名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

引田淳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

引田淳のプロフィール

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

引田淳の名言 一覧

自分をさらけ出して部下と心からコミュニケーションを取りなさい。しかも部下からではなく、指揮官のほうからするべきだ。


リーダーとして常に先頭に立ち、行動を伴うというのも当然ですが、気持ちの面でも引っ張っていく、だから安心してついてこいといった感じですね。そして部下との関係においては、人間と人間の付き合いですから、結局は、その人の魅力なんですよ。


人はそれぞれ個性も、性格も違いますから、人のマネをしてもだめです。自分の尊敬する先輩、上司が非常に優れていたとしても同じ人間ではないのでマネはできません。だから、自分のスタイルをつくりなさいと伝えているんです。


命令を下したときに、部下が積極的に、自らその指揮官の意図することを具現化するために動くか、といった点も含めたものが統率ですので、日ごろの人間関係を含めた部隊運営が重要になってくるわけです。


決断というのは本当に難しいものです。ですが、決断できない指揮官ほど最悪なものはないですから、これは鍛錬するしかないですね。人生において真に苦渋の決断を迫られる場面は限られます。統率の授業で、過去の事例をケースに考えさせています。


得意分野を持つことを勧めています。仕事に対する積極性を示せということです。そのような姿勢をみせることは、部下にある種の尊敬の念を抱かせると思います。いずれにせよ、本音と本音の勝負なんです。そして、その根底にあるのは、使命感や責任感です。


決断力は学べるものではありません、経験するほかないんです。ですから、普段から先を想定して考えておくことが大事です。ただ、状況はいつも同じわけではありませんから、どんなに小さな局面であっても、与えられた情報で、限られた時間の中で決心する経験を積むことが大事になってきます。


統率を教える中で、私が一番重要だと伝えているのは、まず、自らの使命感、責任感を確固たるものにしないといけないということです。我々が教えている学生は、卒業し、部隊に行けば初級幹部になりますから、率先垂範を示せと伝えます。「リーダー・イズ・ファースト」ですね。


引田淳の経歴・略歴

引田淳、ひきた・あつし。日本の自衛官。航空自衛隊空将、防衛大学校教授。愛知県出身。防衛大学校卒業。防衛大学校防衛学教育学群長、飛行開発実験団司令、西部航空方面隊副司令官などを務めた。

他の記事も読んでみる

城山三郎

東京へ出る予定なのだが、その前に仕事部屋へ寄り、机に向かった。書いた原稿はわずか一枚だが、それでも毎日仕事を続ける感じをと、わが身に言い聞かせて。サイトウサンペイ氏に、「三日続けて仕事をしないと、頭の配線図が消えてしまう」との迫力ある言葉があるが、この道四十年の私も、とにかく配線図が消えてはならぬと、いまなお、おびえている。


安渕聖司

改めて自分の仕事のやり方を見直すと、ムダなプロセスがたくさん見つかる。それを思い切ってなくしたり、大胆に簡略化したりすれば、仕事のスピードは飛躍的に上がりますよ。


池口龍法

木魚を叩いたり、好きな音楽を聴いたりして心を整えると、いい考えが浮かびやすい。机の整理もお勧めです。


葛西敬之

いまは小中高等学校でいろいろなことを教えすぎていると思います。あまりに科目が増えていくので、子供たちにとって本当に必要なことを教えているというより、教師の雇用確保のために必要のないことまで教えているかのような気さえしてしまいます。特に小中学校においては、大切なものは本当に限られています。それは「読み・書き・そろばん」です。国語力を十分に付け、英語力の土台を作り、数学能力の基礎を身に付けなければなりません。


鈴木喬(経営者)

商品やネーミングを会議で決めるのではなく、本当は常識外れの柔軟な発想力を持っている者が、独裁的に決定すべきです。


千早茜

私は文楽をよく観るのですが、命も心もないと頭ではわかっているのに、そのひとがたに感情移入してしまうところがすごく好きで。そして普段、自分の感情を表に出せない人にとっても、人形はどこか心を投影できる存在のような気もするんです。


津田全泰

初めての起業。成功するか失敗するかわからない中で、コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想でした。


堺屋太一

受験の影響というのは、本当に強くなっていると感じます。もちろん、すべての東大生がそうとは言いませんが、「私は東大入試に合格しました。だから同世代で最高に優秀だ」というように、受験による基準がすべてになっています。こういう人たちでは、何も新しいものは生み出せません。


加藤進(住友商事)

余人をもって替えがたい人材の育成は、それはそれで重要であるが、部門が抱えているそのような人材こそ、部門を超えて異動させ研鑽を積ませることで、前任者以上の力を発揮することが多々ある。そういう人材は、どんなビジネスでもリーダーとして活躍する。


泉谷直木

グローバルに出ていくと、初めての部下、商品、お客様を相手に仕事をすることになります。国内で慣れた部下、商品、お得意様と仕事をするような、いわゆるコンフォートゾーンでするような仕事は許されなくなってきます。常に自分自身を再教育し、イノベーションを起こしていく意欲が必要です。しかも、その中心には我が社の理念、哲学という柱がなければいけません。


森川亮

プロジェクトを立ち上げる時に、やたら情報収集して、ネガティブな情報までたくさん集めて、やっぱりこの計画はやめておこう、実行しなくてよかったね、と安心するような人が結構多い。情報を集めることに時間を費やし、行動しないで終わるなら、その時間は無駄。


中野克彦(経営者)

チームプレーで抜きんでるためには、メンバーの力を限界以上に引き出さねばなりません。それには言葉を通じて感動を与えることです。私は以前から読書や会話を通じて、感銘を受けた言葉を小さなメモ帳に書き留めています。