名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

庄野直之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

庄野直之のプロフィール

庄野直之、しょうの・なおゆき。日本の経営者。「中興化成工業」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、住友商事に入社。北京事業所鉄鋼本部長を務めたのち、中興化成工業に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本弗素樹脂工業会会長、横浜インターナショナルテニスコミュニティ会長などを務めた。

庄野直之の名言 一覧

人がモノを買う時、買わない時の違いは、結局は「そそられるか」「そそられないか」だけ。「そそる」商品を提供していかなければいけない。


改革をするということは、今までやってきたやり方を否定するわけですから、時に設備も人も整理する必要が出てくる。だからこそ難しい。このイノベーションをやり切るには、ブーイングを浴びる覚悟があるかどうか。


終戦の時と同様、今はあらゆるものごとの転換期です。従来の延長線上にある改良・改善ばかりでは企業は取り残されてしまう。


組織を考える上で重要なことは社員が活躍できる場を整えること。人には向き不向きがあって、営業が得意な人もいれば、モノづくりが得意な人もいる。適材適所に配置することが大事。


企業は人が全て。会社にはいろいろな人がいますから、トップは社員にチャンスを与えて、向き不向きを見極める目が必要。今後、ますます経営者の役割は重要になってくると思います。


変化の激しい時代、「お客様のために」という企業理念に適した人材を採用し、育てていくことが会社の成長につながる。


世界中で反グローバリズムの傾向が強まる中、経営者として、どんな状況、どんな世界にも、対応できるようにしていきたい。


「変えるべきこと」「変えてはいけないこと」をしっかり把握しながら時代の変化に適合することが大切。


新興国の企業は、モノはコピーできても、企業の姿勢はコピーできない。


うちのコア・バリューを伝えて、商品を買っていただくのが営業の仕事。


価値を数値として、しっかり示していくことが大切。


数字は世界共通の言語ですから、数値化して示すのが一番。


狙いどころをきちんと決めて、仕事をすることが大切。


値段の話と、納期の話と、数量の話しかしないというのは営業ではなく受発注係だ。


営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。


いまはあらゆるものごとの転換期。従来の延長線上にある改良・改善ばかりでは企業は取り残されてしまう。時代が求めているのは改革(イノベーション)です。


イノベーティブな人ばかりでも、前例踏襲型ばかりでも組織は上手くいかない。企業は人がすべて。トップは社員にチャンスを与え、向き・不向きを見極める目が必要。


クリーンルームなど、とにかく清潔さを求められる仕事なら、「潔癖症です」という社員を活用すべきだ。そういう人は「きれいにすること」に喜びを見いだしますから。


相手を納得させるためには、数値化すること、文章として明記することが必要です。「うちは対応が早いですよ」と口で言っただけでは価値にならない。「何分以内、何日以内」とか具体的、定量的に伝えなくてはいけない。


営業には、直接の交渉相手ではなく「相手の上司が最終的な相手だぞ」と言っています。なぜなら、窓口の担当者にいくら気に入られても、その上司を説得できなければ買ってもらえないからです。


合理性がなくても、気が済むまでやるのが日本人です。プラスマイナス5%の範囲内の商品を作ってくれと言われても、それ以上の精度の商品を目指すのは、日本人ならではです。こうした気質がビジネスにどう影響するかというと、日本の製品は長持ちするということです。真面目、不真面目というより、日本人のこうした気質はビジネスにおいて、重要な価値があると思っています。


技術者というのは性能が良ければ売れると思い込んでしまうところがありますが、性能とは「そそる(顧客が買いたくなる)」要素の一つに過ぎない。性能も所詮は、そそるための「一要素」だということをよく肝に銘じておかないと、お金と交換していただける商品にはなりません。


社員には、コア・コンピタンス、つまり中核的競争力を意識していこうと言い続けています。そのためにも、比較優位性がどこにあるのかを自分たちがしっかり自覚して、その比較優位性を顧客にアピールすることが重要だと考えます。


コア・コンピタンス(中核的競争力)は顧客、競争相手によっても違ってきますので、顧客、競争相手ごとの比較優位性、中核的競争力のコア・バリューを見定めていく必要があります。


既存の技術や設備を否定するような覚悟で仕事に向き合っているかが重要。会社というのはマーケットが求めているソリューションを提供することが大事で、既存の技術や設備にこだわらずにやっていいよということは言っています。


私の義父(西鉄ライオンズ・稲尾和久)は先発型の投手でした。やむを得ず途中降板したこともありましたが、降りた後のマウンドはいつもキレイだったと。次の投手のためにマウンドの土をならしていたそうです。このことは関係者から教えてもらいました。何百勝したとかいうことよりも、家族としてはそのことの方が誇りに感じます。だから、私も後継者にバトンを渡す際には、マウンドをキレイにして渡したいと思っています。


私は企業も人も「つなぐ」という考えが大事だと考えています。企業を野球で例えたら、創業者は先発投手です。それを2代目、3代目の経営者が中継ぎしていく。つまり、私は現在、中継ぎ投手の役割を担っているわけです。セットアッパーとも言われる中継ぎは先発と同じくらい重要で、文字通り組織をセットアップすることが求められます。


私は社員の適材適所を考えるにあたって、普段の飲み会からヒントを得ることがあります。例えばビールを飲んでいる時、テーブルに残るジョッキのしずくが気になって絶えず拭くような人間は、クリーンルームでの仕事に向いているというようなことです。これは良い、悪いの話ではありません。営業に向いていないから品質管理に回したら生き生きと仕事をしたり、その逆もあったり。社員一人ひとりに向いた仕事をさせることが彼らの働き甲斐につながると思うし、それが経営者の役割でもあると思います。


庄野直之の経歴・略歴

庄野直之、しょうの・なおゆき。日本の経営者。「中興化成工業」社長・会長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、住友商事に入社。北京事業所鉄鋼本部長を務めたのち、中興化成工業に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本弗素樹脂工業会会長、横浜インターナショナルテニスコミュニティ会長などを務めた。