名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

後藤輝基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤輝基のプロフィール

後藤輝基、ごとう・てるもと。日本のお笑い芸人。大阪府出身。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。岩尾望とお笑いコンビ「フットボールアワー」を結成。バラエティ番組などで活躍。コンビとして数々の賞を獲得。

後藤輝基の名言 一覧

まだまだ僕らは売れたとは思ってません。いまレギュラー番組がいくつあろうと、その先の保証なんか何もないですからね。次のクールで担当する番組が全部なくなる可能性もある。すぐにゼロになる世界ですよ。だからこそ、前に前に行かないと、とどまると危ないっていう恐怖心があります。


20代30代は面白いことを言おうとか個性的になろうという芸人力でやってきました。でも、これからは人間力が大事だと思いますね。売れている先輩方は共演者やスタッフさんから「この人と一緒に仕事をしたい」と思ってもらえる方ばかりですからね。


後藤輝基の経歴・略歴

後藤輝基、ごとう・てるもと。日本のお笑い芸人。大阪府出身。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。岩尾望とお笑いコンビ「フットボールアワー」を結成。バラエティ番組などで活躍。コンビとして数々の賞を獲得。

他の記事も読んでみる

臼井由妃

自己紹介は本来、相手に自分の名前を覚えてもらうことが目的です。そのうえで、相手が話しやすい雰囲気を作り、相手に心を開いてもらうことが、その後の関係を良好に続けていくための基礎となります。


岩田松雄

仕事でなくても、趣味でも、新卒ならばアルバイトでも部活でもいい。自分がもっとも楽しかった経験、具体的なストーリーを聞けば、その人の価値観がわかるし、会社へ貢献してくれるかどうかも判断できる。


中野克彦(経営者)

これからの会社はMOT(技術経営、技術版のMBA)ですよ。技術経営ができなければ駄目です。したがって、研究所を変えたいと思いました。当時、うちの研究所はブラックボックスでした。技術の総帥が「研究のことは俺に任せておけ」というから、みんな任せるけど、一向にいいものが出てこないわけです。だから私は、社長に就任してから十年間、毎月、川崎の研究所にヒアリングに通い続けた。


中山泰男

単に人手不足を補う手段として、新しい技術を使っているわけではありません。何が真の競争力になるでしょうか。それは人財です。人を活かすために技術をとことん活用しようという考えです。最新鋭の技術により、省力化するところは省力化しますが、ホスピタリティなど人ならではの仕事は減るどころか増えてくると思っています。


猪塚武

教える内容は徹底して実学です。1年から3年までの学生はインターンとしてIT企業から委託を受けた仕事についてもらいます。つまり授業を受けて終わりではなく、企業に納品できて初めて単位が認められる。こうすることで卒業するまでには一人前のIT技術者に育て上げます。現在、最高学年は3年生ですが、カンボジア国内のアントレプレナーコンテストで優勝をするなど、その成果は出ています。


川辺清

飲食店はトレンドに大きく左右されるものです。今やホルモン焼きは、定番業態の1つで、特段ブームととらえているわけではありません。しかし、過去の経験則から、あらゆる事態を想定してリスクヘッジしながら、従業員や、その家族に不安を持たさせないことも経営者としての責任なのです。


木村博紀(経営者)

日本では総人口が減少していく一方、お客様のライフスタイルやニーズは多様化しています。たとえば働く女性や単身者が増え、健康増進意識が高まっています。そのなかでは、これまでの延長線上の取り組みだけではなかなか競争を勝ち抜けないと思っています。お客様「一人ひとりの生きるを支える」企業として、注力すべき分野を見極めたうえで経営資源を投入し、厳しい競争環境下においても成長を実現していくべく、新しい発想やアイデアも積極的に取り入れて独自性を発揮させていきたい。


宇佐美里香

試合で動揺しないためには、会場の雰囲気にのまれそうになる自分を抑えて自分に克(か)つ力が必要ですが、そういう力を鍛える特別な方法があるわけではなく、普段の練習がそのままメンタルトレーニングになります。ここはゆっくり、ここは速く……と、技の緩急や細かい動きに意識を集中して練習をしていれば、試合でも同じようにできます。


古森重隆

当社はフィルム製造から完ぺき主義の文化が生まれました。しかし、デジタルカメラが急速に普及する中で、写真フィルム主体から医療などの成長分野への事業構造の転換を進めました。これからは変化の素早い対応や、スピード感のある挑戦、思い切った踏み込みが必要になります。現在、私に課せられた課題は企業文化の転換です。


布袋寅泰

皆さんの記憶の中にあるBOØWYは武道館や東京ドームを満員にしている姿かもしれません。だけど、6年の活動の間、食えるようになったのはじつは後半の数年間。最初はライブのお客さんも数えられるくらい。レコードデビューはしたものの思ったように音も出せない、レコードは売れない、メディアも振り向いてくれない、という状態でしたね。最高の仲間が集まって、俺たちこんなにカッコいいのに、自分たちのことを信じているのに、何故人に伝わらないんだろう? 何故気づいてくれないんだろう? というもどかしさ。頭のどこかでは、すぐに武道館くらい行けるだろう、と思っていた自分もいた。しかし現実はそんなに甘くはなかった。その悔しさを音にぶつけて、もっとうまくなってやろう、もっといい曲を作ろう、と頑張った。悔しさが自分たちを高めてくれたんです。


おちまさと

皆が知っている売上げランキング一位の商品と、これまた皆が買っている人気の商品をくっつけたって、誰でも思いつくようなことしか出てきません。人と違うアイデアを生み出すためには、どうでもいいようなことをたくさん記憶しておくことが重要なんです。そうした記憶こそが、「なんであの人は、あんなことを思いつけるんだ」という発想の源になります。


ジェイ・エイブラハム

クライアントは問題を感じていても、自分自身で言葉にできないものです。たとえば、私が以前にセミナーをやったとき、参加者に「なぜあなたがこのセミナーに参加をしたのか、抱えている一番大きなフラストレーションは何か教えてください」と問いました。しかし、それが何かを明確な言葉で表現することは参加者にとって非常にむずかしかったのです。私は自分の豊富な経験から、参加者が直面している問題をしっかり言葉にしてあげることがたやすくできました。すると彼らの目がきらめき、笑顔が出て、彼らとの絆が生まれる。そうなるとセミナーは成功するのです。