名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

徳富蘆花の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徳富蘆花のプロフィール

徳冨蘆花、とくとみ・ろか。日本の小説家。明治元年生まれ。肥後国(のちの熊本県)出身。同志社英学校に学び、トルストイに傾倒(後年、本人のもとを訪れ会見した)。小説『不如帰』がベストセラーとなる。その後、ロマン主義の作家として活躍した。主な作品に『不如帰』『自然と人生』『思出の記』『黒潮』『順礼紀行』など。

徳富蘆花の名言 一覧

謀反(むほん)を恐れてはならぬ。謀反人を恐れてはならぬ。自ら謀反人となるを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀反である。


人は生きねばならぬ。生きるためには戦わねばならぬ。名を上げなければならぬ。金を儲けなければならぬ。命がけの勝負をしなければならぬ。


徳富蘆花の経歴・略歴

徳冨蘆花、とくとみ・ろか。日本の小説家。明治元年生まれ。肥後国(のちの熊本県)出身。同志社英学校に学び、トルストイに傾倒(後年、本人のもとを訪れ会見した)。小説『不如帰』がベストセラーとなる。その後、ロマン主義の作家として活躍した。主な作品に『不如帰』『自然と人生』『思出の記』『黒潮』『順礼紀行』など。

他の記事も読んでみる

小嶋光信

お客様を呼び込むために最も重要なことは地元に支持されることです。ほかの産業でも、固定客をどう増やすかを考える上で、顧客からの支持をどう取り付けるかは、大切な視点でしょう。


松本幸夫

創造的な仕事をするためには、いまの仕事に取り組むだけでなく、新しいアイデアを生み出す時間が必要です。しかし、「時間ができたら考えよう」と思うだけでは、いつまでたっても受け身の態勢から抜け出せません。そこで、あらかじめ時間を決め、その時間にじっくりとものを考えるのです。


小野篤人

10代の頃、父と口論になり「僕だって一生懸命頑張っているんだ」と言い返し、温厚な父に烈火のごとく怒られ「簡単に一生懸命という言葉を使うな」と言われました。それ以来、第三者から見て、どんなに努力し、結果を出したと言われても、私自身は一生懸命やったと感じたことがありません。


伊藤絵美

ストレスの対処法を考え、50個でも100個でも、できるだけ多くリストアップしてください。「自分にはストレスに立ち向かう方法がある」と思えれば、それだけで気持ちはかなりラクになるはず。


尾崎元規

製品に関して生活者コミュニケーションセンターにお問い合わせやクレーム、ご提案など年間10万件以上のご連絡があります。そのデータをコミュニケーションセンターが整理して、事業部門や研究部門に流していきます。新製品を発売したら、翌日からどのような消費者反応があるのかをリアルタイムで見られるようになっています。売上の数字と消費者の反応が毎日見られるようになっているのです。


田口智隆

お金持ちになる人は、株価暴落を投資のグッドタイミングと捉えます。ビジネスでも「これか儲かる」というのを聞いてから「自分も」と後追いする人はその他大勢から抜け出せません。


丹羽宇一郎

「コツコツ努力することはカッコ悪い」という悪口は、努力する才能のない人の僻(ひが)みです。「悔しかったらお前も努力してみろ」と言い返してやればいい。


樋口武男

大和団地の再建が完了し、01年に合併で大和ハウスの社長として戻ると、そこも尋常じゃない「大組織病」に冒されていたんです。まず2年だった役員の任期を1年に。成果をあげなかった人は役職を剥奪することで、危機感を抱かせた。支店長に大幅に権限を与えて、給料を年俸制に。10も15も押していた稟議書の判子を2つ程度ですむようにした。その代わり赤字を出した支店長はボーナスゼロ。結果、04年には大幅な増収・増益です。


新将命

往々にして、部下を持つと「うちの上司は、よくできた人だ」と見られたくて、器の大きなふりをする人がいます。けれども、付け焼刃は絶対に禁物です。見る目を持つ人には、必ず見抜かれてしまうものです。


清家篤

慶應義塾塾長時代、厳しい局面がいくつもありましたが、いずれも対処の際に念頭に置いていたのが福沢諭吉が『文明論之概略』で唱えた「公智」です。『文明論之概略』で福沢は、あらゆる事柄を相対的にとらえるべきだと強調しています。そして徳と智をさらに「私徳(心の内側の徳)」「私智(物事を理解する力)」「公徳(対社会的な徳)」「公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)」の4つに分け、そのうち最も大切なのは公智であると説いています。相対的により大切なものは何か。あちらを相対的により大切なものは何か。あちらを立てればこちらが立たずというトレードオフの関係にあるもののうちどちらを優先するのか。若いころから何度も読んできたこの本の中で、公智を働かせ、より大切なものを選び取っていくことの重要性を説いたこの部分こそ、福沢の真骨頂だと思っていました。


金子源

26歳で自衛隊を退官し、焼き肉チェーン最大手の「牛角」を運営していたレインズインターナショナルに入りました。そこで店長職などをしながら徹底的に外食業におけるサービスの在り方について学びました。ただ、お店をやるとなれはこれだけではなく、仕入れの仕組みについても知る必要があると考え、続いて市場でアルバイトなどをしました。そこで仲買がどうやって、どのくらいの利益を得ているのかなどについて一から学び、低価格で料理を提供するための土台を作りました。飲食店をやるにあたり、ここまでやる経営者はそうはいないのではないでしょうか。


ビル・ゲイツ

自他ともに認めあった頭のいい少数の人間で仕事をするとき、効果は最大になる。