後藤康男の名言

後藤康男のプロフィール

後藤康男、ごとう・やすお。日本の経営者。安田火災社長。法政大学在学中に安田火災に入社。その後、福岡支店長などを経て社長・会長を務める。日本損害保険協会会長なども務めた経営者。

後藤康男の名言 一覧

企業戦略は世の中を一歩先取りしないといけない。そして、経営者は学者では務まらない。会社の体力、自らのリーダーシップの限界を知ったうえで、世の中で「これは」というものを信じて追い求めればよい。あとは決断であり、大切なのは勘と度胸である。


後藤康男の経歴・略歴

後藤康男、ごとう・やすお。日本の経営者。安田火災社長。法政大学在学中に安田火災に入社。その後、福岡支店長などを経て社長・会長を務める。日本損害保険協会会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

近田哲昌

一つの会社として、チームとして、仲間意識や連帯感を生み出すためには、直接会うのが一番です。しかしながら、時間と場所という制約があり、そう頻繁に会うことができないのが実状ならば、インターネットを使ってコミュニケーション量を増やすのが現実的で有効な方法だと実感しています。


石井裕(工学者)

私のモットーは「出すぎた杭は打たれない」ですが、米国には出すぎた杭を応援してくれる風土があります。


糸井重里

「何も知らないよそ者がうっかり進めちゃった」ということが、何かを変えるエネルギーになったのではないか。


小路明善

経営者というのは強くなければ、会社を、あるいは事業を牽引することはできない。同時に、第一線の社員の目線に立って、その愚痴や悩みも聞く。優しい心や度量がなければ社長としての価値も見いだせない。


清宮克幸

スタイルへのこだわりが勝利への道。


織田信長

備えず構えず、機をはかって応変。すなわち間合いこそ肝要なり。


毛利元就

中国地方の全部とは愚かなことだ。天下を全部持つようにと祈ればよいものを。天下を取ろうとすれば、だんだん中国地方は取れる。中国地方だけを取ろうと思えば、どうして取れるだろうか。
【覚書き:厳島神社詣に行った時、中国地方が元就のものになりますようにと家臣が祈った。上記はそれを聞いた元就の返答】


逢沢明

ゼロサム社会でも、右肩下がりの時代でも「上位にいるものの価値は輝き続ける」。ベストな戦略としては、自分が社会の中で「オンリーワン」な存在であることが望ましい。皆に埋もれてはダメ。目立つほど努力を続けることです。ゼロサム社会は一発逆転ではなく、地道な頑張りで勝つ社会。そして「本当の頂上はどこか?」「そこにいるのは誰か?」、つまり「本物」を見極めた上でトップを目指すことです。


宮本彰

新しいジャンルの商品であれば、最初は競合企業が全くいないでしょう。その状況で想定よりも多く生産するので、利益率がぐっと増えますから。「枯れた技術」から新しいモノを作るので、開発投資があまりかからないという面もありますけどね。


糸井重里

会計帳簿に反映できないことを、僕らは山ほどしている。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

「個」の希薄なアカウントというのは、質的な重さを持たない、小さくて軽い存在だと思うんです。だから無限に群れられるし、群れるまでにかかる時間も非常に短い。それぞれは意思を持っていたとしても、見せる動きは虫と大差ないような……。このままいけば、人はだんだんそんな存在になっていくのでは、という予想をしています。


金児昭

普通、会社は外にいるお客様からお金をいただいて事業経営をします。ただ、ビジネスパーソンの立場を考えると、会社でいうお客様は誰かというと、自分の勤めている会社なのです。会社がお金をくださるのですから、そのお金をもらうために頑張るというのは至極当然の行動なのです。風邪をひいて家で寝ていても給料は支払われることがあるのですから、そうした収入の道を確かなものにする努力は欠かせないのです。


宋文洲

本音を言えば、転職してしがらみを全部なくして大胆に挑戦して、実績を積んでほしい。5年に1回転職すると決めれば、次の転職先との入社交渉で使う切り札を今の職場で作ろうと思うようになり、そのために積極的に行動しますよ。「こんな成果を上げた」「こんなマネジメント能力を持っている」と面接官に言えるようにね。面接で「あなたは何ができますか」と聞かれて、「課長ができます」と言ってごらん。即不採用か、仮に運よく採用されても給料を買い叩かれるだけですよ。


小川仁志

ビジネスの主戦場は世界になっています。世界で活躍するエリートたちは、哲学の素養があるのが当たり前。フランスでは哲学は大学受験の必須科目ですし、幼稚園から哲学の授業をしているところもある。日々、盛んに哲学的な議論を重ねているのです。そんなライバルたちと戦うためにも、哲学の素養は必要。


嶋津良智

相手を動かしたいのであれば、相手が動きやすい環境を作ってあげることが大切です。そのために自分は何ができるかを考えるとよいでしょう。


ページの先頭へ