィング・フィッシャー

アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


久米一正

交渉していた選手が他のクラブへ加入したこともあります。でも、だからといって、失敗だとは思わない。全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になりますから。


新渡戸稲造

籠城主義もいいが、それは手段であって目的ではない。寄宿舎の窓を開いてもっと世の中に接し、社会的観念を養成して実社会に活動できる素地をつくれ。
【覚書き|一高の校長時代の発言。生徒たちに語った言葉】


内田雅章

成功者と呼ばれる人は、おしなべて人間関係の構築が上手。ゴルフを通じて気遣いを見せ、人脈作りをうまくやってきたから、成功者になれたとも言えるでしょう。


嶋聡

私は失敗を防ぐために朝日記を習慣にしています。当日の夜は感情がまだ高ぶっていて、冷静な状態で客観的に記入することが難しい。でも一晩眠ると、気持ちはかなり落ち着いています。「再び同じ状況になったら、どんな行動を取るべきか」という対応策も複数書いています。日記を続けるほど、失敗を防ぐための方法が増えていきます。


瀬戸上健二郎

島にいたら医者として時代遅れになるのでは、との思いにかられたこともありました。最初はその不安を払拭できずにいたのですが、そのうちに自ら向上し続けることが何より大事だと気付きました。