名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

張万基(張萬基)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

張万基(張萬基)のプロフィール

張万基、張萬基、ちゃん・まんぎ。韓国人間開発研究院会長。ソウル大学大学院卒業、米国UCLA経営大学院国際経営者課程修了。韓国明智(ミョンジ)大学経営学科教授、コリアマーケティング代表取締役、韓国ギャラップ統計研究所所長などを経て韓国人間開発研究院会長に就任。韓国で経営人材づくりの活動を行った。

張万基(張萬基)の名言 一覧

李明博前大統領の時代に、社会統合委員会という大統領直属の組織が設けられました。そのような委員会を設けねばならないほど、韓国社会の内部では階層間や地域間、世代間などで価値観の対立が目立ってきたのです。互いのコミュニケーションがうまくいっていないからでしょう。こうした問題を解決して行くにはやはり、人間開発が必要ではないでしょうか。


韓国の場合、活躍している経営者はだいたい朝が早い。朝早くから研究会に参加してくるというのは、それだけ志が高いということです。だからいつも、熱気にあふれていて、講演者に対する質問がたくさん出てくる。


張万基(張萬基)の経歴・略歴

張万基、張萬基、ちゃん・まんぎ。韓国人間開発研究院会長。ソウル大学大学院卒業、米国UCLA経営大学院国際経営者課程修了。韓国明智(ミョンジ)大学経営学科教授、コリアマーケティング代表取締役、韓国ギャラップ統計研究所所長などを経て韓国人間開発研究院会長に就任。韓国で経営人材づくりの活動を行った。

他の記事も読んでみる

久米信行

社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。


坂根正弘

相手が何を求めているのかをよく理解して、話す内容をしっかり考えないと、相手を説得できない。


三木田國夫

上司は部下を叱ったらいけません。問題が起こったら、その解決策を探して教えるのが仕事でしょう。


石川善樹

嫌いな人に対しては、思いやりを持ちましょう。「この人も家族や会社のために働いている。自分と同じように幸せを求めているだけだ」と心の中で唱える。すると不思議と苛立ちが和らぎ、心も乱れなくなる。


三浦昭

マサチューセッツ工科大学のジョージ・ステファノポーラス氏をCTO(最高技術責任者)として招いたことはかなりインパクトがあったと思います。とくに課長クラスや若手が刺激を受けているようです。ステファノポーラス氏は研究者としてだけでなく、後進を育てる手腕への評価も高く、MITの枠を超えてグローバルな人脈を持っています。当社の社員は自らの研究テーマについて的確なアドバイスを受け、世界で最高水準の研究者を紹介してもらうことが可能になったわけです。


加藤進(住友商事)

従業員との直接対話を年間50回ほど、各職場を訪ねる形で積み重ねています。その場でも、できる限り、みんなの意見を聞くように努めているのです。私としては、自分が一方的にしゃべるほうが楽ですが、会社の方針や自分の考え方を理解してもらうには、まず、相手の話を聞くことだと思っています。


宇佐美博高

アナリスト経験が豊富な4人のメンバー全員が同席してオリジナルの情報に直接触れた上で、知恵を出し合って合議で判断しています。このように一人の個人に依存しない体制を作り上げています。


鈴木泰信

当社の歴代社長は、銀行出身か経営企画畑出身で現場を知りませんでした。そのため人員削減に踏み切れずにいました。しかし、NTNで初めて技術系出身のトップとなった私は、ほぼ一貫して開発や生産部門を歩いてきたため、どの工場にどんな機械があるかまで現場を知り尽くしていました。また、常に組織の傍流を歩んできたため、当社の体質や問題点を客観視できていました。


澤上篤人

ぜひ考えることを面白がってほしい。私自身、この仕事で一番楽しいのは、「○年前に予想したことが、最近になって現実になったよなぁ」と思う瞬間です。


松下幸之助

自分には自分に与えられた道がある。
広いときもある。狭いときもある。
登りもあれば、下りもある。
思案に余るときもあろう。
しかし、心を定め、希望を持って歩むならば、
必ず道は拓けてくる。
深い喜びも、そこから生まれてくる。


近藤誠

日本のガン治療が遅れていたのは、医学界が村社会でボスの意向に逆らえなかったからです。米国留学から帰国した後、私は日本のガン治療を変えようと一念発起しました。しかし、同意してくれる人はいません。治療法をめぐるカンファレンスは、勝つか負けるかの激論です。毎回胃がキリキリする思いをしました。


堤幸彦

やる気の源は、どんなことでも「面白れぇー」と思うことです。