庄司正英の名言

庄司正英のプロフィール

庄司正英、しょうじ・まさひで。日本の経営者。パチンコホールなどを展開する「ピーアークホールディングス」社長。東京都出身。青山学院大学経営学部卒業。三和銀行を経て辰巳商事(のちのピーアークホールディングス)に入社。同社社長を務めた。また、日本遊技関連事業協会会長、東京ニュービジネス協議会副会長などを務めた。

庄司正英の名言 一覧

商売繁盛への最高の教師はお客様。ビジネスの究極は顧客リレーションの深耕で「また行きたい」をつなげること。


当社の原点は、お客様から期待される企業であり続け、常に新しい遊びの商品を提供し続けること。


当社これまで、パチンコ業界の旧弊と戦い続けながら、一方で常に新しいサービスにチャレンジしてきました。今後もサービス業のプロフェッショナルとして、お客様にワクワクしていただけるような新たな可能性を発掘していきたい。


お店で楽しい時間を消費したとお客様に考えていただくために、当社のビジネスモデル「時間消費型レジャー」ができました。これをさらに「感動消費型レジャー」に進化させ、結果だけでなく遊びのプロセスも商品化することで、期待価値の高い多様性に富むサービスを提供しています。


庄司正英の経歴・略歴

庄司正英、しょうじ・まさひで。日本の経営者。パチンコホールなどを展開する「ピーアークホールディングス」社長。東京都出身。青山学院大学経営学部卒業。三和銀行を経て辰巳商事(のちのピーアークホールディングス)に入社。同社社長を務めた。また、日本遊技関連事業協会会長、東京ニュービジネス協議会副会長などを務めた。

ページの先頭へ