名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

後藤高志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤高志のプロフィール

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

後藤高志の名言 一覧

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。


朝の来ない夜はない。一日も速い再生に従業員と力を合わせて全力を尽くす。


記者会見のときに、座右の銘はと聞かれて、「朝の来ない夜はない」と申し上げましたが、これは外に対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせてやってきた。


私は人事が経営のもっとも大きなメッセージのひとつだと思っています。従業員に対しても、「会社は変わらなければならない」「グループで一丸となって問題に取り組んでいかなければならない」というメッセージもしっかり伝わったと思います。


私は以前、銀行にいたときにも「ビジョン」をつくりましたが、それは率直にいって、あまり求心力がなかった。ビジョンはあくまでもビジョン、仕事と深い関わり合いがあると実感していなかった。西武に来てはじめて「ビジョン」は会社の背骨であり、羅針盤であることを痛感しました。


私が西武に来たときにびっくりしたのは、社員がばらばらだったということです。グループ間の人事交流や面識もなく、他のグループ会社の社員にどこか違和感を持っている。これではグループ全体を統括していくのは難しい。人事的な面で一体感を持たせるために、持ち株会社の西武ホールディングスをつくったわけです。持ち株会社を中心にグループを運営し、グループ間の人事交流も相当活発にやりました。


一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。


我々が口を酸っぱくして言っているのは、「井の中のゆでガエルにはなるな」ということです。鉄道会社は、ややもすると井の中の蛙になりやすいものです。運賃や定期券の収入が日々入ってくるため足元のキャッシュフローが非常に安定している。そこに安住してしまえば長い目で見たリスクをおざなりにしがちです。これを放置していたら最初は居心地のよかったぬるま湯が徐々に熱湯になって、最後は大やけどですよ。


私は、西武に来て最初の記者会見で「朝の来ない夜はない」と話しました。これはみずからを鼓舞すると同時に、グループ社員一人ひとりに伝えたかったことでもあります。この気持ちは、いまにいたるまで一貫して変わることはありません。


後藤高志の経歴・略歴

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

他の記事も読んでみる

林文子

売れない営業マンほど視野が狭く、お客様にべたっとはりついて離れないのですが、しつこくダラダラとやるのは逆効果。売れる営業マンは、お客様の買う気がちょっと落ちたなと思ったら、ほかのお客様に声をかけて、間をあけたりするんです。


斎藤保

やはり科学が好きで、「どうせなら、新しいことをやりたいな」ということで、大学は航空科学を専攻して。航空機にとって必要なのは推進系だということで、航空エンジンを選ぶわけです。


遠藤功

経営者は何とかなるだろうと思い、社員も誰かがなんとかしてくれるだろうと思っている。そうした見えないことに流されている企業は、いつの間にか落とし穴にはまってしまうことになりかねません。


板尾創路

流れに身を任せて進みながらも、30代に入ったくらいから「自分がやらんでもええやろ」ということは自然に捨ててきた気がします。僕の個性は、余分なものを省いてできているんですね。


野村忠宏

世界トップレベルの柔道では、「投げよう」と自分が思った瞬間に、その意思が相手に伝わるものです。それが伝わらずに技を成功させるには、投げようと思って投げるのではなく、「ここだ!」と思った瞬間に、ふさわしい技ですでに投げていることが必要です。お互いに「気づけば投げている」「気づけば投げられている」感じです。ある種、無意識の反応ですね。こうした柔道をするには、「脱力」の技術や感覚を身につけることが大事だと思います。


小池修一郎

演出家も、未成熟な役者たちと一緒に仕事をするなかで、新たな発見をすることがよくあります。若い人と共に汗をかいて、死ぬほどの思いで工夫していると、そこにオリジナリティが出てくる。いつでも悩み、新しい表現に挑戦する姿勢を忘れないでいたいですね。


澤田秀雄

うまくいかないことも当然ある。そういう時は、強行突破するのもひとつの手です。既存のルール内でうまくいかない時は、見切り発車で事業を始めるくらいの思い切りが必要です。


鎌田靖

難しい話をそのまま難しく話しても面白くありません。ちょっとした驚き、お得な情報、トリビア的な雑学、何でもいいから「へぇ」と思わせなければ関心を持ってもらえません。関心を持ってもらえなければ、いくら丁寧に説明しても理解は進みません。


横山光昭

意外かもしれませんが、お金が貯まる人ほど、じつはいい意味で大雑把。細かく家計簿をつけている人が貯まる人かと言うとそうではなく、家計簿は大まかで多少の記載漏れがあっても平気な人の方が貯まる場合が多い。これは一見大まかでも家計のポイントをしっかり押さえているから。


松井道夫

おじいちゃん、おばあちゃんの頭になれよ。(覚書き|新聞広告で証券の専門用語をたくさん盛り込もうとした社員へのひと言。業界をまったく知らないおじいちゃんおばあちゃんにでもわかる平易な言葉で書けという戒め)


石井純二

大きな節目を迎えたと思っています。当行が100周年を迎えられたということは、地域、取引先の皆さまのご支援の賜物だとあらためて感謝しています。同時に、私も職員に「単なる通過点にしてはいけない」と伝え、次なる100年に向けて、「新創業の志を持とう」と申しています。


辻野晃一郎

もちろん、そのときは苦しかったのですが、私はソニーという会社が大好きでした。自分の人生とソニーの成長が一体に感じられるほど、ソニーに強い思い入れがありました。それに私はもともと、負けず嫌いです。自分に託された事業を何としてでも立て直そう、という強い信念があったからだと思います。
【覚書き|ソニーでVAIOデスクトップパソコン事業の再建を担当したときを振り返っての発言】