名言DB

9490 人 / 112001 名言

庄司正英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

庄司正英のプロフィール

庄司正英、しょうじ・まさひで。日本の経営者。パチンコホールなどを展開する「ピーアークホールディングス」社長。東京都出身。青山学院大学経営学部卒業。三和銀行を経て辰巳商事(のちのピーアークホールディングス)に入社。同社社長を務めた。また、日本遊技関連事業協会会長、東京ニュービジネス協議会副会長などを務めた。

庄司正英の名言 一覧

商売繁盛への最高の教師はお客様。ビジネスの究極は顧客リレーションの深耕で「また行きたい」をつなげること。


当社の原点は、お客様から期待される企業であり続け、常に新しい遊びの商品を提供し続けること。


当社これまで、パチンコ業界の旧弊と戦い続けながら、一方で常に新しいサービスにチャレンジしてきました。今後もサービス業のプロフェッショナルとして、お客様にワクワクしていただけるような新たな可能性を発掘していきたい。


お店で楽しい時間を消費したとお客様に考えていただくために、当社のビジネスモデル「時間消費型レジャー」ができました。これをさらに「感動消費型レジャー」に進化させ、結果だけでなく遊びのプロセスも商品化することで、期待価値の高い多様性に富むサービスを提供しています。


庄司正英の経歴・略歴

庄司正英、しょうじ・まさひで。日本の経営者。パチンコホールなどを展開する「ピーアークホールディングス」社長。東京都出身。青山学院大学経営学部卒業。三和銀行を経て辰巳商事(のちのピーアークホールディングス)に入社。同社社長を務めた。また、日本遊技関連事業協会会長、東京ニュービジネス協議会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ゲーテ

すべては等しく、すべては等しくない。すべては有益であり、かつ有害である。すべては語ると同時に無言であり、理性的であると同時に非理性的である。人が個々の事柄について表白することはしばしば相矛盾する。


武内勇

いままではメッキを厚みとか析出する粒子単位でコントロールする技術がないし、またその発想すらなかった。言ってみれば、いわゆるメッキ屋さんはメッキ技術を使っているのではなくて、メッキ作業をしているだけなんです。メッキ液も、薬品メーカーさんが開発したものを買ってきて、機械も機械屋さんから買ってきて使っているだけ。どういうメカニズムで機械が成り立ち、どういうことが可能なのかほとんど理解されていない。熟練キャリアがあると言っても、ただ作業に熟練しているだけで、メッキの持つ技術的なポテンシャルを何も理解していない。


楠木建

追い風がやんだら前に進まず逆風で沈む恐れのある帆船より、規模は小さくても、強力なエンジンを積み、逆風でも前に突き進むクルーザーの方に、私は投資する。


池田清彦

不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。


孫正義

挑戦することで、初めて見えてくる景色がある。


小林幸雄(経営者)

幸運にも2つのブロックバスター(大ヒット新薬)に携われた歴史を振り返り、感じることがいくつかあります。それは、うわべで判断するのではなく、視点を広げ、いろいろな角度から判断すること。運を成功につなげるためにも、人脈を広げ、出会いを大切にすること。そして、いろいろな反対意見が出る中でも信念を持って前進することです。


安東英子

実家の片付けのときに絶対にNGなのは、「捨てよう」というワードです。物を捨てることに敏感になっているお年寄りは非常に多いのです。人によっては「葬式の準備でもするのか?」と、ひねくれて受け取るケースも。「別に片付けなくてもいい」と突っぱねられたらそれですべておしまいです。だからこそ、「掃除してあげようか」くらいから始め、親の手の届かない棚の上などを拭いてあげたりするのがいいでしょう。


杉山博孝

私の世代は「ひとつのことばかり信じてはいけない」と、多様化の中で育った最初の世代でしょう。次々に複雑な事象が起きるいまの時代を迎え、その考え方は間違っていなかったと思っています。


鳥越俊太郎

「つらい」と感じる場所にいても、とことん愉しめば、実りある場所にできる。


黒石孝

私どもは地味な金融機関ではありますが、地域とともに歩み、新たな地域経済を創造していく、それが我々にとっての地方創生だと思っています。


ウィンストン・チャーチル

私の生涯の業績の中で、もっとも輝かしいことは、妻を説得して、私との結婚に同意させたことだ。日曜学校のクラスに、波打つ金髪の美しい少女がいた。私は一目ぼれだった。いまでもそうだ。


茂木友三郎

昔から、偉くなった人は若い頃に一つの物事に対して打ち込むし、熱心に勉強したという経験を持っている。若い人には一つのことに没頭するほど、勉強に熱心になってもらいたい。