名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

徐楽楽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

徐楽楽のプロフィール

徐楽楽、じょ・らくらく。中国出身の経営者。「ラクラクテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。大学卒業後来日し、ラクラクテクノロジーズを設立。

徐楽楽の名言 一覧

自分の作るアプリケーションが世の中で必要とされる、という自信を持って仕事をしています。


私が起業したのも、誰かに言われて何かを作るのではなく、自分の作りたいものを作り、世の中に提供する自由が、起業にはあったからです。


小さな会社だからこそ、チームワークが大切。


起業した理由を忘れてはいけない。


起業家は、会社勤めをするほうが収入が多くても起業します。それは、お金持ちになることが目的ではなく、やりたい仕事があって起業するからです。


徐楽楽の経歴・略歴

徐楽楽、じょ・らくらく。中国出身の経営者。「ラクラクテクノロジーズ」CEO(最高経営責任者)。大学卒業後来日し、ラクラクテクノロジーズを設立。

他の記事も読んでみる

椎木隆太

映像、トーク、提案書と、あらゆる方向から準備をしますが、提案書は文字とビジュアルで我々の強みを簡潔に伝えるもの、と位置づけています。


熊谷正寿

危機に陥ると、どうしても気弱になってしまいがちです。だから意志を強くして、最後までやり抜かなければいけない。


上山信一

私は最初に、このプロジェクトの成果をいつ、どこで、誰に向かって発表するかをはっきりと決め、さらにそこから逆算した改革工程表を一枚の図にまとめ、関連するすべてのメンバーに共有してもらいます。あとは2週間ごとに内部の連絡会を開いて、進捗状況を確認しながら微調整をしていく。そうすれば、予定通りに終わらせるのは、それほど難しいことではありません。


本田健

かつての経済成長期、日本人の認識は、「収入は労働時間に比例する」でした。CMコピーにあったように「24時間戦えますか?」とばかり長時間労働に耐え、またそれが美徳でした。しかし、時代は変わり、ゲームのルールは変わったのです。AIの進化によって、今ある職業の49%はなくなるといわれています。どんな大企業も、いつ厳しい競争に晒されるかわからない。「いい大学を出て一流企業に勤めれば上がり」という人生だけが勝ちパターンであった時代は、過去のものなのです。


羽鳥兼市

熱い人でなくてはいけません。挑戦する情熱がない人だったり、自分の夢に命をかけられる人でなければ、夢の実現は難しいでしょうね。命や財産、名誉、立場を守ることだけを意識してしまうと、どうしても保守的な動きにならざるを得ない。ゆえに実力の十分の一しか発揮できないと私は思っています。もちろん命を無駄にするような無茶をしろと言っているわけではありません。自分が本当にやりたいこと、楽しいこと、目指すもののためになら、懸けてもいいんじゃないかと思うのです。


出口治明

40代からの勉強では、リーダーとなることを意識しなければなりません。リーダーには強い思いが必要です。「志」といってもいい。世界のあり方をどのように理解し、そのうえで、何を変えたいと思うかが大切です。


高山泰仁

当社は方面別組織体制というものを敷いています。従来の旅行会社だと、企画、予約、手配、販売といった形でセクションが分かれているのですが、当社は「ハワイセクション」の中に企画、予約、手配、販売の機能がありますので、l日中ハワイの企画を担当している相談員がいるんです。1日中ハワイの企画をし、l日中ハワイの予約をする。1日中その方面の手配をしているセクションがアメーバのように小さい集団になっているので、お客様と旅行の工程を決めるときも、ちょっとしたアレンジをすぐ手配することができるんです。他とは違ったものが提供できるんです。


渋沢栄一

自分が手にする富が増えれば増えるほど、社会の助力を受けているのだから、その恩恵に報いるため、できるかぎり社会のために助力しなければならない。


南部靖之

私の唯一の判断軸は、昔も今も、利益ではなく創業精神に沿っているかどうかです。


飯塚哲哉

決断は、起業家にとっての宿命です。しかし考えてみれば、人類の知恵というのはリスクをヘッジすることで進化し、文明を発達させてきたのです。


川村隆

日立グループは中国で相当規模のビジネスを展開しているし、私自身はすぐ何かが起こるとは思っていない。それでも様々なリスク対策は検討しています。少なくとも、どのくらいまで成長率が下がると社会的不満が高まるかという点は、注視しておいた方がよさそうですね。


三浦雄一郎

新幹線に初めて乗って、三島辺りで富士山が見えた。富士山は何度も滑っているけど、あれを直滑降したらカッコいいだろうと思いました。「待てよ、どうやって止めるかな」と考えて、ノートを取り出して富士山をスキーで滑っている絵を書いていたら、パラシュートを付けたら面白いというアイデアが浮かんだ。大阪で講演があったんですが、終わってすぐに防衛庁(のちの防衛省)の航空装備研究所に相談に行ったら、「面白い」とパラシュートの設計に協力してくれたんです。