名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

廣田尚子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

廣田尚子のプロフィール

廣田尚子、ひろた・なおこ。日本のプロダクトデザイナー。東京都出身。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、GKテックに入社。国際バックデザイン豊岡コンペ金賞を受賞。その後独立してヒロタデザインスタジオを設立。アメリカのThe I.D.Annual Design Review入賞、銀座のデザインフォーラムコンペ金賞、グッドデザイン賞などを受賞した。そのほか、日本大学芸術学部非常勤講師、女子美術大学芸術学部デザイン学科准教授・教授、グッドデザイン賞審査委員なども務めた。

廣田尚子の名言 一覧

私の場合、昔からやりたいと思うことは全部したい、失敗したら仕方ないと、考えていました。やりたかったのにやらなかったということが、一番嫌なので。多少の代償は覚悟で、すべて実行する道を選んできたんです。


自分の人生のベクトルや夢の到達点がしっかりと見えていさえすれば、自然にそちらに近い方向を選ぶし、ズレているとわかれば、軌道修正できます。それが夢を実現する力ではないでしょうか。


自分では天職かどうかはわかりませんが、いまの仕事の面白さは、社会人になってから実感しました。良くも悪くも自分の力を正直に見切る力があれば、天職は見つかるのではないでしょうか。


プロダクト・デザインの一番の魅力は、生活の中に新しさ、楽しさを提供できることでしょう。自分好みの魅力的なモノに囲まれて快適な生活を送る。老若男女を問わず、それは幸せなことだし、生きていくうえでも大切なことではないでしょうか。


アイデアが出ないときは表層しか見ていなくて、本質を分析していないことが多いので、少し前の段階に立ち戻ってみます。するとだいたい、何かが抜けているんですよね。何も出ないときは、理屈が足りない。それが発見できれば、何かしら出てきます。


私には、基本的に考えるという行為は人間にしかできない魅力的なものだという思いがベースにあるので、考えて苦しいということはあまり感じません。


夢の到達点までのベクトルや方向がイメージできていない人ほど、目先で全然違うモノや違う方向を見て思い悩んでいるように思います。それが、一番の時間の無駄だと思います。それぞれの人生の俯瞰図と近隣が見渡せるロードマップが手に入れば、迷うこともなくなり、理想でしょう。


もちろん、スランプを感じるときはあります。アイデアの出ないときは、街中に出て人間観察をします。いろんな人を見ると情報収集になるし、こうした人々のためにモノをつくっているんだということを再確認できますから。


やはり作品は、営業ツールとしても一番ですね。私が一件一件、営業に回らなくても、プロダクト(製品)は独り立ちして、自然にPRしてくれます。遠方の人にも私のメッセージを伝え、ヒットを引き寄せる力があります。そういうプロダクトの魅力や醍醐味をしみじみ実感しています。


幼少時代から展覧会や美術館に展示される作品よりも、人の生活を楽しくするモノづくりに携わりたいと思っていました。


幼少時代、友人や家族に何をプレゼントするか、どんなラッピングだったら喜んでもらえるか、などを考えることが好きでした。いま思えば、子供ながらにおもてなしを楽しんでいたんでしょうね。人を喜ばせるという意味では、デザインはプレゼントと同じです。昔から人が喜んでくれることをやりたかったんです。


造形力とはその人の感性や絵の上手さだと思われがちですが、実際はストーリーに合った形に心地よく落とし込める表現力やボキャブラリーの豊かさだと思います。一方、私らしさや感性とは、社会を読む切り口や生活を見る分析力、理屈の組み立て方、さらに分析した情報から魅力を想像する過程ににじみ出るものだと思います。


生活に新しい風を吹き込む斬新なものにするか、奇抜さよりもどこかに温かな魅力があって生活に根付くようなものにするか。そんなカテゴリー分類から構造を考えていき、最後にスタイリングまで落としていきます。


人がモノを買うのは、色やデザインに引かれるだけでなく、その機能や使いやすさなども大切な要素です。いまの生活を新しくする魅力がなければ、たとえ綺麗な形でも購入にまで至りません。


廣田尚子の経歴・略歴

廣田尚子、ひろた・なおこ。日本のプロダクトデザイナー。東京都出身。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、GKテックに入社。国際バックデザイン豊岡コンペ金賞を受賞。その後独立してヒロタデザインスタジオを設立。アメリカのThe I.D.Annual Design Review入賞、銀座のデザインフォーラムコンペ金賞、グッドデザイン賞などを受賞した。そのほか、日本大学芸術学部非常勤講師、女子美術大学芸術学部デザイン学科准教授・教授、グッドデザイン賞審査委員なども務めた。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

毎日を悲観的に過ごせというつもりはありませんが、このくらい悪いことが起きるかもしれないと、頭の中でシミュレーションをしておくと、実際に不測の事態が起こった際に感じるストレスを軽減できます。これは準備された心、「プリぺアド・マインド」といいますが、このような予測を心のどこかに持っておくことは必要でしょう。


清水照雄

マネジメント層は、日中、いろいろな予定が詰まっています。そこで、早朝を飛び込み歓迎のフリータイムにして、誰でも自由にミーティングできるようにしました。昼間は私がつかまらなくても、早朝なら確実に会えますから。


諸富祥彦

誰からも好かれたい、みんなから愛されたい、それを失いたくないという考え方を、心理学では「失愛恐怖」といいます。日本人はこの考え方が強く、好きでもない「友達」と無理に付きあい続けることで心身をすり減らしてしまう人もいます。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

創業当時に一番怖かったのは、自分の時間を1年間費やして開発した結果、それにメリットを感じたのが1社しかないという事態です。


藤田晋

いいときに傲慢にならないことが大事ですよね。いいときって、プライドがすごく高くなったり、結構いろんな人を怒らせてしまう。それに、短期的な評価に満足して、長期的に手を打っておかなきゃいけないことをやらなかったりする。そういうことがないように、僕自身も戒めているし、社内でもそう言っています。


阿部俊則

大量生産というのは売り手の論理で、そこには潤いがありません。


瀬戸健

当社のビジネスを自己投資産業と位置付け、今後「生涯にわたってお客さまの自己投資に寄り添うグループ」としてヘルスケアの領域にさらに踏み込んでいきます。


棚橋弘至

ラリアットを受けたとき、下手に踏ん張ろうとすると衝撃が逃げずにダメージが大きくなります。だから場面によっては、わざと後ろに倒れて力を逃すことがあります。そのほうがダメージは少なく、結果的に早く立ち上がれるんです。


田中一弘(経営学者)

「活力」と「健全さ」両方を高めていくことが、企業や経営者には求められる。例えば経営者が自社の存続・発展のために力を尽くすことは活力であり、利益を確保するための不正な取引や粉飾決算などをしないことは健全さです。


野島廣司

トップとなった私が常に考えてきたのは、日本的経営の実践。命令と支配で社員を動かすのでなく、個人の自主性を尊重する組織運営です。


倉本聰

創造性がどこから出てくるかというと、僕は貧しさから出てくると思うのです。僕が役者を養成する富良野塾でやったことは全てゼロから考え出したことです。お金がなかったから否応なく自分たちの智恵で産み出すしかありませんでした。富良野塾ではお金がなかったからこそ、新しい考え方をひねり出した。ところが、今はお金があります。お金があるから、みんなお金に頼るんです。本来であれば、自然の中から新しい智恵を見つければいいのに、化学方程式に答えを求めてしまう。


坂本朝夫

日本の伝統産業って、わき目もふらずにその道一筋、が基本的なあり方なんですね。それはそれで素晴らしいと思うのですが、ヨーロッパ諸国は、自分の伝統を守るためには、自分の稼ぐ道を見つける、というのが基本スタンスなんですね。例えば、ワイングラスで有名なリーデルは、レーダー用のブラウン管を開発していました。衛生陶器で有名なビレロイ&ボッホの社長は、衛生陶器は本業じゃないんだって言うんです。本業は陶器の人形や食器だと言うんですね。自分が残したいアイデンティティとしての伝統と、それを残すため、稼ぐための仕事を、うまくバランスをとることがとても大切だということに気づきました。