名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

庄司哲也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

庄司哲也のプロフィール

庄司哲也、しょうじ・てつや。日本の経営者。「NTTコミュニケーションズ」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT西日本取締役、NTT取締役、NTTコミュニケーションズ副社長などを経て社長に就任。

庄司哲也の名言 一覧

不可能だと思われるようなことも、やってみないと分からない。挑戦することが重要だ。


こちらの考えを理解してもらえば、力になってくれる。


当社が力を入れている先端分野は変化のスピードが速い。これに付いていくことは大変ですが、やりがいも大きい。


M&Aの成功のカギは、相手企業の経営陣と信頼関係を築けるかどうか。我々がやりたいことや、目指すべき方向性について、多様なプレーヤーの賛同を得なければなりません。


庄司哲也の経歴・略歴

庄司哲也、しょうじ・てつや。日本の経営者。「NTTコミュニケーションズ」社長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT西日本取締役、NTT取締役、NTTコミュニケーションズ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本大介(経営者)

このままいけば、200年以上続いた窯元の歴史が私の代で終わってしまう、そんな不安を覚えました。会社を守る最後の砦として、死に物狂いでさまざまな企業に営業をかけました。


ヴォルテール

真実を愛せ。ただし過ちはゆるせ。


鹿島章

まったく違う分野から、新しいプレイヤーが突如誕生してくる。そんな可能性がある。


伊部恭之介

日本の金融市場は、遅かれ早かれグローバルスタンダードの下に機能することになるだろう。これを受け入れるには、日本の市場関係者が旧来の発想や経営路線から脱皮して、新たな市場で闘う気概とそれが国益に合致するとの考えに立たねばならない。
【覚書き:90歳の誕生日に】


黒沢清

あらゆる小説を「これが映画にできそうかどうか」という視点で読んでいます。僕が一番大切にしているのは「現在がどう描かれているか」。小説って、だいたい過去が書かれているものなんですよ。でも、僕が映画になるかどうかを判断するときは、現在に何が起こっているかしか見ない。過去について書かれたパートはすべて伏せて読む。映画で重要なのはあくまでも現在なんですよ。もちろん、ときには過去を説明することもありますが、「現在は大したことなくて、過去こそが重要」という小説は、映画化しても面白くならないはずです。


宇都出雅巳

お金に対する嫌悪感や恐怖心を持っている人は、お金が貯まると不安になります。無意識のうちに散財して、手元のお金をなくしてしまう。そのからくりに本人はまったく気づいていません。


中山雅史

ケガかストレスになっているのは、サッカーをやれているからなんですよ。だから、「ああ、ここかもっとよくなってくればいいのに」「もうちょっとここで足が伸ばせればいいのに」「股関節に柔軟性が出てくれば」とイライラすることもできる。それも現役だからこそ。そう思うと、ほら、すごく幸せなことでしょう(笑)。


高城幸司

経営者になって、お金の使い方がずいぶん変わりました。経営者になってからは、常にコストパフォーマンスを考えなくてはならないので、明確な目的意識を持ってお金を使うようになりました。


鈴木喬(経営者)

反対意見が出れば、自分がやろうとしていることが正しいのかどうかを客観的に見つめ直せる。ですが、誰も批判を口にしなくなると、逆に自信が持てなくなります。


西尾太

40代といえば、会社の中核を担う世代。しかし本人はその意識が低く、30代の頃と変わらぬ姿勢で仕事をしていると、次第に職場で浮き始める。自分はどうなのか、一度客観的に見るといいでしょう。


廣瀬恭久

苦しんで、苦しんでゼロから自分で作り上げたからこその強みがあるし、その後に残るものがある。


吉岡知哉

リベラルアーツは昔、語学と天文学、代数学で構成されていたことからもわかるように、神がつくった被造物の世界を知るための基礎技術であったと思います。世界のことを知る過程で、今度は世界という広い視野から自分を見たときに、自分は何のためにこの世界にいるのか、自分のミッションとは何なのかを考える。これこそがリベラルアーツが育てる視点だと思うのです。