御木本幸吉の名言

御木本幸吉のプロフィール

御木本幸吉、みきもと・こうきち。真珠養殖の産業化に世界で初めて成功し、「真珠王」と呼ばれた人物。真珠の養殖は困難だと東大教授やそのほかの研究者たちに言われたのにもかかわらず研究を開始。研究3年で成果を出した。真珠の御木本(現:ミキモト)の創業者

御木本幸吉の名言 一覧

長生きの方法は、自分より長生きした人の書でもなんでもいいから飾って、俺はそれよりも長生きするんだという意欲を燃やしていなければならない。俺はこのように渋沢男爵(渋沢栄一)の書を飾り、毎日これを見て、渋沢より長生きするようにしているのだ。
【覚書き|上記発言通り御木本氏は渋沢氏より長生きした。御木本氏没年齢96歳、渋沢氏91歳】


人は何かひとつのことに気狂いにならなければ、とうてい人並み以上にはなれない。


俺は長年の間、真珠一本で、ほかの事業に手を出さないできた。それが今日、三井、三菱は滅びても、御木本(真珠のミキモト)が残っている原因だ。


誰もやったことのない仕事にこそやりがいがある。世界の何人も成功しなかったような仕事をなし遂げるのが、日本の新事業家の栄えある使命じゃあるまいか。


御木本幸吉の経歴・略歴

御木本幸吉、みきもと・こうきち。真珠養殖の産業化に世界で初めて成功し、「真珠王」と呼ばれた人物。真珠の養殖は困難だと東大教授やそのほかの研究者たちに言われたのにもかかわらず研究を開始。研究3年で成果を出した。真珠の御木本(現:ミキモト)の創業者

他の記事も読んでみる

篠原欣子

いい仕事をするには健康第一。横浜の田舎で育ったせいか、歩くのが大好き。気分転換にもなりますから、週末は、必ず歩いています。


吉田松陰

君子は、人として踏み行うべき義理の心が足りないことを恥じ、小人は、名誉がないことを恥じる。


福沢諭吉

自ら動こうとしないものを、導くことはできない。


田中良和(GREE)

工業製品なら、スピード重視で不良品や半完成品を出荷したら、回収騒ぎになるかもしれません。でもその常識は、僕がやっているネットの世界には当てはまりません。ウィンドウズのOSだって、毎回どこかに問題があるわけですが、だからといってビル・ゲイツが「完璧なものをつくるけど、バージョンアップは30年後まで待って」といったらどうなりますか。多くの人は不完全でもいいから、早く出してくれと言いますよ。それで使い勝手が悪かったら、ユーザーの方が報告すればいいんです。その方が早く完成度が高まるし、開発コストだって安く抑えられるから単価も安くなります。ユーザーにとってメリットは大きいわけです。


山田真哉

採算書に出ている数字は定量的な「算数」の世界で、それだけでは無味乾燥で物事の本質は掴めない。そこで大切なのが、数字の裏づけとなる定性的な「国語」の世界。マクドナルドは全店禁煙にして、一時は客足が遠のくと懸念された。しかし、実際に店に行くとファミリー層で賑わっており、これが売上増につながっているとわかる。こうした算数と国語をつなげることで、他のケースにも応用可能な生きた会計情報を読み取れるようになる。


久代敏男

長らく人事畑を歩んできて、とくに苦心したのは人員削減の場面です。労務コストの削減は会社として仕方のない判断でしょう。しかしいくら経営論を振りかざしても、そこから去る人の耳には理不尽に響きます。そこに人事の難しさがあります。


植山周一郎

知らないことを謙虚に学ぼうとすることが、教養を身につける節一歩。


山田昌弘

年を取ったら、自分の話をダダで聞いてくれる人はいないと思ったほうがいいでしょう。


中條高徳

組織のコンセンサス(合意形成)の強さは、リーダーの信念の強さと正比例する。


マザー・テレサ

人々は与えることを学ばなければなりません。でも、与えることを義務と考えるのではなく、与えることを願いとすることが大切です。


小林陽太郎

シェアが急落する過程でも、我々はライバルの力を正当に評価することができませんでした。リコーの機械は確かに安い。しかし、うちの製品に比べたら、性能や信頼性がまだまだ劣るはずだ。そうでないなら、採算度外視の安売りに違いない。そうした見方が社内の大勢を占めていました。
【覚書き|オイルショック時にリコーにコピー機シェアを20%近く奪われたときを振り返っての発言】


松下雋

部下に過剰な負荷がかかっているときこそ、経営陣にきちんと物言いができる上司でありたいものです。私が部長のころ、役員からある水準の成績をあげろと迫られました。しかし、明らかに現場に無理を強いることになるため、「できない」と突っぱねたことがあります。ただ、上司に向かってできないというには大変な勇気が必要です。単に突っぱねるのではなく、「要求水準を達成するためには、こんな状態を整えてもらう必要がある」と論理的に経営陣に説明することが大切です。


越智仁

1970年代は、企業の存続をかけ、繊維事業の合理化を進めるとともに、事業構造改革を断行しました。そのひとつが、新事業の立ち上げです。それが今では会社を支える事業のひとつとなるまでに成長した炭素繊維・複合材料であり、1984年に発売した、世界初の中空糸膜(ちゅうくうしまく)を使用した家庭用浄水器「クリンスイ」をはじめとするアクア事業です。もちろんここに至るまでの道のりは決して平坦でありませんでした。しかし、全社一丸となり地道な努力を続けた結果、うまく転換が図れたものと思います。


鈴木三郎助(三代目)

人生は血と汗と涙でつづるもの。血はファイト、汗は努力、涙はこころ。この三つがバランスよく発揮できる人生は幸せだし、それは仕事も同じである。


永守重信

「上司の命令がなければ残業はできない」というルールを定めた。ポイントは、残業を許可制ではなく命令制にしたことだ。上役は毎朝、部下がその日に行う業務を考量し、残業が必要かどうかを判断する。どうしても必要であれば残業の命令を出すが、必要かなければ部下が残業を申請しても許可しない。こうすることで、上司は部下の仕事をきちんと管理することができ、サービス残業も防ぐことができる。これをグループ全社に徹底したら残業時間がみるみる減った。


ページの先頭へ