名言DB

9412 人 / 110637 名言

引田淳の名言

twitter Facebook はてブ

引田淳のプロフィール

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

引田淳の名言 一覧

自分をさらけ出して部下と心からコミュニケーションを取りなさい。しかも部下からではなく、指揮官のほうからするべきだ。


リーダーとして常に先頭に立ち、行動を伴うというのも当然ですが、気持ちの面でも引っ張っていく、だから安心してついてこいといった感じですね。そして部下との関係においては、人間と人間の付き合いですから、結局は、その人の魅力なんですよ。


人はそれぞれ個性も、性格も違いますから、人のマネをしてもだめです。自分の尊敬する先輩、上司が非常に優れていたとしても同じ人間ではないのでマネはできません。だから、自分のスタイルをつくりなさいと伝えているんです。


命令を下したときに、部下が積極的に、自らその指揮官の意図することを具現化するために動くか、といった点も含めたものが統率ですので、日ごろの人間関係を含めた部隊運営が重要になってくるわけです。


決断というのは本当に難しいものです。ですが、決断できない指揮官ほど最悪なものはないですから、これは鍛錬するしかないですね。人生において真に苦渋の決断を迫られる場面は限られます。統率の授業で、過去の事例をケースに考えさせています。


得意分野を持つことを勧めています。仕事に対する積極性を示せということです。そのような姿勢をみせることは、部下にある種の尊敬の念を抱かせると思います。いずれにせよ、本音と本音の勝負なんです。そして、その根底にあるのは、使命感や責任感です。


決断力は学べるものではありません、経験するほかないんです。ですから、普段から先を想定して考えておくことが大事です。ただ、状況はいつも同じわけではありませんから、どんなに小さな局面であっても、与えられた情報で、限られた時間の中で決心する経験を積むことが大事になってきます。


統率を教える中で、私が一番重要だと伝えているのは、まず、自らの使命感、責任感を確固たるものにしないといけないということです。我々が教えている学生は、卒業し、部隊に行けば初級幹部になりますから、率先垂範を示せと伝えます。「リーダー・イズ・ファースト」ですね。


引田淳の経歴・略歴

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

他の記事も読んでみる

サーディ

次の二つは知性にとって恥である。語るべき時に黙り、黙るべき時に語ってはいけない。


片田珠美

「攻撃は最大の防御」と言うように、自分を守るためなのです。攻撃欲が強い人は、実は臆病な意気地なしです。自分の弱さを隠すために、人を攻撃するのです。


ヴォーヴナルグ

軽蔑の中には、自分の名誉を危うくしないために、感じないふりをせねばならない軽蔑がある。


三浦展

一杯1000円のコーヒーを出す百貨店の喫茶店は人気がありませんが、100グラム3000円の美味しいコーヒー豆はよく売れています。高い豆でも家でいれて飲めば1回300円です。よそでまずいコーヒーを飲むよりはずっと豊かです。自分でいれた方が美味しいんだと気が付けば、新しい消費のサイクルが生まれてきます。こういった消費者の変化に目を向ければ、衰退していた産業でも息を吹き返すことができるのではないでしょうか。


山石昌孝

世界のタイヤ市場は年率3~4%で拡大しています。しかし同時に中国メーカーなどの新規参入も盛んで、低価格を武器にシェアを広げています。新興国以外でも資金力のある大手は直営のタイヤ専門店などの販売網を整備して攻勢をかけています。国内3位、世界で8位の当社が、同じ戦い方をしても消耗戦に陥るだけです。次の100年に勝ち残るには、徹底的に「技術」を磨き、価格競争力や資金力ではなく、「技術力」で勝負することが不可欠です。


渡邉幸義

適度に空気を読んでコミュニケーションしなければならないと誰が決めましたか? 例えばアスペルガー。広汎性発達障害の一つです。彼らは場の空気を読むことが苦手です。そして非常にこだわりが強い。誰も気にしないような問題点を痛烈に指摘してきます。耳が痛いかもしれませんが、企業にはそのような存在が必要です。些細な問題から目を逸らしていると、やがて根幹を揺るがす大きな問題に発展してしまうからです。時には私も胃が痛くなるようなことを言われます。でも、彼らのおかげで裸の王様にならずにすんでいます。


小林佳雄

もし間違えてしまったとしても謝るだけでいい。一度謝罪をすれば、それ以上その問題に対して反省するよりも、次にどう活かせるかを考えるべき。


土井英司

私は、世の中は「WHY」「WHAT」「HOW」の順に循環していく、という歴史観を持っています。それまで続いてきた価値観やシステムが行き詰ると、「なぜこうなってしまったのか?」といった「WHY」が問われ、その結果生まれた新しい理念に基づいて、次に、やるべきこと「WHAT」の議論が始まる。実行すべきことが決まると、どうやってそれを実行するのは「HOW」が注目され、具体的な技術が研ぎ澄まされていく。技術の進歩が限界に達して息づまると、また「WHY」の議論が始まる。この繰り返しです。


ウィリアム・チャニング

間違いと失敗は、我々が前進するための訓練である。


石見浩一

常に変化していないと生き残れない。


トム・ケリー(IDEO)

日本企業の行く末を悲観することはありません。アップルの最初のマウスをデザインしたときのことです。当時、スティーブ・ジョブズは「そのマウスのデザインをくれないか」と言ってきました。一方で、松下電器産業(のちのパナソニック)の担当者は我々のコンサルティングに対して「デザイン部門の予算ではなく、人事部の予算から費用を出す」と言いました。つまり、アップルがモノに価値を見出したのに対し、松下電器産業はモノを生み出すためのアプローチや考え方そのものが自分たちの社員に必要だと言ったのです。この話からもわかるとおり、日本人は学ぶのが好きです。そして社員を育成するというマインドを強く持っています。


宇田川憲一

日本の常識が必ずしも通用しない厳しさを肌で知りましたが、「海外はこりごり」とは思いませんでした。資源に乏しい日本の化学メーカーが成長するには海外に打って出るしかないからです。ただカントリーリスクの怖さは骨身にしみました。海外事業を展開する際に進出先の政情や文化などを徹底して調査する姿勢は、今も大切にしています。
【覚え書き|イランからの撤退を振り返っての発言】


小路明善

私たちの商品を売ってくださる小売店や飲食店の方たちは、消費トレンドを非常に敏感に捉えている。その方たちが「これを売りたい」と思うような商品であるかどうかは、重要な判断基準になります。


高島宏平(髙島宏平)

ベンチャー企業での毎日は、未知なる問題との衝突の連続。そのたびに、みんなで寄ってたかって問題解決に臨む必要がある。


安渕聖司

私は三菱商事のロンドン支店で財務の仕事をしていたときにブラックマンデーにあったり、UBS証券にいた頃に9.11にあったり、といった経験を重ねることで、予測の幅が広がりました。おかげで、GEキャピタルで金融の仕事をしていてリーマン・ショックを経験したときには、それほど動揺しませんでした。想定外のことが起こったら、ピンチどころか、「自分の想定の範囲を広げられるチャンス」です。