名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

延岡健太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

延岡健太郎のプロフィール

延岡健太郎、のべおか・けんたろう。日本の経営学者。広島県出身。大阪大学工学部精密工学科卒業後、マツダに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後マツダを退職。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でPh.Dを取得。神戸大学経済経営研究所助教授・教授などを経て一橋大学イノベーション研究センター教授に就任。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、MOT(技術経営)。そのほか、経済産業研究所ファカルティフェロー、組織学会評議員、組織科学シニアエディター、一橋ビジネスレビュー編集委員などを務めた。主な著書に『価値づくり経営の論理 日本製造業の生きる道』『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』『MOT入門』『製品開発の知識』など。

延岡健太郎の名言 一覧

日本企業が新しい価値を生み出せなくなっている原因の一つが、イノベーションの手段と目的を混同していることです。技術は手段にすぎませんが、イノベーションというとAIやIoTの活用という技術の話ばかりです。


商品の成功において必要条件と言えるのが、エンジニアリングとデザインの統合的価値。2つを融合させることで、消費者がその商品を所有し、使用する際の満足度や喜びが高まる。


「イノベーション」とは、新しい手段で社会に役立つ新しい価値を生み出すことですが、本来、価値の方こそが大切でアイデアや革新性は手段にすぎません。日本企業が抱える問題は、新しい価値、つまり顧客が高いお金を払っても欲しいと思える商品が何かを、見いだすのが難しくなっていることです。


経営のリーダーシップで「強み」を磨き続ける方が、はるかに効率的に価値を高めることができます。


モノづくりは、顧客にとっての価値をつくりだすことでもあります。メーカー側が顧客をよく理解し、顧客にとっての価値を提案するところまでできなければなりません。


自社の中核(コア)技術を大切にし、どうしても足りない技術や経営資源は他社からの調達も視野に入れつつ、新しい製品を生み出し続けることが大切です。


製品や技術のライフサイクルはいつか尽きます。現在の用途や目先に利益性だけに目を奪われてしまうと、技術革新や社会の変化でニーズそのものが変容したときに対応できなくなります。


有望な市場には新規参入が相次ぎます。よほど革新的な技術を携えない限りは、価格競争に巻き込まれます。市場が伸びている段階では表面化しなくても、いずれ利益なき繁忙に陥ります。


本質的には、汎用品などを幅広く手掛ける大手より、得意分野に特化した企業が多く集まる方が、日本の産業蓄積にとっては重要です。大企業は本当に強みを持つ分野だけに経営資源を集中することができず、どうしてもムラやムダが生じてしまう。


機能や技術、特許といった「表層」の価値にとどまらず、顧客との成功体験の共有といった「深層」にまで入り込むことが、競合企業の進出や模倣を防ぐことになります。それができれば、赤字が続くということはないでしょう。


問題解決が既存の知識を活用・深化させることであるのに対して、問題提起は新たな価値を探索すること。長期的な競争力に結びつけるには、目前の問題解決だけでなく、新たな価値を探索することが重要。


機能的価値とは、商品の技術的な数字や仕様によって表せる価値のこと。モジュール化や標準化が進んだことで新規参入が容易になり、商品の仕様や機能の高さだけでは、すぐに他社に模倣されてしまい、差別化ができなくなりました。機能的価値だけでは、過当競争にさらされ、利益に結びつきにくくなったのです。


客観的な視点から理詰めで考えるエンジニアと、人間の主観的な感性を重んじるデザイナーでは、問題解決の方法が異なるため、共創は容易ではありません。この問題を解消するため、ダイソンでは商品開発に取り組む主要な技術者の多くを、デザインとエンジニアリング両方の教育を受けた「デザインエンジニア」にすることによって、使いやすく見た目もいい商品の開発に成功しています。


米アップルの製品に象徴されるように、最近は「機能」だけではなく、デザインなどの「意味」が重要です。両方を備えた「統合的価値」がなければ、モノは売れません。大企業にも、統合的価値を分かる人はいるでしょう。しかし残念ながら、日本の企業はコンセンサス(合意形成)を重視するので、合意しやすい数字やスペックの話になり、結局その人の意見が潰されたり、角が取れて丸くなったりしてしまいます。イノベーションを生み出すには、やはり統合的価値を分かる人に大胆に任せる経営が必要でしょう。


延岡健太郎の経歴・略歴

延岡健太郎、のべおか・けんたろう。日本の経営学者。広島県出身。大阪大学工学部精密工学科卒業後、マツダに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後マツダを退職。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でPh.Dを取得。神戸大学経済経営研究所助教授・教授などを経て一橋大学イノベーション研究センター教授に就任。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、MOT(技術経営)。そのほか、経済産業研究所ファカルティフェロー、組織学会評議員、組織科学シニアエディター、一橋ビジネスレビュー編集委員などを務めた。主な著書に『価値づくり経営の論理 日本製造業の生きる道』『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』『MOT入門』『製品開発の知識』など。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

激しく挑み続けても、世の中は変わらない。しかし、世の中は変わらなくても自分自身は変わる。世の中が変わらないからといって、それでガックリしちゃって、ダラッと妥協したら、これはもう絶望的になってしまう。そうなったら、この世の中がもっともっとつまらなく見えてくるだろう。だから、闘わなければいけない。闘い続けることが生きがいなんだ。


オグ・マンディーノ

勇気を奮い起こしなさい。行動と悲しみは永遠に相容れないものであることを知りなさい。筋肉が緊張し、指が掴み、足が動き、頭が目前のやるべきことで占められている時は、自分を哀れんだり、後悔の念に苛まれたりしている暇はない。行動はいかなる傷をも癒す香油のようなものである。


島津貴久

侍どもの中で、番狩・普請やその他の役務の間の日には、ただぶらぶらしておらずに、主人・家の子・女までも、朝早くから農業にいそしんでほしい。


江上治

大口の顧客をつかんだり専門性を持つことも重要かもしれない。だが、そうなるのは、あくまで仕事を続けた上での結果であり、当たり前のことを当たり前にできた上での話であるにすぎない。


五百田達成

男を動かすには肩書きと権力が一番です。ある男子に、「君は受付係のリーダーだ。しっかり責任を持ってくれ」と依頼しました。その時の彼の表情は、いまだに忘れられません。みるみる「働く男の顔」になっていき、周囲にキビキビと指示を出して働き始めたのです。このように、男をリーダーに任命するのは効果的なだけでなく、実に簡単です。


山極寿一(山極壽一)

人間はもともと、熱帯雨林に住んでいた生き物ですから、突然起こる出来事にも臨機応変に対処できる五感があるはずでした。遠くを見渡せる砂漠とか、草原とかと違って熱帯雨林という空間は全てが隠されていますからね。しかし、生の環境で鍛えた感覚がないと、うまく関係性を構築できない。


江口和志

新卒・中途採用にかかわらず、縁あって「サムティ丸」に乗った仲間たちには、長く勤め続けてほしい。そのためには仕事だけでなく、家庭やプライベートを充実させる環境づくりが必要です。そこで当社では、基本的に毎日19時にはPCを自動シャットダウンし、早めの退社を促しています。それが牛澤件の向上を生み、社員にとっても会社にとっても良い結果につながっています。


長谷川閑史

ミレニアム(ミレニアム・ファーマティカルズ。武田薬品が以前買収した米国のバイオベンチャー)の買収のときは100人ほどいたキーパーソンを2年間で90%以上は社内にとどめてくれというのが、買収した際にCEOに課した目標でした。残った人にはボーナスも出した結果、95%以上が仕事を続けてくれました。


水谷修

ふざけるな! いいか、腐らせてるのは大人が悪いんで、はじめから腐っている子供なんているわけないだろう!


中野信子

テレビの仕事は、著書を書いた出版社さんが、メディア活動に積極的だったのがきっかけです。「脳科学を語れる女性」が少なかったため、その後も出続けています(笑)。でも、面白いし、やりがいも感じています。


常陰均

厳しい交渉で大切なのはしっかりした理屈と誠意を持ち続けること。


佐々木典士

ミニマリストになる前の私は、仕事机や自宅はモノであふれていて、心がモヤモヤしていました。気分が晴れないから、仕事の進め方にも悪影響が出ていた。朝早く出社しても、ネットサーフィンをしながら、心のエンジンがかかるのを待ち、1時間経つこともざらでしたね。モノを捨てることで「ダラダラ」から「テキパキ」に変わりました。頭がスッキリして集中力が増したから、出社後すぐに、重要な仕事に手を着けられます。