御影佳孝の名言

御影佳孝のプロフィール

御影佳孝、みかげ・よしたか。日本の経営者。「アサヒバイオサイクル」社長。

御影佳孝の名言 一覧

我々は無駄だと思われるものであっても全て資源と捉えてきた。その中でビール酵母でしかできないことを追求し続けた結果、差別化できる商品を開発することができた。


御影佳孝の経歴・略歴

御影佳孝、みかげ・よしたか。日本の経営者。「アサヒバイオサイクル」社長。

他の記事も読んでみる

岩瀬昌美

グローバルエリートの中でも仕事人間というタイプの重役は誰よりも朝早く出社し、誰よりも遅く帰宅していきます。ただ、夜遅く仕事するよりも、朝早く来る傾向があります。


テリー伊藤

普段の自分のままでは、なかなか勇気を持って踏み出せない。でも、「何かになったつもり」になれば、思い切ったことができるかもしれない。だったら、いつもの自分とは違う「もう一つの自分」に変身してみたら、大胆なことができるんじゃないか。


小山昇

突然の部署異動は、武蔵野では当たり前です。成績の悪い社員には「3分で移れ」と命じ、引き継ぎもさせません。ダメな社員が引き継ぎをすると、優秀な社員の成績まで落ちてしまうことが、長年の経験からわかったからです。


越後正一

ビジネスマンは常にイエスを強いられている。真のビジネスマンはノーと言える人間でなければならない。


今井繁之

部下の話を聞かず、叱咤激励や指示ばかりだと、部下は不満やストレスをためやすい。質問することは、相手の話を聞くことにつながります。答えを待つことは、部下への信頼の表れになります。モチベーションが高く、考える力を持った営業チームづくりは、マネジャーの質問する力にかかっています。


田口佳史

中国古典を紐解けば、義はどういう意味かというと「犠牲」から来た言葉です。つまり、「犠」も「牲」も生贄ですから、生贄とは何かというと己の命を差し出すから全部を助けてくれという意味なんです。そこに義があるということは、私情や私欲が全然ない。あったら義にならない。その覚悟がある人を義人などというんです。


石原和幸

行き詰まったとき、自分を救ってくれるのは、後はないという緊迫感と過去の成功体験による自信。それさえあれば、大胆な思考で壁を突破できる。


寺尾玄

可能性は常にあるということを信じられるようになると、不可能と思われていることでも、ためらわずに挑戦できるようになる。その挑戦が不可能を可能にします。可能性はどうやっても否定できない。だからやりたいと思ったら、どんなことでも挑戦する。これが私の生き方の原点であり、バルミューダの仕事の行動原則です。


弘兼憲史

選り好みせずに与えられた仕事にがむしゃらに取り組む。理不尽だと感じたり、「何の意味があるんだろう」と思ったりしても、「何事も経験」と割り切り、「吸収してやろう」という気持ちで向き合ってください。


バラク・オバマ

先ほど少し前に、マケイン上院議員から実に丁重な電話をいただきました。マケイン議員はこの選挙戦を長く、激しく戦ってきた。しかし議員はそのずっと前から、愛するこの国のために、もっと長くもっと激しく戦った人です。マケイン氏がこの国のために払ったすさまじい犠牲のほどを、私たちのほとんどは想像すらできない。勇敢で、わが身を忘れて国に献身するジョン・マケインというリーダーがこれまで国のために尽くし、働いてくれたおかげで、私たちの世界はより良いところになりました。私はマケイン議員を称えます。そしてペイリン知事を称えます。マケイン議員たちが成し遂げてきたことを称えます。そしてこれから、この国の約束を再生させるため、マケイン氏たちと共に働くのを楽しみにしています。


松下幸之助

どんな科学者でも、カンの働かない科学者はダメだといいます。偉大な発明をしたエジソンのような人でも、その発明は、ふっと浮かぶひらめき、カンによっています。そのひらめきによって、よりよい科学というものをつくりあげているわけです。


松井道夫

ビジネスというのは新しい需要を創ることです。いまある需要に対して何かをやるのは、たいしたビジネスではないんです。


ビンセント・ローチ

以前は、ほとんどの企業が垂直統合型の事業の強みを生かしたビジネスをしていました。自社だけで高度なイノベーションを生み出そうとしていたのです。しかし、そのような時代は終わりました。世界の市場は多様で、しかも刻々と変化し続けています。迅速に、かつ継続的にイノベーションを生み出すためには、エコシステムを形成し、世界中の技術、知恵を取り入れ、今までにない新しい形で組み合わせていく必要がありますし、我々はその取り組みを進めています。


河合栄治郎

人は過去の中に現在を眺める。私の現在が変わるとき、私の過去がまた変わらないとは、誰が保証し得るだろうか。


金川千尋

いまは困っていても、この先立ち直り、伸びていくと思った需要家には、私は思い切って経済援助や技術的支援をしました。本当の信頼関係は需要家が好調な時よりも、苦境に置かれたときにこそつくられていくものです。


ページの先頭へ