名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

後藤康男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

後藤康男のプロフィール

後藤康男、ごとう・やすお。日本の経営者。安田火災社長。法政大学在学中に安田火災に入社。その後、福岡支店長などを経て社長・会長を務める。日本損害保険協会会長なども務めた経営者。

後藤康男の名言 一覧

企業戦略は世の中を一歩先取りしないといけない。そして、経営者は学者では務まらない。会社の体力、自らのリーダーシップの限界を知ったうえで、世の中で「これは」というものを信じて追い求めればよい。あとは決断であり、大切なのは勘と度胸である。


後藤康男の経歴・略歴

後藤康男、ごとう・やすお。日本の経営者。安田火災社長。法政大学在学中に安田火災に入社。その後、福岡支店長などを経て社長・会長を務める。日本損害保険協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

適正な競争を促すための仕組みを用意するのは政府の役割ですが、実行は各企業に任されているということだけは忘れてはならない。政府はチャンスを与えるだけ。それをどのように活用するかは、民に委ねられています。今、リスクを取って実行しようとしていないのは、民なんです。いくら「政府が、政府が」と言っても、根っこはやっぱり、僕たち企業が経済は支えなきゃいけないんですよ。


佐藤陽一(ソムリエ)

テイスティングの会合などで、すべてのワインのコメントを必死に書き留めている若いソムリエをよく見かけます。別に間違っているわけではなく「頑張って」と応援したくなる健気さは感じるのですが、できれば同じジャンル・品種のワインを口に含んでいき、その中で「これは」と思うものだけをメモした方がいい。書くこと自体に意識がいってしまい、「ワインの特徴を感じ取り、他のワインとの違いを見つける」という基本作業がおろそかになるからです。


佐々木常夫

真のリーダーとはまわりの人を元気にさせる人。その人がそこにいるだけでまわりが自然とヤル気になる、この人とまた一緒に仕事がしたいと思わせる。そんな資質をもった人がリーダーといえる。


村口和孝

たまたま売れて利益が出ることもあるが、どこかでおかしくなる。一瞬利益が出て成功しているように見えるので「驕った経営」の状態となり、本人は実力で成功していると思いこんでいるだけ、修正が効かないことが多く、余計に事態は厄介である。


遠山正道

私たちのビジネスはすべて「やりたいこと」から始まっている。ビジネスを始める根拠が外にあると、うまくいかなくなったときにもそのせいにしてしまったり、修正しようとすると踏ん張りがききません。


林文子

私が育てられたと思う時期は、31歳で自動車業界に入ったころからのことです。当時、セールスウーマンはほとんど皆無の中で押しかけ入社をして、カバンをもってセールスに飛び出した。それこそ無手勝手流で訪問活動し、拒否されたり、受け入れてもらったりして、お客様の気持ちに直接触れながら、仕事を覚えていったんです。お客様に育てられたようなものです。


武田双雲

失敗は意外と相対的なものです。失敗の基準も人それぞれ。


堀場厚

ビジネスには「カンどころ」があります。この選択がビジネスとしてやっていけるかどうか、経営者は決断しなければなりません。タイミングも大事。そこでカンが働くかどうか、いわゆるセンスが問われるのです。このセンスのベースとなっているのが、「本物を見抜く目」です。これは企業買収の決断にも言えます。


吉田耕次

私たちは化学品を製造していますが、その仕事の本質は「技術サービス」を提供することです。お客様の工場にまで入り込み、ニーズを聞き出し、それを技術に反映させること。お客様とのコミュニケーションが大切な、とても泥くさい仕事です。技術だけではなく、「人と人」の関係を重視してきたからこそ、人材へ投資することができました。


山梨広一

現実的な問題解決の糸口が示されていてこそ提案書は見た人の心に刺さり、様々な角度からの議論が巻き起こるのです。


菊原智明

基本的なマナーができなければ相手にされないが、敬語や挨拶を磨くだけでは売れない。相手への誠意を最敬礼ではなく、手段の選び方や仕事の速さで示すことが成果につながりました。


新井田傳

まだまだ走り続けていきたい。今までやり続けてきたことを、方針を変えずにやり続けていきます。新しいことにチャレンジするよりも、今まで続けてきたことを大事にしたい。懲りずに、飽きずに、繰り返していく。それが私に合ったやり方だと思っています。