名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

後藤新平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤新平のプロフィール

後藤新平、ごとう・しんぺい。日本の医師、官僚、政治家、都市計画家。陸奥国胆沢郡塩釜村(のちの岩手県奥州市水沢区)出身。須賀川医学校卒業。台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、帝都復興院総裁、外務大臣、東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長、東京放送局(のちのNHK)初代総裁、拓殖大学第3代学長などを歴任。計画の壮大さから「大風呂敷」と呼ばれながらも多くの仕事を成し遂げた。

後藤新平の名言 一覧

人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう。


個々の病人を治すより、国家の医者となりたい。
【覚え書き|医師から官僚、そして政治家になった理由について語った言葉】


妄想するよりは活動せよ。
疑惑するよりは活動せよ。


ヒラメの目をタイの目に変えることはできない。
【覚え書き|台湾民政長官時代、台湾の経営方針について表現した言葉】


金銭を残して死ぬ者は下だ。
仕事を残して死ぬ者は中だ。
人を残して死ぬ者は上だ。


後藤新平の経歴・略歴

後藤新平、ごとう・しんぺい。日本の医師、官僚、政治家、都市計画家。陸奥国胆沢郡塩釜村(のちの岩手県奥州市水沢区)出身。須賀川医学校卒業。台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、帝都復興院総裁、外務大臣、東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長、東京放送局(のちのNHK)初代総裁、拓殖大学第3代学長などを歴任。計画の壮大さから「大風呂敷」と呼ばれながらも多くの仕事を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

会社の経営でも何でも、素直な心で見るということが極めて大事であると思う。そうすれば、ことをやっていいか悪いかの判断というものは、おのずとついてくる。岡目八目というけれど、渦中にいる自分にはなかなか自分というものがわからない。だから意地になってみたり、何かにとらわれたりして、知らず知らずのうちに判断を誤ってしまう。やはり自己観照ということが大事である。とくに経営者が決断するときには、この心構えが不可欠のように思う。


ウラジーミル・プーチン

ソ連が恋しくない者には心(心臓)がない。ソ連に戻りたい者には脳がない。


中田敦彦

頑張れる人が皆、結果を出しているかというと、そんなことはありません。結果が出る人と出ない人の違いは何かというと「方法」です。厄介なことに、適した勉強法は人によって違うだけでなく、一人の人の中でも変化します。たとえば、「ひたすら読む」勉強法である程度理解が進んでも、その先で急に伸び悩む、といったことも。そんなときは、「映像や音声でのインプット」や「問題集へのトライ」など、別の方法を探るべきです。それまでは効果が出ていたとしても、ずっとそれが最善であると信じてその方法に固執していては意味がありません。頑張りのやり方を変えなくてはならないのです。


ジェームズ・ラシュトン

ユーザーの声をオープンに聞き、機敏にリクエストを実現するように努めていきます。ユーザーと一緒にサービスを進化させていくことが、当社にとって非常に重要だと考えています。


工藤公康

より性格に相手の心理を見抜くには、相手の特徴を前もって知る必要がある。そこで、相手の性格や特徴、勝負強さ等を細かく調べるようにしました。具体的には、他球団の試合のビデオを何試合分も見て、打撃内容を洗い出します。そして、「初球から積極的に打つのか」「狙い球をコロコロ変えるのか」「チャンスではどう打つのか」など相手のクセをあぶり出していくのです。


高岡浩三

なぜ作業を抱え込む管理職がいるのかといえば、楽なんですよね。考えなくていいから。何か仕事をしている気にもなれる。だけど、それでは本来の管理職の役割を果たしていない。面談などで注意をしても改まらないとすれば、替えるしかない。


米山公啓

寝ている間は理性を司る前頭葉の働きが落ちて、脳の後ろ側の視覚領域を司る部分が活性化されます。睡眠中に、論理的につじつまの合わない、おかしな夢を見るのもこのためです。ただ、これはときに創造的なアイデアに結びつきます。難しい問題があって解決策が浮かばないときに、会議を延々と続けても答えは出にくい。難しい問題を考えるなら寝起きがいい。その問題のことを考えながら睡眠に入ると、翌朝、予想外の答えが見つかっているかもしれません。


小池淳義

最適な解と最適なビジネスモデルをつくることが一番大事。枠にとらわれずに新しい方向に向けて新しいモデルを構築することが大切。


佐々木正悟

タスクは自分がこなせると思う量の3分の1か、少なくとも2分の1に減らす必要がある。優先順位をしっかり判断できるようになり、タスクの3分の2を切り捨てようという思考に切り替わる。


柴山和久

大学時代は人生の進路に迷いがありました。2年生のときにはコンサルティング会社のべイン、3年生のときにはマッキンゼーでインターンをしました。でも、自分には合わないなと。大学で法律を勉強していると、社会全体の課題をどう解決するのかに関心が向かいます。そのせいか、特定の事業を伸ばすコンサルの仕事に興味が持てなかったのです。4年生になると長野の農家でインターンをしたり、学者になることを考えたりして、迷走していました。


長榮周作(長栄周作)

何よりもまず、素直な心で基礎を形成しておかなければ、大きく成長していくことは難しい。


永井孝尚

チームで連携して企画書をつくる場合のポイントは、思考を「網羅思考」から「仮説思考」へシフトさせること。たとえば各部署から資料やデータを集めないと書けないような書類でも、先に全体のストーリーを考えた上で「こんな感じにしたい」と叩き台を作る。さらに必要な情報が何かを洗い出し、各担当者に資料作成の目的と期限、叩き台の資料を添えて、メールなどで情報提供を依頼する。集まった資料をもとに朝のゴールデンタイムにまとめれば、効率的にアウトプットできます。