弘世現の名言

弘世現のプロフィール

弘世現、ひろせ・げん。日本生命保険社長・会長。東京大学卒業後、三井物産で16年実務を経験し、日本生命保険の取締役就任。その後専務を経て社長。以後35年にわたり日本生命のトップを続ける。生保業界の重鎮と呼ばれる

弘世現の名言 一覧

流れに逆らっちゃいかん。しかし、流れに流されてもいかん。


生命保険と言うのは、他の商品と違って効用を直接訴えにくい目に見えない商品なので、これをセールスする苦労は大変なものである。表彰に値する優績セールスマンと言うのは、単に契約高という量的な面ばかりでなく、日常の地道な活動の実態などを加味したものである。


運というものは、後になってみれば幸運・不運ということがいえるが、その時には「禍福はあざなえる縄のごとし」で、やはり運命に甘んずることなく、自分で自分の運命を切り開いていくという気持ちが大切だ。【覚書き:勲一等瑞宝章を受けた際に過去を振り返っての発言】


悪いと思われるものの中でも、時代の価値観の変化によって、新しい生命を持つ良いものがあるかもしれない。経営でもそうした物差しを持たなければ、良いものを発見することはできない。【覚書き|日本生命社長30年目に自身の経営哲学を語った際の発言】


弘世現の経歴・略歴

弘世現、ひろせ・げん。日本生命保険社長・会長。東京大学卒業後、三井物産で16年実務を経験し、日本生命保険の取締役就任。その後専務を経て社長。以後35年にわたり日本生命のトップを続ける。生保業界の重鎮と呼ばれる

他の記事も読んでみる

細川馨

初めに「やらされ感」を覚えてしまうと持続しません。当社のクラウドサービスには、一人一人がモチベーションを持続するために楽しさを感じさせる要素を組み込んでいます。次の最新版は、バンダイナムコさんと提携した「たまごっち版」をローンチします。自分の成長とともに、システムの中のアバターも成長する仕掛けです。


大倉忠司

飲食業では、店を持つことを夢みて始める人が多くいます。店を一軒持つと、開店初日に「自分も一国一城の主になった」と感慨に浸るものです。でも、私にはそんな気持ちは全くありませんでした、「二軒目をどうやって出すか。資金繰りはどうするか」、そればかり。「大チェーンをつくる」という思いで起業したわけですから、一軒目で満足などしていられません。もっと大きな夢を追いかけていました。


今井登茂子

相手に気持ちよく「いいですよ」と引き受けてもらうには、いろいろ理屈を並べて説得しようとするより、相手の心を動かすのが先です。そのときの殺し文句は、「あなたにしか頼めないんです」。こう言われれば、誰だって気持ちがグラリと動きます。そこへ「実は……」と切り込んでいくのです。このフレーズは話を切り出す最初に言うことが肝心です。


安田隆(経営者)

ジムは朝6時からやっているので、最近は出社前に身体を動かす習慣ができました。早起きをするとイライラする頻度が減ったような気がしますし、体力だけでなく気力も充実してきたような気がします。


鈴木亜久里

人から支援を得られる人と、そうでない人の違いは、私利私欲に走るか走らないかだと思います。「俺ののどが渇いているから、誰かコップに水を注いでくれ」と言ったって、誰も水を入れてくれません。「みんなで楽しめるプールをつくりたいから、水を入れて欲しいんだ」とお願いすると、たとえ膨大な水量が必要でも、集まるものなんです。


林野宏

私は現地法人を作るにしても、株式の過半数を持つことは意識しません。従業員も経営もできるだけ現地の人に任せたい。ベトナムの会社は今、従業員が5千人以上ですが、日本から送りこんでいるのはたった3人です。日本のノウハウを現地に持ちこむことが目的だとも言えます。それができたら、3人の日本人も引き上げていい。


星野陽子

ユダヤ人はとにかく、既存の物事に従おうとしません。ルールは守るのではなく破ってしまえ、変えてしまえという感覚があります。成功したビジネスマンはもちろん、普通の人でも、いままでと違うことをやろう、と考える習慣がついています。何かにつけて「それ、何でやらなきゃいけないの?」と言ってくる。面白いんですが、一緒に住んでいると大変です(笑)。


田村公正

創業から50年、我々はいつの時代もお客さまの声とともに成長してきました。常にお客さまに寄り添いながら、「お客さまの利便性を高める」「お客さまに喜びと感動を感じていただく」というこの2点が連綿と受け継がれていること、そのことが当社の成長の源泉になっているのだと思います。


ヒラリー・クリントン

何かを固く信じたら、それを守る気構えを持っていなければいけない。


天坊昭彦

仕事を任されれば本気になります。自分の仕事なのだから必死で取り組むし、誰よりも深く理解します。そうすると仕事がどんどん面白くなります。社員の目が輝いてきたらしめたものです。必ずお客さまにも出光の社員が一生懸命やっていることが伝わります。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

善に基づく「不滅の正義」。その「公正な普遍の法則」への揺るぎない信頼が、人生の成功を導く鍵といえます。


藤本やすし

雑誌の表紙は、書店に並んだときに顔になる、そんな役割を果たしています。だからこそ、第一印象で消費者の五感に訴えかける価値を、何らかの形で提供しようと知恵を絞るのです。僕の場合は、とくに「グッズ感覚」ということにこだわっています。パッと見たときに商品が楽しく見えて、思わず買ってしまうことを目指しているのです。衝動買いしたくなる雑誌かどうかは、表紙の大事な要素だと思います。


石川善樹

感情は伝染すると知っておくことが大事。自分の感情は自分一人が決めているのではなく、つながりの先にある膨大なネットワークの影響を受けているという事実を忘れないでください。あなたのネガティブな感情は、あなたのせいではないかもしれないのです。


岩田松雄

成果を出すマネジャーは、仕事を任せるといっても部下に丸投げするわけではありません。理念や方針、目的といった大きな方向性をきちんと共有したうえで、具体的なやり方を本人に任せます。


松村誠一(経営者)

当社も経営幹部の早期育成を目指して選抜教育を始めました。ときには選抜されなかった社員から「なぜだ!」と問合せが来る場合もあります。そんな場合でもきちんと理由を説明するとわかってもらえるのは、平等・公平な制度運営を心掛けているからでしょう。


ページの先頭へ