名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

後藤高志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤高志のプロフィール

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

後藤高志の名言 一覧

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。


朝の来ない夜はない。一日も速い再生に従業員と力を合わせて全力を尽くす。


記者会見のときに、座右の銘はと聞かれて、「朝の来ない夜はない」と申し上げましたが、これは外に対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせてやってきた。


私は人事が経営のもっとも大きなメッセージのひとつだと思っています。従業員に対しても、「会社は変わらなければならない」「グループで一丸となって問題に取り組んでいかなければならない」というメッセージもしっかり伝わったと思います。


私は以前、銀行にいたときにも「ビジョン」をつくりましたが、それは率直にいって、あまり求心力がなかった。ビジョンはあくまでもビジョン、仕事と深い関わり合いがあると実感していなかった。西武に来てはじめて「ビジョン」は会社の背骨であり、羅針盤であることを痛感しました。


私が西武に来たときにびっくりしたのは、社員がばらばらだったということです。グループ間の人事交流や面識もなく、他のグループ会社の社員にどこか違和感を持っている。これではグループ全体を統括していくのは難しい。人事的な面で一体感を持たせるために、持ち株会社の西武ホールディングスをつくったわけです。持ち株会社を中心にグループを運営し、グループ間の人事交流も相当活発にやりました。


一見小さなイノベーションの積み重ねが顧客満足度を高め、この電車に乗ってみたいな、あの沿線に住んでみたいなという魅力づくりにつながっていくのです。企業競争力の源泉と言っても過言ではないでしょう。


我々が口を酸っぱくして言っているのは、「井の中のゆでガエルにはなるな」ということです。鉄道会社は、ややもすると井の中の蛙になりやすいものです。運賃や定期券の収入が日々入ってくるため足元のキャッシュフローが非常に安定している。そこに安住してしまえば長い目で見たリスクをおざなりにしがちです。これを放置していたら最初は居心地のよかったぬるま湯が徐々に熱湯になって、最後は大やけどですよ。


私は、西武に来て最初の記者会見で「朝の来ない夜はない」と話しました。これはみずからを鼓舞すると同時に、グループ社員一人ひとりに伝えたかったことでもあります。この気持ちは、いまにいたるまで一貫して変わることはありません。


後藤高志の経歴・略歴

後藤高志、ごとう・たかし。日本の経営者。「西武ホールディングス」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(のちの「みずほフィナンシャルグループ」)に入行。みずほコーポレート銀行取締役副頭取などを経て、経営再建のため西武鉄道に移籍。同社社長を務め、上場廃止になった同社を再建し、再上場を果たした。

他の記事も読んでみる

心屋仁之助

憂鬱になりがちな人は、自分の評価をすべて人に委ねる傾向があります。人にどう思われようと自分で自分を尊重できるだけの基盤がないのです。憂鬱から抜け出すには自信という基盤が必要ということになります。


清野智

これまでは各県がプロモーションを一生懸命やっていました。しかし、それでは自分たちの場所だけになる。ただ、台湾や中国にPRで行っても県の予算が使われているわけですから、それも仕方ないことだったかもしれません。しかし、現状のままでは東北の観光振興にはつながりません。3泊4日とか5泊6日で来られる方にとっては、1つの県では不十分です。そのためにも東北観光推進機構としては東北6県と新潟県が一緒になって、自分たちだけでなく、隣や他県と一体になって宣伝していこうと。それを実現するための旗振り役を担っています。


アラン・ジマーマン

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


イチロー(鈴木一朗)

あのとき(ワールド・ベースボール・クラシックのとき)僕を支えていたのは、自分のやってきたことへのプライドと、これからやろうとしていることへの自信でした。


山下泰裕

出来事に喜びの色をつけるか、希望の色をつけるか、慢心の色をつけるか、不平不満か……。その選択肢は我々の側にあり、その色づけで人生は大きく変わります。だから前向きでありたい。


小林喜光

社長に就任してまず手をつけたのが、伝統的な石油化学製品のリストラです。塩化ビニール樹脂やスチレンモノマーなど汎用製品の成長は、誰もが厳しいと「感じて」いましたが、関係者が多い主力事業であるため見直しの対象にはなっていませんでした。しかも、こうした事業は短期的には市況の変化などで黒字になることがあり、のど元過ぎれば熱さを忘れてしまう。そこで数字で攻めることにしました。今の体制のまま事業を続けた場合に発生する将来の赤字額を詳細に算出、経営会議にかけ、事業部に迫りました。数字によって具体的な議論になり、次々と撤退が決まっていきました。


山田義仁

営業の課題は営業だけでは解決できない。開発や生産が一緒になって協力してくれないと解決できない。逆もまた真。


永瀬昭幸

海外にも打って出る。世界に目を向ければ、新興国を中心に人口はまだまだ増えている。我々がアジアで英語教材「セサミ・ストリート・イングリッシュ」のライセンス販売を始めたのは、その第一歩。ただ、いかんせん、ライセンスビジネスだ。自らが作り上げたコンテンツで勝負できていない。今後、競争力のある教育ビジネスをどう立ち上げるか。挑戦しがいがある。


柄澤康喜

「社員はゼネラリストに育てた方がいい」「スペシャリストとして専門性を磨くべき」という対立した考え方があります。また、プロジェクトを進める際に「計画はよく練り上げた方がいい」ことは当然ですが、状況の変化をとらえ「臨機応変に対処すべき」というのも正しい考え方です。いずれも、どちらかひとつの考えが完全に正しいというものではありません。


尾山基

スポーツ用品業界にはかつてない地殻変動が起きています。SNSが当たり前の時代となり、ブランドが消費され、飽きられるスピードもどんどん速くなっています。グローバルで競争している各社は、その地殻変動への対応に追われています。


松井忠三

仕組みづくりと並んで重要なのが社風を変えることですが、これには、あいさつは確実にやるとか、残業をしないで帰るとか、一度始めたことはやめないといったことが大変重要になります。社風は真似できませんし、変えるにはやり続けるしかありません。やめてしまうと元に戻ってしまいますが、いったんできると、相当強固になるのは確かです。


田中靖浩

製造現場に会計の数字を示す場合に大事なことは、「全体との結びつき」を理解させることです。製造工程で、発生するコストから、実際に製品が販売される単価まで、トータルで数字を理解することです。