延岡健太郎の名言

延岡健太郎のプロフィール

延岡健太郎、のべおか・けんたろう。日本の経営学者。広島県出身。大阪大学工学部精密工学科卒業後、マツダに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後マツダを退職。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でPh.Dを取得。神戸大学経済経営研究所助教授・教授などを経て一橋大学イノベーション研究センター教授に就任。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、MOT(技術経営)。そのほか、経済産業研究所ファカルティフェロー、組織学会評議員、組織科学シニアエディター、一橋ビジネスレビュー編集委員などを務めた。主な著書に『価値づくり経営の論理 日本製造業の生きる道』『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』『MOT入門』『製品開発の知識』など。

延岡健太郎の名言 一覧

商品の成功において必要条件と言えるのが、エンジニアリングとデザインの統合的価値。2つを融合させることで、消費者がその商品を所有し、使用する際の満足度や喜びが高まる。


経営のリーダーシップで「強み」を磨き続ける方が、はるかに効率的に価値を高めることができます。


モノづくりは、顧客にとっての価値をつくりだすことでもあります。メーカー側が顧客をよく理解し、顧客にとっての価値を提案するところまでできなければなりません。


自社の中核(コア)技術を大切にし、どうしても足りない技術や経営資源は他社からの調達も視野に入れつつ、新しい製品を生み出し続けることが大切です。


製品や技術のライフサイクルはいつか尽きます。現在の用途や目先に利益性だけに目を奪われてしまうと、技術革新や社会の変化でニーズそのものが変容したときに対応できなくなります。


有望な市場には新規参入が相次ぎます。よほど革新的な技術を携えない限りは、価格競争に巻き込まれます。市場が伸びている段階では表面化しなくても、いずれ利益なき繁忙に陥ります。


本質的には、汎用品などを幅広く手掛ける大手より、得意分野に特化した企業が多く集まる方が、日本の産業蓄積にとっては重要です。大企業は本当に強みを持つ分野だけに経営資源を集中することができず、どうしてもムラやムダが生じてしまう。


機能や技術、特許といった「表層」の価値にとどまらず、顧客との成功体験の共有といった「深層」にまで入り込むことが、競合企業の進出や模倣を防ぐことになります。それができれば、赤字が続くということはないでしょう。


問題解決が既存の知識を活用・深化させることであるのに対して、問題提起は新たな価値を探索すること。長期的な競争力に結びつけるには、目前の問題解決だけでなく、新たな価値を探索することが重要。


機能的価値とは、商品の技術的な数字や仕様によって表せる価値のこと。モジュール化や標準化が進んだことで新規参入が容易になり、商品の仕様や機能の高さだけでは、すぐに他社に模倣されてしまい、差別化ができなくなりました。機能的価値だけでは、過当競争にさらされ、利益に結びつきにくくなったのです。


客観的な視点から理詰めで考えるエンジニアと、人間の主観的な感性を重んじるデザイナーでは、問題解決の方法が異なるため、共創は容易ではありません。この問題を解消するため、ダイソンでは商品開発に取り組む主要な技術者の多くを、デザインとエンジニアリング両方の教育を受けた「デザインエンジニア」にすることによって、使いやすく見た目もいい商品の開発に成功しています。


延岡健太郎の経歴・略歴

延岡健太郎、のべおか・けんたろう。日本の経営学者。広島県出身。大阪大学工学部精密工学科卒業後、マツダに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後マツダを退職。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でPh.Dを取得。神戸大学経済経営研究所助教授・教授などを経て一橋大学イノベーション研究センター教授に就任。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、MOT(技術経営)。そのほか、経済産業研究所ファカルティフェロー、組織学会評議員、組織科学シニアエディター、一橋ビジネスレビュー編集委員などを務めた。主な著書に『価値づくり経営の論理 日本製造業の生きる道』『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』『MOT入門』『製品開発の知識』など。

他の記事も読んでみる

新井豪一郎

現在、一人一人に合った学習法を提供する勉強ノート公開サービス「Clear」を展開しています。自分と同じように、若い頃、悩み、壁にぶつかる子供も多いと思います。ただ、その時代は一度しかない大切な時間です。教育に携わる者として、1人ひとりに合った新たな教育サービスで、子供たちに可能性を与えていける存在になりたいと思っています。


野本弘文

日本経済が右肩上がりで成長している時代には、目新しい施設や建物をつくれば、お客様に来ていただくことができました。しかし、成熟社会に突入した現在は、もはやかつての方法論は通じません。どんな建物や施設をつくるべきかといった「ハード」からの発想ではなく、「住みたい」「訪れたい」「働きたい」などの利用者の視点に立った「ソフト」からの発想が必要です。


水田信二

今後「和牛」に関わってくれる皆さん、「和牛」は褒めてチヤホヤして認めて持ち上げてそのまま持ち上げ続けといてほしいです。駄目な部分はね、自分で見つけますから。自分で駄目なとこ見つけるのは多分得意なんです。根がネガティブですから。「根がティブ」ですね。


松岡修造

プロになったばかりのころ、僕はボレー(ノーバウンドのボールを直接相手のコートに返すショット)が下手でした。でも、とにかく自分で褒めようと思い、ボレーを決めたときは「ナイスボレー、修造!」と叫んでいました。観客は笑っていましたが、人から笑われようが、「アホか」と思われようが、自分にプラスになることなので気にしませんでした。自分で褒めていくうちに、「俺はボレーが上手いんじゃないかな」と自信のようなものが出てきました。やがて成功率が失敗率を上回り、ボレーが上手になりました。


高橋かのん

怒りの奥には恐れがある。たとえばそのことで、「上司である俺の評価が下がるんじゃないか」「部下に軽んじられてるんじゃないか」など。それに気づくことが大事。自分の恐れのせいで、部下を怒鳴っても無意味であることがわかるはずです。仕事をする本来の目的は「部署全体の成果を出すこと」であって、部下を怒りで支配することではありません。ミスをした部下に「どう言えば、部署全体の成果に結びつくのか」と考えれば、怒りをぶつけることはなくなるはず。


佐藤一斎

少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。
【意訳:若いころから学べば、壮年になって大きなことをなし遂げることができる。壮年になってから学べば、年老いても衰えることなく活発に生きることができる。年老いてから学べば、死んだとしても不朽の評価が得られる】


江上治

顧客志向が表面的なものだと、絶対にお客様に見抜かれてしまう。本気の顧客思考でなく、どこか「自分が稼ぎたい、自分が儲かりたい」という気持ちがあれば、それは必ず相手に伝わる。思考が言葉となって出てくる。ほとんどの営業マンは、この部類である。だから稼げないのだ。


永瀬昭典

受講生の資格に対する考え方も、変化してきています。以前は、就職や転職に向けて資格を取りたいというのが主流でした。しかし今は、社内で生き残るために資格を取ろうと考えている人も増えています。


石田宏樹

皆さん、安いのは好きですが、安っぽいものは嫌いです。


高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


井上裕之

不幸なことが続いたとき、苦しみを紛らわせるために心理学や自己啓発の本を読み漁りました。読み進めるうちに、人生に起こる出来事には、それ自体にいいも悪いもないということに気づいたんです。いいとか悪いを決めているのは人間の頭であって、現象そのものには、まったく意味はないと悟りました。交通事故も、それまでは悲しい、不幸ととらえていましたが、「あの出来事は自分が患者さんの痛みを心から共感できる医師になるための成長の糧なんだ」。そう、思えるようになったんです。


小林弘幸

40代になって以降は、ちょっとしたことでも書いておかないと忘れてしまいますね。どうでもいいと思って忘れていたことが、あとで大問題になったりするんです。忙しいときに限ってそういうことが起きがちですし、忙しい人ほどうっかり忘れやすい。ですから、研究室を訪れた人や会った人の記録、TODOリスト、重要な電話の内容など、メモはかなりしています。


田中仁(経営者)

2008年度決算で赤字に陥りました。その要因のひとつは、上場し資金調達できたが、ゆえ甘い判断で次々に新規出店をしてしまったことです。戦略を間違え、気も緩んでいたのです。


澤田秀雄

イベントの成功条件は「オンリーワン」か「ナンバーワン」であること。ここでしか見られないものでなければ、お客様はわざわざ来てくれない。


星野佳路

日本の文化を知るには、旅をするのが最も味のある方法です。


ページの先頭へ