名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

引田淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

引田淳のプロフィール

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

引田淳の名言 一覧

自分をさらけ出して部下と心からコミュニケーションを取りなさい。しかも部下からではなく、指揮官のほうからするべきだ。


リーダーとして常に先頭に立ち、行動を伴うというのも当然ですが、気持ちの面でも引っ張っていく、だから安心してついてこいといった感じですね。そして部下との関係においては、人間と人間の付き合いですから、結局は、その人の魅力なんですよ。


人はそれぞれ個性も、性格も違いますから、人のマネをしてもだめです。自分の尊敬する先輩、上司が非常に優れていたとしても同じ人間ではないのでマネはできません。だから、自分のスタイルをつくりなさいと伝えているんです。


命令を下したときに、部下が積極的に、自らその指揮官の意図することを具現化するために動くか、といった点も含めたものが統率ですので、日ごろの人間関係を含めた部隊運営が重要になってくるわけです。


決断というのは本当に難しいものです。ですが、決断できない指揮官ほど最悪なものはないですから、これは鍛錬するしかないですね。人生において真に苦渋の決断を迫られる場面は限られます。統率の授業で、過去の事例をケースに考えさせています。


得意分野を持つことを勧めています。仕事に対する積極性を示せということです。そのような姿勢をみせることは、部下にある種の尊敬の念を抱かせると思います。いずれにせよ、本音と本音の勝負なんです。そして、その根底にあるのは、使命感や責任感です。


決断力は学べるものではありません、経験するほかないんです。ですから、普段から先を想定して考えておくことが大事です。ただ、状況はいつも同じわけではありませんから、どんなに小さな局面であっても、与えられた情報で、限られた時間の中で決心する経験を積むことが大事になってきます。


統率を教える中で、私が一番重要だと伝えているのは、まず、自らの使命感、責任感を確固たるものにしないといけないということです。我々が教えている学生は、卒業し、部隊に行けば初級幹部になりますから、率先垂範を示せと伝えます。「リーダー・イズ・ファースト」ですね。


引田淳の経歴・略歴

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

リーダーの役割とは、変革をリードし、次のリーダーを育てることだ。


三原邦彦

リーマンショックで危機に瀕したとき、成長が期待できる新規事業を立ち上げるなどして、「この状況は何年も続かせないし、絶対に社員を辞めさせない」というメッセージを社員に伝えました。おかげでほとんどの社員が残ってくれたし、業績も急速に回復しました。


堀紘一(コンサルタント)

高度成長時代というのは懐かしいし本当によかった。なにせ放っておいても経済は拡大する。拡大する経済は、自ら動かなくてもお客様から注文を運んできてくれた。増大する注文、売上に対応すべく素早く真面目に増産計画を立て、場合によっては新しい設備を入れる、人を雇う。仕事のやり方は、受け身が基本。ところが、いまのような低成長時代は前提条件がまるで異なってくる。待っていても注文は増えない。したがって、ビジネスマンは自分から動かなければならない。


中村和男

人間はいつか必ず死ぬわけですが、一人でも多くの方が満足感を伴い「人生を全うした」といえるような最期を迎えるために、何が本当に必要かが問われています。限られた国家予算を、誰にどのくらいの割合で配分するかといった難問と同時に、個人の幸福を実現するための国際的な倫理の議論にも向き合わなければなりません。薬による治療だけでなく、予防という観点も重要になりますね。個別化医療というのは、このような価値観の問題に、真摯に向き合っていくことも含まれます。


似鳥昭雄

先が見えない時代に明るい兆しを他社に先駆けて見つけ、自分たちだけ次の好況へ向けて新たな手を打つ。これが一番、確実に差を付けられる。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

生産性の向上が、経済成長のために、より高い賃金を生み出すために必要だ。


セネカ

運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない。


大橋徹二

トップとボトム、ミドルの信頼関係がなければ、いくらトップが言ったところで現場も会社全体も動くわけがない。しかし、ミドルが手取り足取り教えることによって現場も動いていく。そこから信頼関係が生まれる。


高田明(ジャパネットたかた)

現実を直視し、現実を受け入れないと、危機は乗り越えられない。


並木裕太

寝る前に必ずメールのInbox(受信トレイ)を空にしないと気が済まない。あとで必要なものは残すけど、返信したら、95%はすぐに削除します。


竹内弘高

実体験は、人を大きく変える力を持っている。


吉田忠裕

立派なブランド、会社が突如としてとんでもない事態になった例が日本にもいくつもあります。その怖さを意識しながら、全体を見て、驕ることなく経営を進めていきます。