廣瀬俊朗の名言

廣瀬俊朗のプロフィール

廣瀬俊朗、ひろせ・としあき。日本のラグビー選手。大阪出身。5歳のときにラグビーを開始。慶應義塾大学ラグビー部で活躍。卒業後、東芝ブレイブルーパスに入団。日本代表チームのキャプテンを務めた。

廣瀬俊朗の名言 一覧

僕はいつも新しいことに挑戦し進化して来た。そして、これからもこの道は終わることはない。


一流の人とは、自分のことがしっかりできて、いつも進化し続けようとする人のことだ。


仕事もスポーツも報酬をもらってやる以上、成果を出して当たり前。


廣瀬俊朗の経歴・略歴

廣瀬俊朗、ひろせ・としあき。日本のラグビー選手。大阪出身。5歳のときにラグビーを開始。慶應義塾大学ラグビー部で活躍。卒業後、東芝ブレイブルーパスに入団。日本代表チームのキャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

落合信彦

悩むということは、ある意味では自分を見つめ直すチャンスであると同時に、次に飛躍するチャンス。一度苦しみ抜いた人は、次に立ち上がるときはより強くなっている。


石川忠彦(経営者)

日本の基幹産業である自動車業界向けにティア1、ティア2の立場でお取引ができる上に、電機業界など有力企業との親密な関係を築けているのが強みです。ポーランドでは、フォルクスワーゲンのティア1企業と合弁会社を設立し、ここを起点に東欧の日系企業との取引が始まりました。


田中英成

(コンタクトレンズの月額制は)ビジネスモデル特許を取得しているため、競合が同じことをやることは不可能です。類似のサービスならできるかもしれませんが、既に我々は全国に8千店ある販売店の2割を抑えています。これを10年以上かけて開拓してきました。同業他社が真似ようとしてもそう簡単なことではありません。


田中辰巳

信用は何年もかけて取り戻すしかありません。信用を失うのは一瞬、取り戻すのは10年かかると心得るべきです。


松下幸之助

よく人から「あんたの趣味は何ですか」と聞かれるが、私は「私には趣味はないですな。まあ、しいていえば、夢が趣味ということになりますかな」と、答えることにしている。


勝田忠緒

挑戦した結果の前向きな失敗はいくらでもカバーする。だから、失敗を恐れずにチャレンジ精神を持つことが重要だ。


戸塚隆将

他人との競争が目的になってしまうのは本末転倒。


北尾吉孝

経営トップというのは、即決即断で仕事を処理していかなければなりません。直観力や知識・経験に基づいて判断していますが、どうしてもそれだけでは判断がつかないこともあります。そのときに私が頼るのが、パソコンのトランプゲーム「ソリティア」です。3回勝負するのですが、「もし2勝できればA案にしよう」とか「負けたら諦めよう」とかルールを決めておきます。やり込んでいるから、それなりの確率で勝利できるのですが、負けてしまった場合には天の啓示だと思って、謹んでその結果を受け入れます。


柏木斉

社会の期待に応えていけば、自分たちの価値をさらに世の中に認めてもらえるという意識は、我々をものすごく刺激します。


オリソン・スウェット・マーデン

水、空気、太陽という3つの健康のもとは、誰でも無料で手に入れることができる。それなのに、どれほど多くの人が早朝の公園を足早に通りすぎ、仕事へと急いでいることだろう。


吉田浩一郎

私は、人材育成という面ではサーバント・リーダーに徹しています。社員一人一人が当事者意識を持って一流の仕事をしてくれるのが理想ですから、採用活動にもタッチしません。


ケリー・マクゴニガル

私たちは、皆違います。あなたがあなたに合った仕事の進め方に注意するようになれば、もしかしたら私が考えもしなかったような方法を見つけ出すかもしれません。いろいろと試してみてください。


小宮一慶

日本経済新聞で最も重要なのは、月曜日の朝刊。なぜなら、「予定面」があり、「今週の予定」と「今週の市場」が載っているからだ。重要なのは予測や解説の内容ではない。「予定面」の情報をもとに、「今週の市場はどう動くか」という仮説を、自分なりに立ててみることだ。火曜日以降は、その仮説を検証しながら紙面を読み進めていく。これを続ければ、自分なりの判断基準ができるので、情報に振り回されずに済む。


大西洋

私としては新規事業をどんどんやっていきたいのに、残念ながら丸ごと任せられる社員がいない。ウェブを作ろうと思っても誰も作れないので外部からプロを採用しましたし、スーパーも利益が出ないので中身をチェックしてみたら、やはりプロがいないことが問題だとわかって外部から採用しました。


佐々木常夫

自分の意見を直属の上司がどうしても聞いてくれないなら、二段上の上司に相談するという手もあります。普通は二段上の上司の方が経験も力量も上ですから、直属の上司よりも正しい判断をしてくれる可能性が高いし、上司も上から何か言われたら聞かざるを得ないでしょう。そのためには、日ごろから二段上の上司ともコミュニケーションをマメにとっておくことが重要です。


ページの先頭へ