名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

後藤高志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤高志のプロフィール

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

後藤高志の名言 一覧

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。


朝の来ない夜はない。一日も速い再生に従業員と力を合わせて全力を尽くす。


記者会見のときに、座右の銘はと聞かれて、「朝の来ない夜はない」と申し上げましたが、これは外に対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせてやってきた。


私は人事が経営のもっとも大きなメッセージのひとつだと思っています。従業員に対しても、「会社は変わらなければならない」「グループで一丸となって問題に取り組んでいかなければならない」というメッセージもしっかり伝わったと思います。


私は以前、銀行にいたときにも「ビジョン」をつくりましたが、それは率直にいって、あまり求心力がなかった。ビジョンはあくまでもビジョン、仕事と深い関わり合いがあると実感していなかった。西武に来てはじめて「ビジョン」は会社の背骨であり、羅針盤であることを痛感しました。


私が西武に来たときにびっくりしたのは、社員がばらばらだったということです。グループ間の人事交流や面識もなく、他のグループ会社の社員にどこか違和感を持っている。これではグループ全体を統括していくのは難しい。人事的な面で一体感を持たせるために、持ち株会社の西武ホールディングスをつくったわけです。持ち株会社を中心にグループを運営し、グループ間の人事交流も相当活発にやりました。


一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。


我々が口を酸っぱくして言っているのは、「井の中のゆでガエルにはなるな」ということです。鉄道会社は、ややもすると井の中の蛙になりやすいものです。運賃や定期券の収入が日々入ってくるため足元のキャッシュフローが非常に安定している。そこに安住してしまえば長い目で見たリスクをおざなりにしがちです。これを放置していたら最初は居心地のよかったぬるま湯が徐々に熱湯になって、最後は大やけどですよ。


私は、西武に来て最初の記者会見で「朝の来ない夜はない」と話しました。これはみずからを鼓舞すると同時に、グループ社員一人ひとりに伝えたかったことでもあります。この気持ちは、いまにいたるまで一貫して変わることはありません。


後藤高志の経歴・略歴

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

捨てるものが大きければ、入ってくるものも大きい。


伊藤羊一

僕自身が作る資料は、今こうだけれどこうしたいよねと。商品、サービス単体でどう、というより、みんなでこうしようぜ、僕らが思うこんな未来に行こうぜと、まだ見ぬ世界に連れていく提案です。


アルフレッド・アドラー

敗北を避けるために、ときに人は自ら病気になる。「病気でなければできたのに」と言い訳して、安全地帯に逃げ込み、楽をするのだ。


堤真一

「新しい信長像をつくりたい」と言うしかなかったんです。まさか、「誰々さんの演じた信長を踏襲します」とは言えないでしょう(笑)。実際は、最初から具体的な信長像を持って挑んだわけではないんです。ただ、演じる上で、自分の中での「理由付け」をきちんとしようとは考えていました。信長には強さのイメージがありますが、「単にそういう性格だから」では済ませたくなかった。信長が激しかったり、暴力的だったりするのは、人としての弱さや不安の裏返しだと解釈したんです。そうした理由付けを1つずつした上で演技しようと。
【覚え書き|映画『本能寺ホテル』について】


朝原宣治

現役時代から、「トップアスリートとして、社会に、そして所属する企業に何が貢献できるか」と考えていました。引退した今は、3つの軸で活動しています。1つは「子供の運動能力の向上をサポートする」。2つ目は「企業としてのスポーツを通じた社会貢献」。3つ目は「五輪選手の育成」です。


森永卓郎

社会には様々な危険がありますが、そこで痛い経験をして人は成長するもの。子供にはそうしたリスクについて教えておくべき。子供に「こういった危険もある」と教えましょう。その方がたくましい大人に育ちます。


熊谷正寿

新聞の読み方は3段階。まず、気になるところを赤い線で囲む。余白に日付を入れ、切り取る。それをファイリングする。一連の作業を通じ、最低3回記事に触れることで、内容を頭に叩き込むのです。かつてはこの作業を中心に情報収集をしていました。しかし、現在はインターネットの出現によって情報源と情報収集ツールが無数に増えています。


ネルソン・ロックフェラー

人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして「まあ、何てお元気な」と言われる時期。


森川亮

大企業では肩書や権限が大事で、それがないとなかなか人は動かない。裏を返せば、肩書や権限さえあれば、その人がたとえ無能でも、部下は表面的には従うわけです。しかしベンチャー企業では、人は肩書きや権限では動かず、マインドで動く。そして成果重視です。


上野和典

ブレーンストーミングのあと、ひと眠りすると、何を話し合ったか忘れてしまいます。だから、どんなプランが出て、どんな反対意見が出たのかをきちんと書きとめておく必要があります。


上西京一郎

世の中に出てから、いかに自分に足りない部分があるかを自覚しました。会社の先輩、同僚、部下……みんないいところを持っていて、それぞれ個性があり、そこから自分にないものを学ぶことができます。学んでも自分ではできないところもあるかもしれませんが、みんなのいいところをしっかり見ていれば、少しでも自分が成長できるのではないでしょうか。


小杉修弘

二種類の試作品を前に、より作りにくいほうを選ぶのは、作り手にとって手間のかかるものがユーザーに望まれるものだと思うから。